世界自然遺産に登録されている希少な土地です

世界自然遺産に登録されている知床は、「ウトロ」「羅臼(らうす)」「網走(あばしり)」の3つのエリアに分かれます。羅臼クルーズでは、運が良ければ海の王者・シャチを目の当たりにできます。中標津空港から車を使って90~120分程度でアクセスできます。

知床のおすすめ観光スポット

1.ウトロ

知床半島の北側に位置するウトロ。陸路では行けない大自然を海から眺めるクルーズ旅が人気です。

ウトロ港から観光船が出向しており、「カムイワッカの滝」「知床岬」など見どころが豊富。

夏は「知床五胡」の遊歩道を散策できます。原生林の中に5つの湖があり、それぞれ特徴がある美しさです。すぐ側までエゾシカが近づいてくることもあります!

2.羅臼

国後島の対岸となる羅臼沖でのホエールウォッチングは、テレビ取材を何度も受けたことのある人気のクルーズで、春先はシャチ、夏にはマッコウクジラを、冬には流氷&バードウオッチングができます。また、ヒグマをボートから観察できるクルーズもあります。

羅臼の海岸沿いには、満潮時には海に沈んでしまう波打ち際の露天風呂「セセキ温泉」があります。干潮時しか入れない、秘湯中の秘湯。知床観光に来たら、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

3.網走

知床半島の西に網走市があります。

ここは監獄があったことで有名な地。現在は、明治末期から使われていた旧網走監獄の建築物群を移築し「博物館 網走監獄」として営業しています。施設内では「監獄食」と称される定食をいただくことができます。

「オホーツク流氷館」にはマイナス15度の「流氷体感テラス」があり、実際の流氷に触れられます。道の駅「流氷街道網走」には展望デッキがあり、オホーツク海と知床を眺められます。

おすすめプラン

周辺の宿泊施設

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集