聖地巡礼!「君の名は。」の舞台を巡る

2016年8月に公開され、8人に1人が見たと言われるほど大ヒットした映画「君の名は。」は、田舎町と東京の2つの舞台で描かれています。ここでは東京のシーンに使われた、映画ゆかりの地を紹介します。

新宿の歩道橋

新宿の歩道橋

「君の名は。」に登場する東京のスポット

  1. 新宿駅周辺
  2. JR四ツ谷駅の改札
  3. 四谷須賀神社

1.新宿駅周辺

ヒロインが「東京だ!」と声を上げた時のシーンは、新宿駅南口を出てすぐの、歩道橋が舞台。現在は高速バスターミナル「バスタ新宿」も開業し、より一層賑やかな観光スポットとなっています。

ほかにも、ポスターなどに使用された歌舞伎町の交差点や、映画のオープニングが流れる時に映された新宿警察署裏の信号機など、新宿には「君の名は。」の聖地が数多くあります。

2.JR四ツ谷駅の改札

主人公の男の子とアルバイト先の先輩が待ち合わせをしたシーンの舞台は、新宿からほど近い、JR四ツ谷駅の改札。

改札はいくつもありますが、背景のビルや道路から、「赤坂口」の改札が待ち合わせの場所と分かります。

次に紹介する須賀神社も、四ツ谷駅が最寄り。「君の名は。」ファンなら、四ツ谷近辺を散策してみると楽しいはずです。

3.四谷須賀神社

中でも一番有名なシーンの舞台となったのが四谷須賀神社。

神社の階段を登り切って振り返る景色は、まさにラストシーン。映画公開時は、本編だけでなくあらゆる広告媒体でのメイン画像として使われていたため、ファンが常に20~30人ほどいるほどの盛況ぶりでした。

今なら空いているので、気軽に訪れてみてください。四ツ谷三丁目駅から徒歩8分でアクセスできます。

周辺の宿泊施設

四谷須賀神社へのアクセス

src=

■住所
 〒160-0018 東京都新宿区須賀町5−番地
■電話番号
 03-3351-7023
■電車でのアクセス
 東京メトロ 丸ノ内線 四谷三丁目駅より徒歩8分

新宿・四谷周辺の観光スポット

新宿御苑 (しんじゅくぎょえん)

江戸時代に徳川家譜代の家臣・内藤家の江戸屋敷があった地です。風景式庭園、整形式庭園といった異なる庭園が融合した美を見せます。皇室の休憩所であった旧洋館御休所(重要文化財)など貴重な建造物も。

  • ※酒類持込禁止、遊具類使用禁止(こども広場除く)
  • 東京都新宿区内藤町
  • 入園料/一般500円(30人以上団体割引:400円 ※事前申込不要)、65歳以上250円※窓口で年齢の確認できる証明書の提示が必要です。学生(高校生以上)250円※窓口で学生証の提示が必要です。小人(中学生以下)無料(2019年10月7日現在の情報です)
  • 開園時間/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 休園日/毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)※3月25日から4月24日までと11月1日から15日までについては、月曜日も休まず開園致します。
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/東京都新宿区内藤町11
  • お問い合わせ/03-3350-0151(新宿御苑サービスセンター※新宿御苑の休園日除く、午前9時から閉園30分後まで)

小泉八雲記念公園

終焉の地である大久保に開園した記念公園には生涯を紹介する碑や胸像が設置されています。

長照山 陽運寺

「東海道四谷怪談」で有名なお岩様をお祀りしていることから「於岩稲荷」とも呼ばれています。芸道上達や縁切り、縁結びに多大なご利益があり毎日多くの参拝者が訪れます。

たいやき わかば

一丁型で一つ一つ丁寧に焼き上げる、1953年創業の老舗。パリッと香ばしい薄皮のなかは、尻尾までぎっしりと、つぶしあんが詰まっています。

  • 東京都新宿区若葉
  • 営業時間/月~金 9:00〜19:00、土曜日 9:00〜18:30、祝祭日 9:00〜18:00
  • 定休日/日曜日
  • アクセス/JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線・南北線、四ツ谷駅より徒歩約5分(四谷見附より新宿に向かい左手2本目の路地を入り右手4軒目です)
  • 所在地/東京都新宿区若葉1-10
  • お問い合わせ/03-3351-4396

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集