海が自慢!宮古島の観光スポット

宮古諸島の中で最も大きいのが宮古島。質の高いビーチやサンゴ礁で知られており、多くの観光客が集まるリゾート地です。沖縄本島から南西へ約300kmの位置にある宮古島へは、東京から直行便(約3時間)でアクセスできます。

宮古ブルーの海

宮古ブルーの海

宮古島の観光スポット3選

  1. 東洋一美しい!与那覇前浜ビーチ
  2. 津波岩がゴロゴロ!東平安名崎
  3. 宮古島と離島をつなぐ3つの橋

1.与那覇前浜ビーチ

「与那覇前浜ビーチ」は宮古島の南西部に位置しています。

島内に川がなく、海に土が流れ出ることがないため、「東洋一美しいビーチ」と言われるほどの景観を誇ります。

約7㎞も続く白い砂浜は、「トライアスロン宮古島大会」のスタート地点にもなっています。

2.東平安名崎

「東平安名崎」は宮古島の最東端にある、太平洋と東シナ海を分けるように突き出した長さ約2kmの壮大な岬です。

国の名勝に指定されており、岬の先端には周りに一切の障害物がないため、いつでも心地よい風を感じることができます。

海を見渡すと7mほどの巨大な岩「津波岩」がゴロゴロしており、日本全国でも珍しい景観を眺められます。

3.宮古島と離島をつなぐ3つの橋

宮古島および付近の離島を3つの橋がつないでいます。

日本最長の「伊良部大橋」(写真)をはじめ、池間島に向かって伸びる「池間大橋」、来間島に向かって伸びる「来間大橋」などの各橋は、ドライブしているだけで楽しい気分になれるでしょう。

伊良部島では漁師町、来間島ではカフェや雑貨店、池間島では38ヘクタールの広さを有する池間湿原を観光できます。

宮古島観光におすすめのツアー

宮古島の宿泊施設

宮古島へのアクセス

src=

■住所
 沖縄県宮古島市
■飛行機でのアクセス
 東京(1日2往復)、大阪(1日1往復)より直行便あり
 那覇空港より約45分

宮古島周辺の観光スポット

宮古島海中公園 (みやこじまかいちゅうこうえん)

宮古島の豊かな海洋資源とふれあえる公園。目玉の海中観察施設は24個のアクアパネルで構成され大海とつながっています。

  • 沖縄県宮古島市平良
  • 観覧料/大人:一般1,000円、団体800円、中人(高校生):一般800円、団体640円、小人(小中学生):一般500円、団体400円、6歳未満無料(2019年10月16日現在の情報です)
  • 営業時間/10:00~18:00 (最終入園17:30)
  • 定休日/年中無休(台風等の海況悪化の場合安全を考慮し休園の場合がございます)
  • アクセス/宮古空港より車で約25分、宮古マリンターミナルより車で約15分
  • 所在地/沖縄県宮古島市平良狩俣2511-1
  • お問い合わせ/0980-74-6335

来間大橋

橋の上から両サイドに見えるエメラルドグリーンの海とサンゴ礁のコントラストは抜群です。橋は駐停車禁止なので宮古島本島のたもとにある駐車場を利用ください。

泡盛と沖縄料理 郷家 (あわもりとおきなわりょうりごうや)

木を基調とした店内は、約130名収容の広さ。三線ライブを聴きながら宮古島の食材を使用した創作沖縄料理をお楽しみいただけます。

  • 沖縄県宮古島市平良
  • 営業時間/17:30~22:30[ラストオーダー/フード 21:30、ドリンク 22:00]
  • 定休日/不定休
  • アクセス/宮古空港から車で約15分
  • 所在地/沖縄県宮古島市平良字西里570-2
  • お問い合わせ/0980-74-2358

島の駅 みやこ (しまのえきみやこ)

地元の農家が持ち寄った新鮮な野菜、果物、宮古味噌やカツオを使った加工品等を取り揃えており、軽いお食事も楽しめます。宮古そばや島野菜を使った「島のお弁当」も美味しいと評判。さらに、できたてのパンも楽しめる「生食パンのニシザト」も人気です。宮古島の文化と魅力を「おいしい」を通じてお届けしています。

  • 沖縄県宮古島市平良
  • 料金/入場無料
  • 営業時間/9:00~19:00
  • 定休日/年中無休
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/沖縄県宮古島市平良字久貝870-1
  • お問い合わせ/0980-79-5151

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集