大阪からドライブがてら温泉へ行きませんか?

温泉に行きたいと思ったら、次の週末にはすぐに出かけたいですよね?とはいえ遠隔地にある秘境の温泉に行くために、移動に3~4時間もかけるのはなかなか骨が折れます。ここでは、大阪から1時間程度の小ドライブで行ける、近くのおすすめ温泉を紹介します。

大阪から1時間で行ける温泉

  1. 有馬温泉(兵庫県)
  2. おごと温泉(滋賀県)
  3. 伏尾温泉(大阪府)

1.有馬温泉(兵庫県)

日本最古の温泉と言われる有馬温泉は、言わずと知れた日本三大名泉のひとつ。大阪より電車を乗り継いで約1時間でアクセスできます。

旅館・ホテルが立ち並ぶ有馬の温泉街では、濃い茶褐色の金泉(含鉄強塩泉)を楽しめる公共浴場「金の湯」がおすすめ。「ゆけむり広場」は、定番のフォトスポットです。

近くには紅葉の名所「黄檗宗瑞宝寺」やブリキのおもちゃが集められた「有馬玩具博物館」などもあり、カップルでもファミリーでも楽しめる温泉街です。

2.おごと温泉(滋賀県)

おごと温泉は、琵琶湖西岸にある約1200年の歴史を持つ由緒ある温泉。大阪から電車で1時間10分ほどでアクセスでき、比叡山観光時に立ち寄れる温泉として人気があります。

遊覧船による「ぐるっとびわ湖島巡り」や「びわ湖バレイ」からの絶景など、びわ湖観光を存分に楽しめます。京都の平安神宮へのアクセスも良いので、四季の風情を楽しんだ後にゆっくりとお湯に浸かるのも一興。

温泉街では「湯元館」がおすすめ。最上階にある露天風呂からの琵琶湖の眺めは最高です。

3.伏尾温泉(大阪府)

天然ラジウム温泉で湯量も豊富な庭園露天風呂がある伏尾温泉。
緑に囲まれた自然豊かな空間が自慢の温泉です。

敷地内を流れる久安寺川では6月になると天然の源氏ボタルが飛びかいます。
夏場は鮎料理、冬場は各種鍋料理の中でも、古典落語「池田の猪買い」で有名なぼたん鍋が大好評です。

車で大阪市内から25分、伊丹空港から15分、新大阪駅から30分でアクセスできます。

有馬温泉

おごと温泉

伏尾温泉

有馬温泉周辺の観光スポット

天神泉源 (てんじんせんげん)

有馬温泉にある7ヶ所の泉源のひとつで、有馬の代表的な温泉源。天神神社の境内にあります。

  • 兵庫県神戸市
  • 料金/無料
  • 営業時間/24時間
  • アクセス/神戸電鉄有馬温泉駅→徒歩約8分
  • 所在地/兵庫県神戸市北区有馬町(天神神社境内)
  • お問い合わせ/078-904-0708(有馬温泉観光案内所)

おごと温泉周辺の観光スポット

びわ湖バレイ/びわ湖テラス (びわこばれい/びわこてらす)

地上からロープウェイで約5分。びわ湖テラスThe Mainには、「Grand Terrace」と「North Terrace」があり、それぞれに琵琶湖の雄大な景色が臨めます。ソファやチェアでゆったりとくつろぎながら、標高1,100メートルで味わう贅沢なひととき。忙しい日常を忘れさせてくれる、まさに天空のリゾートです。木のぬくもり溢れる「テラスカフェ」では、滋賀県産の食材にこだわったお料理やドリンクをご用意。古株牧場の牛乳で作った絶品ジェラート、近江ほうじ茶ラテも人気です。また、「ダイニング レイク ビュー」では、旬の食材を活かしたシェフこだわりのメニューを心ゆくまで楽しんでいただけます。

森をダイナミックに駆け抜けるジップラインや、関西一高い場所にあるアスレチック、観光リフト、そり遊びなど、標高1,100メートルの爽やかな自然を舞台にしたアクティビティが揃っています。子どもから大人まで目いっぱい遊べたり、標高が高いため夏場でも涼しく遊べたりするのも、人気の秘訣。
魅力的なアクティビティの中でも全7つのコースを約2時間かけて制覇するジップラインが人気で、7つの風景と爽快感に包まれた空中散歩のとりこになる方も少なくないとか。2人で手をつないで飛べるコースもありますので、親子やカップルにもぴったりです。普段とは一味違った角度から琵琶湖の絶景を愛でながら、素敵な旅の思い出が作れます。

標高およそ300メートルにある山麓駅から標高約1,100mに位置する山頂駅までを約5分ほどで結ぶロープウェイ。
全面ガラス貼りのキャビンからの眺望が醍醐味で、見下ろせば琵琶湖や滋賀~大阪までの町並み、見上げれば表情豊かな山の風景を一望できます。
夏の新緑や秋の紅葉、冬の雪景色など四季折々の風景だけでなく、秋から冬にかけての朝方には幻想的な雲海と出合えたり、空気が澄んでいる時には信州南アルプスが見えたりすることもあります。ロープウェイから愛でる忘れがたい風景が観光客を魅了してやみません。

  • 滋賀県大津市
  • 営業時間/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 定休日/11月24日(火)~スキー場OPEN(12月下旬)
  • アクセス/JR母恋駅より徒歩約35分、車で約10分。道央自動車道 室蘭ICより車で約35分。
  • 所在地/滋賀県大津市木戸1547-1

伏尾温泉周辺の観光スポット

万博記念公園 (ばんぱくきねんこうえん)

万博記念公園は、1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)跡地に整備された文化公園です。都心から近い場所で自然を感じることができ、約260haの広大な敷地では四季折々の花々を楽しめるほか、様々なイベントが開催されています。公園内には万博遺産が残っており、大阪万博の記念館である「EXPO'70パビリオン」では、当時の資料や展示品などを展示し、当時の雰囲気や熱気を感じることができます。芸術家岡本太郎のデザインにより大阪万博のテーマ館の一部として建てられた「太陽の塔」は、大阪万博閉幕後、ほとんどの建物が解体・撤去される中、EXPO’70パビリオンなどとともに残された建物のうちの一つであり、今も大阪のシンボルとして親しまれています。
また、大阪万博閉幕後は原則非公開としていた太陽の塔の内部を2018年3月、48年ぶりに一般公開しています。塔内には「生命の樹」やプロローグ空間に復元された「地底の太陽」など、「人類の進歩と調和」をテーマにした大阪万博の熱気を感じられる展示があります。なお、入館には事前予約が必要ですので、太陽の塔 公式サイトから入館予約をお願いします。

  • 大阪府吹田市
  • 入園料/大人260円、小中学生80円(自然文化園・日本庭園共通料金) / 太陽の塔 大人720円、小中学生310円 ※事前予約 / EXPO’70パビリオン 高校生以上210円、中学生以下 無料
  • 開園時間/9:30~17:00(入園は16:30まで)
  • 休園日/毎週水曜日(水曜日が国民の祝日の場合は翌日の木曜日。4/1~GW、10・11月は無休。)
  • アクセス/大阪モノレール線 万博記念公園駅より徒歩約5分
  • 所在地/大阪府吹田市千里万博公園
  • お問い合わせ/0120-1970-89(万博記念公園 コールセンター)

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集