小松市は別名「歌舞伎のまち」。歌舞伎十八番のうち「歓進帳」の舞台として知られる「安宅の関」で歌舞伎の名場面を振り返りながら、白砂青松の風景に特別なひとときを。小松ならではのグルメや日本酒、歴史的な石文化にも触れることができます。

おすすめ観光スポット

写真提供:こまつ観光物産ネットワーク

安宅住吉神社

義経と弁慶一行が、安宅の関守・富樫に疑われながらも難を逃れたとの伝承から、全国唯一の難関突破の守護神となっている。人生の様々な難関を突破するため、全国から多くの人が参拝に訪れている人気スポット。

写真提供:こまつ観光物産ネットワーク

日本自動車博物館

25万個の赤レンガで造られているという外観は、映画やドラマに登場しそうな雰囲気が漂っていて存在感たっぷり!展示してある車は、明治34年から昭和45年ごろまでのものがほとんどで、時代の移り変わりとその背景にある経済発展、技術やデザイン性の変遷を知ることができる。

写真提供:こまつ観光物産ネットワーク

石川県立航空プラザ

平成7年に設立され、年間25万人もの人が訪れる日本海側唯一の航空博物館。入館無料にもかかわらず充実の展示内容で、大人から子供まで幅広く楽しめる。小松空港付近の立地でアクセスも良好!

九谷セラミックラボラトリー

小松市は九谷焼に欠かせない「花坂陶石」の産地。全国でも希少な陶石からの土作りや、花坂陶石の粉砕から陶土が完成するまでの工程等を間近で見学することができる。製土工場・ギャラリー・体験工房・レンタル工房等を兼ね備えた複合型の九谷焼工房。

加賀伝統工芸村ゆのくにの森

石川県の伝統文化を集約した創作体験型13万坪の伝統工芸のテーマパーク。村内で体験できるのは、九谷焼絵付け・ろくろ回し、金箔貼り、山中漆器の蒔絵、加賀友禅の型染め、輪島塗の沈金、オリジナルオルゴールの組立、和紙の手漉き、そば打ち体験など、多種多様に50種類以上!

石の里・滝ケ原

日本遺産認定の石の里・滝ケ原地区は藩政時代から石の採掘がさかんに行われており、集落全体が石文化にあふれている。現在、唯一稼働中の石切場構内や石切り場跡、本州では珍しいとされているアーチ形石橋群、また現地で発掘された石を使っての彫刻工芸体験を、石堀アーティストである専門ガイドが解かり易くご案内。

小松市のおすすめ宿

おすすめ観光プラン

1日限りのスペシャルプログラム

1日限りのスペシャルプログラム

現地観光プランをもっと見る
関連宿泊特集