ペットと一緒の旅行を応援いたします。

可愛いペットと一緒に泊まれるお宿をご紹介いたします。全日本動物専門教育協会所属獣医師による「ペットとの旅行に関するコラム」も四季を通して掲載して参りますので、是非、ペットとの安心で楽しい家族旅行のご参考になさって下さい。

  1. 出発~移動開始

    出発前にトイレを済ませましょう。犬は酔いやすい動物なので、出発2時間前から食事を控え、目的地に到着してからごはんをあげられたらよいですね。

  2. 旅行中

    サービスエリアでは、リードを短めに持ったり、抱っこをしてあげて、車に十分注意が必要です。排泄をしたら必ず状態をチェック。便は健康のバロメーターです。

  3. 宿泊先に到着

    旅先に慣れるために、早めに目的地に着くように出発しましょう。施設に入る前に、少し歩かせて、排泄をすませるのもマナーです。移動で疲れているので、客室ではゆっくりさせてあげてくださいね。

  4. 帰宅後

    日常と違う場所に行けば、ワンちゃんも興奮し、疲れやすくなります。帰宅後に愛犬の状態を必ずチェックしましょう。

人気の宿ランキング

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、レストラン、ロビー、ドッグラン、ドッグサロン
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室、レストラン

  • 小型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ペット専用風呂「わんこの湯」(有料)
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室 ※ペットは食堂には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、施設屋外
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※和室・ベッドルームはご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ドッグラン
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ドッグラウンジ(9:00~21:00) ※館内での移動は必ずケージを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※リビング以外はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

ペット専用の宿 わんわんパラダイス

愛犬も一緒にチェックイン!看板犬がお出迎え

家族の一員わんちゃんも一緒にフロントでチェックインのお手続き♪わんわんパラダイスの看板犬がお出迎えします。

レストランの中でも一緒!

リードフックもあるので、安心して料理をお楽しみいただけます。わんちゃん用のメニュー(別料金)も充実しています♪

お部屋でも一緒!

清掃が行き届いた清潔なお部屋でお客様をお迎えします。さらに、トイレトレーやペットシーツなど、わんちゃんアメニティも充実。

大自然の中の広いドッグラン!

新鮮な空気が流れる大自然の中のドッグランで、のびのびと走り回っていただけます。わんちゃんも大満足の旅行になりますね♪

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

おすすめの宿

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ロビー、食事場所
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:お客様と同じ場所

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ロビー
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※リビング以外はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※館内での移動は必ずケージを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:ケージ内のみ可能
ペットの食事場所:客室(ケージ内にて) ※ペットは広間には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※屋外は必ず抱っこかリードを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※寝室のベッド、布団はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※本館への立ち入りはご遠慮願います
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストラン、広間には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:お客様と同じ場所(客室)

条件から探す

ペットとの旅行に関するコラム

一般社団法人全日本動物専門教育協会(SAE)所属獣医師の岩佐保宏氏による、ペットとの旅行に関するコラムを掲載して参ります。是非、大事なペットとの楽しいご旅行にお役立て下さい。

全日本動物専門教育協会所属獣医師 岩佐氏

一般社団法人全日本動物専門教育協会(SAE)とは

教育という観点から人と動物が共生できる調和のとれた真の社会づくりに貢献していくことを目的に活動している協会です。ペットに関する一般の飼い主の知識向上のため、「愛玩動物救命士」養成講座や「犬の管理栄養士」養成講座など数多くの通信講座を提供しています。

岩佐保宏氏 ご紹介

東京農工大学農学部獣医学科卒業。大学卒業後2年間、牛や豚等の家畜診療に従事したのち、幅広い知見を得るため、コンサルティング会社に就職。
動物病院や診療所等のコンサルティングに従事したのち、2017年に神奈川県川崎市にて「シリウス犬猫病院」を開院。一般社団法人全日本動物専門教育協会の顧問獣医師も務め、飼い主の知識向上によってペットの生活がより良くなる社会を目指す。

ワクチン接種の注意事項

さて、この時期になると届き始めるのが狂犬病予防接種の通知。もう、お済みですか?
毎年、必ず行なわなくてはならない狂犬病の予防接種。これは、動物を飼養するなら当たり前に行なわなくてはいけないものです。このほか、混合ワクチンも春先に接種する方が多いですね。
近年では、旅行先のドッグランや宿泊施設などでは、利用の際にワクチン接種を義務化している施設も多いです。
では、一体ワクチンとはなんなのでしょうか?
病気を予防してくれるワクチンですが、実は副作用もあります。そして、接種前後に気をつける事など、今回はそんな予防接種の注意点をご紹介します。

ワクチンとは?なんで打つの?
「ワクチン接種」とは言っていますが、ワクチンとは一体なんなのでしょう。
体の中に病気の抗体をつくるには、まずその病気の原因となるものを身体に入れる必要があります。一度、病気の原因となるものを身体に取り込むことで抗体免役が作られます。
ワクチンとはこの病気の原因となるものを、発病しないくらいに弱くし接種すること。そして体の中で抗体を作らせます。これが、ワクチン接種の仕組みです。

ワクチン接種を行なう前に…
ワクチンを打つ際は必ず、体調の良い日を選びましょう。
ただでさえ、異物を身体に入れるのですから犬にも負担はかかります。
犬に体調不良の徴候が見られた際には、別の日に受けるようにしましょう。
例えば、いつもと比べて元気がない、お散歩のときの様子が違った、少し熱い気がするなど、気になることがあればとにかく動物病院に相談すること!
「多分大丈夫だろう」では守れる命も守れません。
また、シニア犬に関しては必ずかかりつけの獣医師に相談しましょう。

ワクチン接種の副作用
身体に異物を入れるわけですから、もちろん副作用が出る場合もあります。
接種後は、いつも以上に愛犬の体調変化に気をつけてあげましょう。
副作用は、早い場合は接種から一時間後に出る場合や、半日以上後に出るものもありますので、少なくとも1日、2日は犬の様子を見ながら静かに過ごさせるようにしましょう。

接種した日から、数日は犬にとってストレスになる事は禁止です。
シャンプーやトリミング、長時間の移動、慣れていない場所に出かける、興奮しやすい場所、例えばドッグランなどに出かけるなども厳禁です。
短時間のお散歩は大丈夫ですが、興奮しやすい子は注射を受けた日は控えると良いでしょう。

翌日以降は愛犬の体調を見て判断して下さい。
一言で副作用と言っても目に見えないものもあります。
少しでも様子が違う場合はご自分で判断せずかかりつけの動物病院へ連絡しましょう。

そして、「いつもと違う」に気付くためにはまずなにより、愛犬の健康な状態を把握しておく必要があります。

旅先でも取り入れたいマッサージやアロマ!

旅先でのアロマやマッサージ

愛犬との旅行はとても楽しいことですが、慣れない旅行先のお部屋では、愛犬の緊張がなかなかほぐれずに落ちつかない場合もあります。早めにお宿について夜までにお部屋で落ち着く場所を探させてあげるのはもちろんですが、マッサージやアロマを取り入れて早めにリラックスさせてあげましょう!

旅先でマッサージやアロマを取り入れる前に
マッサージやアロマを行った時の反応はその子によってさまざまです。日頃からマッサージ等を愛犬とのスキンシップに取り入れ、慣れさせておくことが大切。また、日頃からマッサージやアロマを行うときによく使うタオルやブランケットを用意しておきましょう。使い慣れたものを旅先に持っていく事で愛犬もリラックスできることでしょう。

マッサージやアロマの利点
マッサージにより筋肉のコリやハリがとれるのと同時に、飼い主さんとの信頼関係も深まります。また、血行が良くなり体の動きを滑らかにするので、毛並み・毛艶が良くなり、ケガの予防にもつながります。アロマは人間の1億倍ともいわれる犬の嗅覚に植物の持つ自然の癒しの力で働きかけ、ストレス緩和、免疫力アップなどの効果をもたらします。

マッサージやアロマを行う前に気をつけること
持病がある場合、妊娠中・発情中は獣医師に相談してください。
出血、発熱がある場合や食事の前後、愛犬が嫌がったり飼い主さんが心身ともに疲れているときに行うのは避けましょう。
犬の嗅覚はきわめて強力で鋭いため、精油の希釈が絶対に必要ですのでご注意ください。
体質によって精油の成分が合わない場合もありますので、10倍以上に希釈して手のひらにのばし犬に嗅がせ、香りを嫌がらないか様子をみてください。
嫌がったり異常があった場合はすぐに中止してください。

旅先でおすすめのマッサージ
マッサージには、「なでる」「もむ」「指先で円を描く」「皮膚を引っ張る」などのテクニックがあります。旅先ではリラックス効果が高いとされている「なでる」マッサージがおすすめです。

【愛犬とリラックスする「なでる」マッサージのやり方】
なでる

まず最初に深呼吸をして飼い主さん自身がリラックスしましょう。
マッサージをしているときは出来るかぎりゆったりとした呼吸を心がけます。
始める前に落ち着いた声で「マッサージをはじめるね。」と声をかけましょう。家でマッサージするときは「マッサージをしてもいい?」とマッサージを今してもよいかどうかを愛犬に聞くという意味合いもあります。
愛犬の頭に優しく手のひらをのせ、愛犬の体温を感じながら出来るかぎり一定のリズムで、頭、首、背中とやさしく手を動かします。

【愛犬を落ち着かせる首・肩を「もむ」マッサージのやり方】
もむ

1.「なでる」マッサージで気持ち良さそうにしている事を確認します。
2.首の付け根から肩まで両手を使って、やや筋肉を圧搾するくらいの力加減で2秒に1回の静かなゆっくりとしたリズムで行います。

【マッサージのグッドサイン】
マッサージのグッドサイン
マッサージをされて気持ちがいいと、つぎのような反応がみられます。


口をくちゃくちゃする
あくびをする
ため息をつく
目がトローンと細くなりり、しばしばさせる
力が抜ける
眠ってしまう

【マッサージのバッドサイン】
マッサージを受ける気分ではなかったり、力が強すぎるときにはつぎのような反応がみられます。

振り返って、マッサージしているところに顔をもっていく
声をあげる
体の向きを変える
その場を離れる
旅先でおススメのアロマ
※宿泊先によりお部屋でのアロマ利用はNGの場合もありますので、宿泊先のルールに従ってください。

《リラックス効果があるおススメのアロマ》エッセンシャルオイルとハーブ
リラックス:ラベンダー/マジョラム/カモミールローマン/オレンジ/ネロリ
分離不安・怖がり:ネロリ/プチグレン/イランイラン
疲労感の軽減:ローズマリー/オレンジ/イランイラン
※上記以外にも好きな精油でもOKです。

※犬に対して毒性があるアロマもありますので注意が必要です。柑橘系の精油は皮膚に塗ったあとに紫外線を浴びると皮膚の炎症を起こしたり、シミになる可能性があります(光毒性)。また、持病により使用できないアロマもあります。

てんかん:ジュニパー/ユーカリ/ローズマリー
高血圧:ユーカリ/ローズマリー
皮膚刺激:ゼラニウム/ティートリー/ヒノキ/ペパーミント/レモングラス など
妊娠期:カモミール(ローマン、ジャーマン)/ヒノキ/ペパーミント/ラベンダー/ローズ/ローズマリー など

旅先でのアロマの取り入れ方
■日常使いのタオルやブランケットで
日常からアロマを取り入れている場合は、日頃使い慣れているタオルやブランケットに普段好む香りをつけておき、車中や宿泊先で使用するだけでもリラックスする事が期待できます。

■吸入
宿で熱めのお湯が用意できる場合は、洗面器にお湯を入れて精油を1〜2滴落としたものにタオルを浸して絞り、ケージや愛犬の近くに掛けておく事で香りを吸い込む事ができます。

■アロマを利用したブローケア
ブラッシング愛犬が温泉等に入って全身を洗いブローした後、精油を入れたコンディショニングスプレーを被毛に吹きかけてブラッシングします。ブラシの通りを良くするだけでなく、毛並みをよりサラサラに整え、肌も健康に保つ事ができます。ブロー以外でも日常のブラッシングの際にも使える便利なスプレーです。



【コート&スキンコンディショニングスプレーレシピ】
精油10滴前後(0.5%濃度)
ハーブウォーター20ml
グリセリン1ml
精製水80ml
重曹1つまみ
《おススメの精油/ハーブウォーター》
被毛の乾燥:(精油)ゼラニウム/パルマローザなど、(ハーブウォーター)ローズ/ラベンダー/カモミール(ローマン、ジャーマン)など
育毛効果:(精油)オレンジ/レモンなど、(ハーブウォーター)ペパーミント/ローズマリーなど
フケが多い:(精油)ティートリー/ユーカリ/ゼラニウムなど、(ハーブウォーター)ティートリー/クロモジなど

※精油とハーブウォーターは愛犬が好むもの、肌タイプにあうものをお使いください。

愛犬の心身をまるごとケア
アロママッサージイメージ

人と同じように、動物たちもストレスや環境の変化により心身の不調に陥ります。マッサージやアロマセラピーは動物が何を必要としているか見極め、彼らの心と身体を知るための癒しのコミュニケーションツール。目的・お悩み・好みに応じて香り(精油)を使い分け、マッサージで触れ合うことで、愛犬の健康管理・免疫力UPに役立てられます。獣医さん頼りではなく自身で愛犬の心身を日頃からケアしてあげましょう。

FAQ