ペットと一緒の旅行を応援いたします。

可愛いペットと一緒に泊まれるお宿をご紹介いたします。全日本動物専門教育協会所属獣医師による「ペットとの旅行に関するコラム」も四季を通して掲載して参りますので、是非、ペットとの安心で楽しい家族旅行のご参考になさって下さい。

  1. 出発~移動開始

    出発前にトイレを済ませましょう。犬は酔いやすい動物なので、出発2時間前から食事を控え、目的地に到着してからごはんをあげられたらよいですね。

  2. 旅行中

    サービスエリアでは、リードを短めに持ったり、抱っこをしてあげて、車に十分注意が必要です。排泄をしたら必ず状態をチェック。便は健康のバロメーターです。

  3. 宿泊先に到着

    旅先に慣れるために、早めに目的地に着くように出発しましょう。施設に入る前に、少し歩かせて、排泄をすませるのもマナーです。移動で疲れているので、客室ではゆっくりさせてあげてくださいね。

  4. 帰宅後

    日常と違う場所に行けば、ワンちゃんも興奮し、疲れやすくなります。帰宅後に愛犬の状態を必ずチェックしましょう。

人気の宿ランキング

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、レストラン、ロビー、ドッグラン、ドッグサロン
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室、レストラン

  • 小型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ペット専用風呂「わんこの湯」(有料)
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室 ※ペットは食堂には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、施設屋外
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※和室・ベッドルームはご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ドッグラン
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ドッグラウンジ(9:00~21:00) ※館内での移動は必ずケージを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※リビング以外はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

ペット専用の宿 わんわんパラダイス

愛犬も一緒にチェックイン!看板犬がお出迎え

家族の一員わんちゃんも一緒にフロントでチェックインのお手続き♪わんわんパラダイスの看板犬がお出迎えします。

レストランの中でも一緒!

リードフックもあるので、安心して料理をお楽しみいただけます。わんちゃん用のメニュー(別料金)も充実しています♪

お部屋でも一緒!

清掃が行き届いた清潔なお部屋でお客様をお迎えします。さらに、トイレトレーやペットシーツなど、わんちゃんアメニティも充実。

大自然の中の広いドッグラン!

新鮮な空気が流れる大自然の中のドッグランで、のびのびと走り回っていただけます。わんちゃんも大満足の旅行になりますね♪

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

おすすめの宿

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ロビー、食事場所
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:お客様と同じ場所

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ロビー
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※リビング以外はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※館内での移動は必ずケージを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:ケージ内のみ可能
ペットの食事場所:客室(ケージ内にて) ※ペットは広間には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※屋外は必ず抱っこかリードを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※寝室のベッド、布団はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※本館への立ち入りはご遠慮願います
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストラン、広間には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:ルシアンルーム 専用フロント、客室、ドックラン
ペットの食事場所:客室(レストランへの同伴はできません)
※宿泊可能な犬種などの詳細は、ホテル公式HPよりご確認ください。

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:お客様と同じ場所(客室)

条件から探す

ペットとの旅行に関するコラム

一般社団法人全日本動物専門教育協会(SAE)所属獣医師の岩佐保宏氏による、ペットとの旅行に関するコラムを掲載して参ります。是非、大事なペットとの楽しいご旅行にお役立て下さい。

全日本動物専門教育協会所属獣医師 岩佐氏

一般社団法人全日本動物専門教育協会(SAE)とは

教育という観点から人と動物が共生できる調和のとれた真の社会づくりに貢献していくことを目的に活動している協会です。ペットに関する一般の飼い主の知識向上のため、「愛玩動物救命士」養成講座や「犬の管理栄養士」養成講座など数多くの通信講座を提供しています。

岩佐保宏氏 ご紹介

東京農工大学農学部獣医学科卒業。大学卒業後2年間、牛や豚等の家畜診療に従事したのち、幅広い知見を得るため、コンサルティング会社に就職。
動物病院や診療所等のコンサルティングに従事したのち、2017年に神奈川県川崎市にて「シリウス犬猫病院」を開院。一般社団法人全日本動物専門教育協会の顧問獣医師も務め、飼い主の知識向上によってペットの生活がより良くなる社会を目指す。

ワクチン接種の注意事項

さて、この時期になると届き始めるのが狂犬病予防接種の通知。もう、お済みですか?
毎年、必ず行なわなくてはならない狂犬病の予防接種。これは、動物を飼養するなら当たり前に行なわなくてはいけないものです。このほか、混合ワクチンも春先に接種する方が多いですね。
近年では、旅行先のドッグランや宿泊施設などでは、利用の際にワクチン接種を義務化している施設も多いです。
では、一体ワクチンとはなんなのでしょうか?
病気を予防してくれるワクチンですが、実は副作用もあります。そして、接種前後に気をつける事など、今回はそんな予防接種の注意点をご紹介します。

ワクチンとは?なんで打つの?
「ワクチン接種」とは言っていますが、ワクチンとは一体なんなのでしょう。
体の中に病気の抗体をつくるには、まずその病気の原因となるものを身体に入れる必要があります。一度、病気の原因となるものを身体に取り込むことで抗体免役が作られます。
ワクチンとはこの病気の原因となるものを、発病しないくらいに弱くし接種すること。そして体の中で抗体を作らせます。これが、ワクチン接種の仕組みです。

ワクチン接種を行なう前に…
ワクチンを打つ際は必ず、体調の良い日を選びましょう。
ただでさえ、異物を身体に入れるのですから犬にも負担はかかります。
犬に体調不良の徴候が見られた際には、別の日に受けるようにしましょう。
例えば、いつもと比べて元気がない、お散歩のときの様子が違った、少し熱い気がするなど、気になることがあればとにかく動物病院に相談すること!
「多分大丈夫だろう」では守れる命も守れません。
また、シニア犬に関しては必ずかかりつけの獣医師に相談しましょう。

ワクチン接種の副作用
身体に異物を入れるわけですから、もちろん副作用が出る場合もあります。
接種後は、いつも以上に愛犬の体調変化に気をつけてあげましょう。
副作用は、早い場合は接種から一時間後に出る場合や、半日以上後に出るものもありますので、少なくとも1日、2日は犬の様子を見ながら静かに過ごさせるようにしましょう。

接種した日から、数日は犬にとってストレスになる事は禁止です。
シャンプーやトリミング、長時間の移動、慣れていない場所に出かける、興奮しやすい場所、例えばドッグランなどに出かけるなども厳禁です。
短時間のお散歩は大丈夫ですが、興奮しやすい子は注射を受けた日は控えると良いでしょう。

翌日以降は愛犬の体調を見て判断して下さい。
一言で副作用と言っても目に見えないものもあります。
少しでも様子が違う場合はご自分で判断せずかかりつけの動物病院へ連絡しましょう。

そして、「いつもと違う」に気付くためにはまずなにより、愛犬の健康な状態を把握しておく必要があります。

移動や災害時にも役立つクレートトレーニング

旅行をはじめ、お出かけを安全に移動するために役立つクレートトレーニングについてお話します。クレートトレーニングは、災害などの緊急時にも身に付けておく必要があります。

クレートに慣れる必要性
クレートはわんちゃんの心身を守る大事なものです。サイズも素材もさまざまな種類があります。一つに絞るのではなく、用途によって日頃から使い分けをして、どのタイプのクレートであっても「クレート=安心できる場所」と認識できるようにしていきましょう。これは、災害の避難時に飼い主と離れた場所で過ごさないといけなくなった場合を想定しても、大切な防災準備です。
クレートに入ることができない、入るけど大人しくしていられない、というわんちゃんはまずはクレートに慣れるトレーニングをしておく必要があります。(トレーニング方法は後述します)

クレートの使い分け
●移動時はハードタイプ
旅行などの移動に関しては、公共の交通機関を利用するのか、自家用車で移動するのかによっても状況は異なりますが、しっかりとした造りのハードタイプのクレート(ハウス)を利用したほうが安全です。
また、自家用車では、助手席に乗っている飼い主さんが抱っこしている風景を見かけますが、万が一事故に遭った場合、わんちゃんはシートベルトをしていないので、車外へ投げ出されてしまう危険性があります。しっかり抱っこしているつもりでも、事故の衝撃は計り知れません。
現在、シートベルトで固定できる車専用のハウスも販売されています。そうしたものを利用して、安全な移動を心がけましょう。
なお、車酔いなどをしてしまうわんちゃんは、乗車前に食事は避け、クレートに入れたうえで、上からタオル等をかけ、外が見えないように配慮してあげると、車酔いが軽減されることがあります。
それでも車酔いしてしまう場合は、動物病院へ相談し酔い止めを処方してもらったり、アロマ等を利用するのもいいでしょう。

●散歩やお出かけ、避難時にはソフトタイプ
このタイプは肩から提げるものがほとんどで、カバンタイプのものやスリングタイプ、リュックタイプなどさまざまあります。
まだお散歩の時期ではない仔犬や、逆に老犬になって散歩がきつくなってきたわんちゃんを外へ連れ出すときに重宝するでしょう。災害の避難時には両手を空けておくことが重要になりますので、このタイプが良いでしょう。わんちゃんの身体の大きさなどに合わせて用意しましょう。
(避難所で過ごすことを想定して、折りたためるタイプのクレートも用意しておきましょう)

クレートトレーニングの方法
まずは、クレートの中にお気に入りの毛布や敷物などを敷いてあげます。そして、自分から入るかどうか様子を見ます。
恐る恐るでも入っていける場合には、その中でご飯やおやつ等をあげてください。
「絶対にいや!!」というような場合には、まずはわんちゃんの大好きなおやつなどをクレートに入れ、扉を閉めます。そして、扉の外側からクレートの中を覗かせて、大好きなものに気付かせます。大好きなものを欲しがって扉を引っかくようであれば、少し焦らした後で扉を開けると、「待ってました!」と言わんばかりに、入っていく可能性があります。

どちらの場合でも、入ってすぐに扉を閉めないように気をつけてください。扉を閉めるのは、わんちゃんがクレートを安心できる場所だと認識し、落ち着けるようになってからにしましょう。

クレートのトレーニング方法も様々あり、一概にどれが良いとは言い切れません。わんちゃんに合った方法を見つけ、無理せずにトレーニングをしていきましょう。

FAQ