ペットと一緒の旅行を応援いたします。

可愛いペットと一緒に泊まれるお宿をご紹介いたします。全日本動物専門教育協会所属獣医師による「ペットとの旅行に関するコラム」も四季を通して掲載して参りますので、是非、ペットとの安心で楽しい家族旅行のご参考になさって下さい。

  1. 出発~移動開始

    出発前にトイレを済ませましょう。犬は酔いやすい動物なので、出発2時間前から食事を控え、目的地に到着してからごはんをあげられたらよいですね。

  2. 旅行中

    サービスエリアでは、リードを短めに持ったり、抱っこをしてあげて、車に十分注意が必要です。排泄をしたら必ず状態をチェック。便は健康のバロメーターです。

  3. 宿泊先に到着

    旅先に慣れるために、早めに目的地に着くように出発しましょう。施設に入る前に、少し歩かせて、排泄をすませるのもマナーです。移動で疲れているので、客室ではゆっくりさせてあげてくださいね。

  4. 帰宅後

    日常と違う場所に行けば、ワンちゃんも興奮し、疲れやすくなります。帰宅後に愛犬の状態を必ずチェックしましょう。

人気の宿ランキング

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、レストラン、ロビー、ドッグラン、ドッグサロン
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室、レストラン

  • 小型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ペット専用風呂「わんこの湯」(有料)
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室 ※ペットは食堂には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、施設屋外
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※和室・ベッドルームはご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ドッグラン
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ドッグラウンジ(9:00~21:00) ※館内での移動は必ずケージを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※リビング以外はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

ペット専用の宿 わんわんパラダイス

愛犬も一緒にチェックイン!看板犬がお出迎え

家族の一員わんちゃんも一緒にフロントでチェックインのお手続き♪わんわんパラダイスの看板犬がお出迎えします。

レストランの中でも一緒!

リードフックもあるので、安心して料理をお楽しみいただけます。わんちゃん用のメニュー(別料金)も充実しています♪

お部屋でも一緒!

清掃が行き届いた清潔なお部屋でお客様をお迎えします。さらに、トイレトレーやペットシーツなど、わんちゃんアメニティも充実。

大自然の中の広いドッグラン!

新鮮な空気が流れる大自然の中のドッグランで、のびのびと走り回っていただけます。わんちゃんも大満足の旅行になりますね♪

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

おすすめの宿

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ロビー、食事場所
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:お客様と同じ場所

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室、ロビー
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※リビング以外はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬
  • うさぎ

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※館内での移動は必ずケージを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:ケージ内のみ可能
ペットの食事場所:客室(ケージ内にて) ※ペットは広間には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※屋外は必ず抱っこかリードを使用してください
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK ※寝室のベッド、布団はご遠慮願います
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストランには入れません

  • 小型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室 ※本館への立ち入りはご遠慮願います
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:客室 ※ペットはレストラン、広間には入れません

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペットが立ち入り可能な場所:客室
ペットとお部屋での過ごし方:放し飼いOK
ペットの食事場所:お客様と同じ場所(客室)

条件から探す

ペットとの旅行に関するコラム

一般社団法人全日本動物専門教育協会(SAE)所属獣医師の岩佐保宏氏による、ペットとの旅行に関するコラムを掲載して参ります。是非、大事なペットとの楽しいご旅行にお役立て下さい。

全日本動物専門教育協会所属獣医師 岩佐氏

一般社団法人全日本動物専門教育協会(SAE)とは

教育という観点から人と動物が共生できる調和のとれた真の社会づくりに貢献していくことを目的に活動している協会です。ペットに関する一般の飼い主の知識向上のため、「愛玩動物救命士」養成講座や「犬の管理栄養士」養成講座など数多くの通信講座を提供しています。

岩佐保宏氏 ご紹介

東京農工大学農学部獣医学科卒業。大学卒業後2年間、牛や豚等の家畜診療に従事したのち、幅広い知見を得るため、コンサルティング会社に就職。
動物病院や診療所等のコンサルティングに従事したのち、2017年に神奈川県川崎市にて「シリウス犬猫病院」を開院。一般社団法人全日本動物専門教育協会の顧問獣医師も務め、飼い主の知識向上によってペットの生活がより良くなる社会を目指す。

ペットの花粉症

春の訪れとともにやってくる「花粉」の時期になりました。人も辛い「花粉症」。今回はペットの花粉症のお話です。

ペットの花粉症の症状
近年では、犬や猫の花粉症が急増していると言われています。犬や猫の花粉症は人とは違い、肌から花粉を吸収し、身体をかゆがったり、目をショボつかせたりする事が多く、主に皮膚に疾患が出る事が多いです。人間と同じようにくしゃみ・鼻水の症状もみられます。
なかなかペットが花粉症になっているとは思わず、動物病院に連れてきて、花粉症と知る飼い主さんも多いです。いつもと体調・様子が違うと気付いたら、まずは動物病院で診察してもらうことが大事です。

花粉症予防策
ワンちゃんには、マスクではなく、洋服が必要です。被毛に花粉が付着するのを防ぎます。花粉を落としやすいよう耐久撥水性のあるツルツルした生地で作られた服や、花粉が付きにくいよう静電気をなるべく抑えられる素材で作られた服など、最近は様々な花粉症予防のための洋服があります。静電気の発生を抑制し、花粉の付着をガードするスプレーもありますね。

花粉の飛散が多い時間帯を避けてお散歩するのも、予防対策の一つです。安定した気象条件下では、早朝から午前中に飛散量は増え、夕方から落ち着くと言われています。これからの季節のお散歩は、早朝または夕方以降が良いでしょう。

お散歩から帰宅したら、玄関に入る前に飼い主もワンちゃんも上着・洋服を脱ぐのが理想的です。室内にいつもいる猫ちゃんも、飼い主が外から持ち込む花粉でアレルギーを起こす場合があります。家の中に花粉を持ち込まないことが症状を悪化させない対策です。

花粉は空気より重いので床に溜まります。ペットは人間より床に近い所に鼻があり、床に落ちた花粉を吸い込みやすいので、こまめに掃除することが大切です。

ペットの車酔い対策

旅行にペットを連れていく際、ペットが車酔いで体調不良になってしまうと、せっかくの旅行も楽しめません。また、一度車酔いをしてしますと、その後車でのお出かけを嫌がるようになってしまうこともあります。ペットが車酔いしないように、車好きになってもらえるように、環境づくりをしてあげてください。今回は、一緒に楽しく車でおでかけするための7つのポイントをお話します。

1.最初は5~10分のドライブから
最初は短時間のドライブで練習し、少しずつ距離を伸ばして車に慣れさせましょう。
いざ、長距離ドライブに出かけたら、多めに1~2時間に1度は休憩をとるようにしましょう。新鮮な空気に触れることで、ペットも運転手もリフレッシュできて、気分良く過ごせますね!
目的地に着いたらおやつを与えたり、散歩をさせたりと、犬にとっての「楽しいこと」を用意しておくと「車に乗る=いいことがある」と思うようになります!

2.食事は乗車30分~1時間前に済ませる
大人も子供も同様ですが、お腹いっぱいで車の後部座席に座ると、揺れにより気分が悪くなります。出発前に余裕をもって食事を済ませ、サービスエリアやお店で休憩する時は食事後30分ほど経ってからドライブに戻りましょう。ただし、車の中は乾燥し、ペットも緊張状態が続いて喉が渇くので、水分は適度に与えましょう。
もしも、ペットが吐いてしまっても叱らないであげてください。消毒用アルコールなど準備しておきましょう。また、動物病院で吐き気止めを処方してもらうのも一つの手段です。

3.普段使いのおもちゃ、食器などは必需品
旅行だからと新しいものを用意すると、混乱させてしまう場合があるので注意が必要です。普段使っているタオルケットや毛布、いつも遊んでいるおもちゃなどを傍に置くなど、ペットにとって「安心が出来る場所」を確保してあげましょう。食器やフードも普段のものを旅行日数分、準備して出かけてください。

4.車中の匂いに気をつけて
ペットたちは匂いに敏感なので、排気ガス、食べ物、芳香剤の匂いなどで車酔いをしてしまう場合もあります。車の中は芳香剤などを置かず、車の中の匂いに気を配りましょう。車中でのおやつも楽しみのひとつですが、ペットが同乗している時は控えるようにしてあげてください。

5.走行中はケージやキャリーバッグが指定席
揺れや振動の影響を受けにくくする為に、車に乗っている間はキャリーバッグやクレートに入るように訓練しておくことも必要です。万が一の事故の時も、クレートやキャリーバッグがペットを守ってくれます。

6.停車したら、まず車内でリードを着ける
急にペットが飛び出してしまう場合がありますので、車のドアを開ける前に必ずリードをつけておきましょう。ペットを車内に置き去りにすると、夏場は熱中症、冬場でも脱水症になる危険がありますので避けましょう。車内で待たせる場合は、必ず誰かが付き添ってあげましょう。

7.万が一に備えて
万が一はぐれた時にすぐ連絡してもらえるよう、迷子札に飼い主さんの携帯電話の番号を書いておきましょう。また、急な体調変化を相談できるよう、かかりつけの病院の連絡先を控えておきましょう。目的地や通過地点にある、24時間対応または休日対応可の動物病院なども調べておくと、より安心です。

FAQ