滋賀県をお得に旅しよう!

彦根城入場券+お茶席チケット付き宿泊プラン

対象の宿泊プランをお申込みの方に、彦根城入場券+お茶席チケット(抹茶セット和菓子付き)をお渡しします。
対象宿泊期間:2023年11月1日(水)~2024年2月28日(水)

彦根城
国宝天守や重要文化財に指定される4つの櫓と馬屋など、江戸時代に建てられた当時の姿を残す貴重なお城です。
・営業日/年中無休(開国記念館は12月25日から12月31日まで休館します)
・開場時間/8:30~17:00 (最終入場は彦根城、玄宮園は16:30まで 開国記念館は16:45まで)
・アクセス/公共の交通機関をご利用の場合、電車でJR彦根駅下車が便利です。(彦根城まで徒歩約15分)
また、お車で高速道路をご利用の場合は名神高速道路 彦根ICのご利用が便利です。

お茶席
下記2箇所どちらかの茶室にて「抹茶セット 和菓子付き」をお楽しみください。
【1】鳳翔台[ほうしょうだい](玄宮園内)
【2】聴鐘庵[ちょうしょうあん](時報鐘隣)
・休館日:12月29日から1月2日まで
・営業時間/9:00~16:00

  • ご注意

    1.「彦根城入場券」及び「お茶席チケット」のクーポン類はご出発までにお客様のご自宅へ発送いたします。
    現地窓口にて持参したクーポンを係員へお渡しください。
    当日クーポンをお忘れの場合は入場できませんのでご注意ください。
    また、クーポンを紛失されましても再発行できません。未使用券につきましても払い戻しはいたしませんのでご了承願います。

    2.天守の耐震工事のため下記期間は天守内部への入場は停止となりますが、従来は閉鎖している彦根城二の丸佐和口多聞櫓の内部を特別公開します。
    期間:2024年2月13日(火)~3月15日(金)
    時間:午前8時30分~午後5時(最終入場は午後4時45分)
    詳細は彦根城公式HPをご確認ください。

おすすめの宿


彦根へのアクセス

公共の交通機関をご利用の場合、電車でJR彦根駅下車が便利です。(彦根城まで徒歩約15分)
また、お車で高速道路をご利用の場合は名神高速道路 彦根ICのご利用が便利です。

彦根アクセスマップ

公益社団法人 彦根観光協会

電車でお越しの場合

新幹線・特急利用、JR米原駅までの所要時間
【東京】新幹線で約2時間10分
【名古屋】新幹線で約30分
【金沢】特急で約2時間
【新大阪】新幹線で約40分
【岡山】新幹線で約1時間55分
【福岡】新幹線で3時間25分

JR米原駅よりJR彦根駅までの所要時間
JR東海道線京都方面下り乗車約5分

JR東海道線利用、JR彦根駅までの所要時間
【京都】新快速で約46分
【大阪】新快速で約80分

お車でお越しの場合

名神高速彦根ICまでの距離
【東京】東名高速東京ICより約413km 所要時間:約5時間10分
【名古屋】名神高速名古屋ICより約88km 所要時間:約1時間
【金沢】北陸自動車道金沢西ICより約180km 所要時間:約2時間20分
【大阪】名神高速吹田ICより約102km 所要時間:約1時間10分

名神高速道路彦根ICから彦根市内までは、国道306号線を彦根市内方面へ(右折)。
「外町」交差点を直進で約10分です。


ひこにゃん出陣スケジュール

ひこにゃんは彦根城周辺に毎日登場します。
登場場所・スケジュールは変更されることがあるので、事前に出陣スケジュール(本日の登場場所)をご確認ください。


宿を探す

いち押しホテル・おすすめプラン

おごと温泉に泊まる

比叡山の御膝元おごと温泉は、京都から車で20分。1200年の昔比叡山の伝教大師、最澄によって開湯されました。温泉の泉質はpH値9.0という高いアルカリ性単純温泉。入浴後に滑らかなお肌になるので、「美肌の湯」と言われています。

おすすめホテル

人気の宿ランキング

特長から探す

高級旅館・ホテル

近江牛が食べられる宿

ビワイチにおすすめ

ビワイチとは?

ビワイチとは「琵琶湖一周サイクリング」の略称です。びわ湖は一周で約200km。健脚のサイクリストなら1日で一周できますが、のんびりお宿に1泊して湖畔の魅力をもっと楽しみませんか? ビワイチ応援プランをご紹介します♪

周辺のおすすめ宿をご紹介!

エリア(観光地)から探す

彦根・長浜

おすすめホテル・旅館


大津・おごと

おすすめホテル・旅館


草津・近江八幡

おすすめホテル・旅館


奥琵琶湖

おすすめホテル・旅館

条件から探す

滋賀県の特産品・おみやげ

滋賀の地酒

琵琶湖が水陸交通の要所となり、近江の国の時代から多くの造り酒屋が栄えてきました。今は約30以上の蔵元があると言われています。

滋賀の銘茶

滋賀県は、昼夜の温度差が適度にあるお茶の産地に適した地域で、風味豊かな上品な高級煎茶が各地で栽培されています。主な産地は、土山茶の甲賀市土山町、朝宮茶の甲賀市信楽町朝宮地区、政所茶の東近江市政所地区、など。

写真提供(公社)びわこビジターズビューロー

びん細工手まり

滋賀県愛知郡愛荘町に伝わり、滋賀県伝統的工芸品に指定されている「びん細工てまり」。フラスコ型のガラスびんに、びんの口より大きな手まりが入っています。

写真提供(公社)びわこビジターズビューロー

信楽焼

日本六古窯(にほんろっこよう)の一つ、「信楽焼」は、狸の置物で知られていますが、信楽の土は耐火性に優れているといわれ、多種多様のバラエティーに富んだものが作成されています。

滋賀県のおすすめ観光ガイド

琵琶湖の観光スポットをご紹介!歴史遺産豊かな琵琶湖でロマンあふれる旅を楽しもう
滋賀を観光するなら絶対に外せないスポットをご紹介!多様な歴史と景観を楽しもう

滋賀旅行のFAQ