神戸最大のイルミネーションイベント

「神戸ルミナリエ」は、神戸の冬を代表する光の祭典です。他にはない繊細なデザインが人気で、毎年多くの観光客が訪れており、イルミネーションを楽しむ人々で賑わいます。開催場所は、神戸市役所の南にある「東遊園地」およびその付近にある旧外国人居留地。毎年12月に10日間ほど開催されています。

神戸ルミナリエの観光ポイント

1.どんなイベントなの?

神戸ルミナリエとは、神戸の冬を彩るイルミネーションイベントのことです。

期間中は、毎日17~18時ごろに約50万個ものLEDライトが点灯され、一気に神戸の街の雰囲気が変わります。

観覧ルートが決まっているので、入口の最寄り駅である「JR元町駅」、または「阪神元町駅」で降車しましょう。

2.神戸ルミナリエの歴史

神戸ルミナリエは阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と、都市再生の思いを込め、1995年7月に初めて開催されました。

以降も毎年開催されています。震災の記憶を語り継ぎつつも神戸の冬の風物詩として定着したイベントです。

現在では多くの観光客が訪れるようになり、2018年には343万人もの来場者を記録しました。

3.神戸ルミナリエの見どころ

入口にある巨大な光の塔が「フロントーネ」です。これをくぐると、アーチ状の光のトンネルが200m以上続きます。

「東遊園地」にたどり着いたら、芝生広場の光の聖堂「カッサ・アルモニカ」や光の壁掛け「スパッリエーラ」があなたをお出迎え。ロマンチックな雰囲気が漂います。

おすすめプラン

周辺の宿泊施設

神戸ルミナリエと一緒に楽しみたい観光スポット

六甲山からの夜景

大阪、神戸の夜景を眼下にできる六甲山展覧台。夜景観賞は六甲ケーブルの利用が便利です。

摩耶山からの夜景

美しく煌めく夜景に魅了される神戸の夜景。その代表的なスポットでもある摩耶山・掬星台からの夜景は長崎の稲佐山、北海道の函館山と並ぶ日本三大夜景のひとつ。

神戸どうぶつ王国 (こうべどうぶつおうこく)

様々な動物たちとふれ合うことができる他、動物たちの躍動感あふれる姿が魅力のパフォーマンスショーやアトラクションが大人気。人気の動物たちを間近で見られるのも魅力です。

  • 兵庫県神戸市
  • 料金/大人(中学生以上)1800円、小学生1000円、幼児(4歳・5歳)300円、シルバー(満65歳以上)1300円 (2020年1月8日現在の情報です)
  • 営業時間/【平日】10時~17時、【土日祝】10時~17時30分 ※冬期(12月~2月)【平日】10時~16時30分、【土日祝】10時~17時
  • 定休日/毎週木曜日(祝日・春休み・GW・夏休み・年末年始は営業)
  • アクセス/大阪・姫路方面より:JR・阪急電車・阪神電車三宮駅・三宮駅下車ポートライナー(三宮駅〜空港方面乗り換え)約14分。「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車、新幹線「新神戸駅より」:神戸市営地下鉄西神・山手線 西神中央行で約2分。三宮駅下車ポートライナー三宮駅〜神戸空港方面乗り換え約14分。「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車
  • 所在地/兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9
  • お問い合わせ/078-302-8899(神戸どうぶつ王国)

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール (こうべあんぱんまんこどもみゅーじあむあんどもーる)

アンパンマンの世界が広がる体験型ミュージアム。アンパンマンたちのステージも毎日開催。限定グッズやフードのお店が集まるショッピングモールもあります。

  • 兵庫県神戸市
  • 入館料/ミュージアム入館チケット 1800円(1歳以上)、ショッピングモール無料(2020年2月7日現在の情報です)
  • 営業時間/10:00~18:00(ミュージアム最終入館17:00)
  • 定休日/元旦、メンテナンス休業あり ※詳しくはホームページをご確認ください。 
  • アクセス/JR神戸線「神戸駅」より徒歩約8分、「高速神戸駅」(神戸高速鉄道)より徒歩約13分、市営地下鉄海岸線「ハーバーランド駅」より徒歩約8分
  • 所在地/兵庫県神戸市中央区東川崎町1-6-2
  • お問い合わせ/078-341-8855(神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール)

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集