高円寺のディープな観光スポットを紹介

JR中央・総武線で中野の隣となる高円寺は、東京で阿波踊りが開催される街として知られています。個性的なカレー店や古着屋、リーズナブルな飲み屋も充実しており、「一度住んだら離れられない」と言われるほど。東京旅行でディープなスポットに足を踏み入れてみませんか?

東京高円寺阿波おどり

東京高円寺阿波おどり

高円寺の観光スポット3選

  1. 東京高円寺阿波おどり
  2. インドカレー店が充実
  3. 個性的な古着屋をめぐろう

1.東京高円寺阿波おどり

普段はのんびりした高円寺が、毎年8月後半は熱狂に包まれます。

「東京高円寺阿波おどり」は、JR高円寺駅前から東京メトロ新高円寺駅にかけての商店街および高南通りを舞台に開催される、「徳島市阿波おどり」に次ぐ規模の阿波おどり。

始まりは1957年と歴史は古く、年を追うごとに知名度はアップ。現在では阿波おどりの本場・徳島県からも団体が参加するまでに成長しました。40を越える「連」が参加し、個性豊かに踊るさまは、一見の価値があります。

2.インドカレー店が充実

高円寺は以前から、古着店やレコード店とともに、アジア料理やインド料理の店が多く立ち並んでいます。特にカレー店はバラエティ豊かで、遠方から高円寺まで足を運ぶ旅行者も多いです。

注目は「インド富士子」。レトロな外観はいかにも高円寺らしく、黒チキンカレーなどをいただけます。

「妄想インドカレー ネグラ」のメニューは「定食カレー」一種のみ。酸味のあるビンダルーや豆のペースト、タンドリーチキンが一体になったさまは、高円寺の町並みにカオティックです。

3.個性的な古着屋をめぐろう

高円寺は下北沢と並び、古着屋が充実していることでも有名な街。雑然とした店先のディスプレイは、高円寺らしい風景の一つとして定着しています。

各古着店もカレー店に劣らず個性的。「JuRian」「ガイジン」の両店は女性専門向けの品ぞろえで、ヨーロッパで買い付けてきた小物類が充実しています。

「サファリ」は、古着と言うよりビンテージと呼びたい大人向けのアイテムがそろう店。大人の古着マニアであれば、東京観光の際にぜひ立ち寄りたい名店です。

高円寺周辺の宿泊施設

東京高円寺阿波おどり開催概要(2020年度)

■日時
 2020年8月22日(土)・23日(日)17:00~20:00
■会場
  JR中央線 高円寺駅・東京メトロ 丸ノ内線 新高円寺駅周辺の商店街
 および高南通りの8演舞場

インド富士子(カレー店)へのアクセス

src=

■住所
 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-59-11
■電車でのアクセス
 JR中央線 高円寺駅より徒歩3分
■駐車場
 なし

妄想インドカレー ネグラへのアクセス

src=

■住所
 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-48-3
■電車でのアクセス
 JR中央線 高円寺駅より徒歩5分 
■駐車場
 なし

JuRian(古着店)へのアクセス

src=

■住所
 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-28-11
■電話番号
 03-3315-1313
■電車でのアクセス
 JR中央線 高円寺駅より徒歩1分 
■駐車場
 なし

ガイジンへのアクセス

src=

■住所
 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-56-1104
■電話番号
 03-3316-9337
■電車でのアクセス
 JR中央線 高円寺駅より徒歩5分 
■駐車場
 なし

サファリ 一号店(古着店)へのアクセス

src=

■住所
 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-57-4 ベルシャトー高円寺1F
■電話番号
 03-5378-9230
■電車でのアクセス
 JR中央線 高円寺駅より徒歩5分
■駐車場
 なし

高円寺周辺の観光スポット

太宰治文学サロン (だざいおさむぶんがくさろん)

太宰が通い「十二月八日」に登場する、酒屋「伊勢元」の跡地に開設されました。館内では原稿や初版本、初出雑誌など様々な貴重な資料を公開しています。ガイドボランティアが10:30〜16:30の間に常駐し、太宰の足跡や三鷹についての解説を行っています。

  • 東京都三鷹市下連雀
  • 入館料/無料
  • 開館時間/午前10時~午後5時30分
  • 休館日/月曜日、年末年始(12月29日~1月4日)※ただし、月曜日が休日の場合は開館し、その翌日と翌々日休館
  • アクセス/三鷹駅南口より徒歩約3分
  • 所在地/東京都三鷹市下連雀3-16-14 グランジャルダン三鷹1階
  • お問い合わせ/0422-26-9150

井の頭恩賜公園 (いのかしらおんしこうえん)

三鷹市と武蔵野市にまたがる日本最初の郊外公園です。井の頭池を中心に敷地が広がり東の端には神田川が流れ出て、西側には井の頭自然文化園、御殿山の雑木林、玉川上水、西園の競技場やジブリ美術館などの名所が点在する都内有数の公園となっています。

  • 東京都武蔵野市、三鷹市
  • 入園料/無料(一部有料施設あり)
  • 開園時間/常時
  • 定休日/なし(案内所は年末年始は休業となります) ※井の頭自然文化園など、各施設の定休日は下記公式サイトでご確認ください。
  • アクセス/①JR中央線「吉祥寺」下車 徒歩約5分②京王井の頭線「井の頭公園」下車 徒歩約1分
  • 所在地/東京都武蔵野市御殿山一丁目、吉祥寺南町一丁目、三鷹市井の頭三・四・五丁目、下連雀一丁目、牟礼四丁目
  • お問い合わせ/0422-47-6900(井の頭恩賜公園案内所)

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集