圧巻の迫力!愛媛の新居浜太鼓祭り

愛媛県新居浜市の秋の風物詩「新居浜太鼓祭り」。その起源は鎌倉~平安時代にまでさかのぼります。太鼓台は「神輿」と呼んでもよいほどの迫力。150人余りの男衆が太鼓台を差し上げる様は、その勇壮さから「男祭り」の異名を持ち、毎年約10万人の観衆を集めています。

勇壮な男祭り!

勇壮な男祭り!

新居浜太鼓祭り 3つのポイント

1.新居浜市内の会場

JR新居浜駅は岡山駅より特急しおかぜ号で2時間弱。

市内の「河川敷公園」「一宮の杜(いっくのもり)ミュージアム」「上部地区山根グラウンド」「昭和通り」「多喜浜駅前」などさまざまな場所に太鼓台が登場し、市内は祭りの雰囲気一色となります。

2.祭り最大の見所「かきくらべ」

「新居浜太鼓祭り」最大の見どころである「かきくらべ」では、複数の太鼓台が一ケ所に集まり、太鼓の早打ちとともに、「かき夫」と呼ばれる男衆が太鼓台を持ち上げて、その技を競い合います。

「男祭り」を肌で感じる瞬間です。

3.実物の太鼓台を展示

新居浜駅前の新居浜市総合文化施設内「太鼓台ミュージアム」には、実物の太鼓台が展示されています。

市内各地区で実際に運行されている太鼓台の特徴や、その地区の市民が着るハッピ、のぼりなども併せて展示しています。観覧の前に訪れれば、より祭りを深く楽しめるでしょう。

新居浜周辺の宿泊施設

まつり情報(2020年度)

■会期
 毎年10月16日~18日 ※大生院地区は10月15日~17日
■会場
 新居浜市各所
■岡山市からのアクセス
 特急しおかぜ号で2時間弱
 

新居浜市の地図

src=

新居浜市周辺の観光スポット

来島海峡急流観潮船 (くるしまかいきょうきゅうりゅうかんちょうせん)

来島海峡は日本三大急潮流のひとつ。三連吊橋の来島海峡大橋や、日本一の海事都市・今治の波止浜湾の造船所群をめぐる約50分の船旅です。

  • 愛媛県今治市
  • 乗船料/一般(中学生以上):1,500円/小学生:1,000円/小学生未満:大人同伴で大人の人数枠を超えない場合は無料 (2019年10月7日現在の情報です)
  • 営業時間/午前9時頃~午後4時頃 ※12月31日は午後3時までとなります
  • 定休日/元日のみ ※12月~2月は団体予約(5名様以上)のみ運行
  • 乗船場所/伊予大島 下田水港
  • お問い合わせ/0898-25-7338(株式会社しまなみ 営業本部)

今治城 (いまばりじょう)

築城の名手として名高い藤堂高虎の築城術が随所に見られる難攻不落の城。海水を堀に引き込んだ日本三大水城の1つです。毎日、日没30分後から23時までライトアップされた幻想的で美しい城を見ることができます。

  • 愛媛県今治市
  • 観覧料/一般:500円/学生:250円/団体割引(20人以上):2割引 (※2019年7月12日現在の情報です)
  • 開館時間/午前9時~午後5時
  • 休館日/12月29日~12月31日、その他展示替など、運営上必要なとき
  • アクセス/JR予讃線「今治駅」からせとうちバス「今治営業所行き」で約7分「今治城前」下車
  • 所在地/愛媛県今治市通町3-1-3
  • お問い合わせ/0898-31-9233

タオル美術館 (たおるびじゅつかん)

タオルとアートを融合したタオルミュージアムです。製造工程見学や四季折々の表情を見せるヨーロピアンガーデンなど見どころ満載です。

  • 愛媛県今治市
  • 入館料/大人:800円/中高生:600円/小学生:400円/小学生未満:無料 (※2019年7月12日現在の情報です)
  • 開館時間/9:30~18:00 ※土曜・連休(最終日除く)は延長営業
  • 休館日/2020年1月14日 / 2020年1月23日
  • アクセス/JR今治駅からタクシーで約25分
  • 所在地/愛媛県今治市朝倉上甲2930
  • お問い合わせ/0898-56-1515

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集