開港から150年以上経った神戸。明治時代に外国人居留地として栄えてきた土地ですが、現在でもその異国情緒あふれる建物がたくさん残っており、SNS映えすると観光客に人気です。そんな神戸のおすすめスポットをご紹介します。

神戸ポートタワー

港町神戸の美しい赤色のランドマークタワー「神戸ポートタワー」

写真提供:©一般財団法人神戸観光局

神戸ポートタワーは、1963年の開業から50年以上、港町神戸を見守っている神戸港のランドマークタワー。神戸のウォーターフロントの中心にあり、独特のパイプ構造からなる鼓(つづみ)を細長くしたような外観で、昼は美しい赤い姿で、夜は周囲の夜景を際立たせるイルミネーションで港町を彩っています。地上3階層と展望5階層があり、最上階の展望5階からは、神戸の港とにぎやかな街並み、六甲山系を楽しむことができます。展望3階は床が回転するフロア、展望1階には床がガラス貼りの「スカイウォーク」も。港を散策するなら、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

src=

神戸ポートタワー

住所

〒650-0042 神戸市中央区波止場町5-5

営業時間

3月~11月 9:00~21:00 (最終入場 20:30)
12月~2月 9:00~19:00 (最終入場 18:30)

定休日

なし

料金

大人 700円 小人(小・中・高)300円

アクセス

○電車でのアクセス
 神戸市営地下鉄「みなと元町駅」から徒歩約5分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

078-391-6751

サイトURL

神戸海洋博物館

海・船・港の“これまで”と“これから”を学べる博物館「神戸海洋博物館」

  • 美術館・博物館

神戸開港120年記念事業として1987年に開館した、白いスペースフレームが目印の博物館です。ここでは、神戸港開港から今日までの歴史や神戸港の役割と機能など、時代とともに移り変わる港と街の様子ををわかりやすく紹介しています。操船シミュレーターなどの体験型コンテンツもあるので、海好きなお子さんはぜひ挑戦してみてください。また、震災で得た教訓を後世に伝えていくために、阪神淡路大震災で崩れたメリケン波止場の一部を、「神戸港震災メモリアルパーク」として遺しています。神戸港開港と共に歩んできた川崎重工業による併設の企業博物館「カワサキワールド」もぜひ見学してみてください。

src=

神戸海洋博物館

住所

〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2

営業時間

10:00~18:00(最終入館 17:30)

定休日

月曜日(祝日の場合は翌日休館)

アクセス

◯電車でのアクセス
 神戸市営地下鉄「みなと元町駅」から徒歩約10分
 JR・神戸市営地下鉄「新神戸駅」から車で約15分
◯車でのアクセス
 阪神高速道路3号神戸線「京橋」出口から約5分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

078-327-8983

サイトURL

風見鶏の館

ドイツ人貿易商が住んでいた、国指定重要文化財の異人館「風見鶏の館」

写真提供:神戸北野異人館 風見鶏の館

明治末期頃、かつて神戸に住んでいた、ドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏が自邸として建てた風見鶏の館(旧トーマス住宅)。北野・山本地区に現在残っている異人館の中でも、れんがの外壁の建物は唯一この館しか残っておりません。その貴重さから、国の重要文化財にも指定されています。尖塔の上に立つ風見鶏は魔除けやキリスト教の教勢を発展させる効果があるとされ、北野町のシンボル的な存在です。全体にドイツ伝統様式を取り入れつつ、アール・ヌーヴォーの雰囲気を感じさせます。

src=

風見鶏の館

住所

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町3-13-3

営業時間

9:00~18:00(入館は17:45まで)

定休日

6月・2月の第1火曜日(定休日が祝日の場合、翌日休)

料金

大人 500円 高校生以下 無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR・阪急電鉄・阪神電鉄「三宮駅」から北へ徒歩約15分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

078-242-3223

サイトURL

うろこの家・展望ギャラリー

3,000枚ものスレートで覆われた外壁が目を引く「うろこの家・展望ギャラリー」

  • 美術館・博物館

明治・大正期に欧米人が住んだ西洋建築の建物が多く残る神戸・北野町。北野の異人館の中でもうろこの家は、国の登録有形文化財にも指定されている、神戸で最初に公開された異人館です。3,000枚もの天然石のスレートで覆われた外壁が、魚のうろこにそっくりなことから「うろこの家」という愛称があります。館内には、ヨーロッパのアンティーク家具や名磁器のコレクションも豊富に展示されています。隣接する展望ギャラリーでは、西洋絵画や地元作家の絵画の展示も。3階の展望ギャラリーからは神戸の街を一望することができます。西洋骨董品や名磁器コレクション、ガラス工芸品が豊富に展示されているのでぜひお立ち寄りください。

src=

うろこの家・展望ギャラリー

住所

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町2-20-4

営業時間

春夏 4月~9月 9:00~18:00
秋冬 10月~3月 9:00~17:00
営業時間が変更になる場合があります。詳しくはHPを確認してください。

定休日

なし
臨時休館となる場合があります。詳しくはHPを確認してください。

料金

大人 1,000円

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR・阪急電鉄・阪神電鉄「三宮駅」から徒歩約20分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

0120-888-581

サイトURL

神戸布引ハーブ園

絶景を見渡すロープウェイで行く、日本最大級のハーブ園「神戸布引ハーブ園」

神戸布引ハーブ園は、約200種・7万5,000株ものハーブや植物を楽しむことができる日本を代表するハーブ園です。標高約400mの山の上にあり、神戸布引ロープウェイで山頂へと向かいます。ロープウェイを降り立ったとたん、四季折々の花が咲き誇るウェルカムガーデンが出迎えてくれるのが印象的です。園内ではドイツの古城「ヴァルトブルク城」をモチーフにした憩いの広場から始まり、展望レストハウス2階にある「ザ・ハーブダイニング」では朝摘みのハーブをふんだんに使った至福のランチが味わえます。テーマの異なる12のガーデンを巡りながら、「ザ・ヴェランダ神戸」で神戸の絶景を楽しんだり、ハンモックで一休み。香りの資料館で約80種類の天然エッセンシャルオイルの香り比べもおすすめです。

src=

神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

住所

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3

営業時間

ロープウェイ上り時刻 9:30~16:45
※3/20~11/30の土日祝、7/20~8/31の全日は、~20:15

定休日

なし
※ナイター営業時は展望エリアのみ入園可
※強風や雷発生時には運休・休園する場合がございます。
※ロープウェイ年次点検のため、冬季2月に約2週間の運休・休園を予定。

料金

入場料(ロープウェイ乗車+ハーブ園入園)
往復 大人 1,500円 小人 750円 
片道 大人 950円 小人 480円
ナイター料金(17:00以降、往復のみ) 大人 900円 小人 550円

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR・神戸市営地下鉄「新神戸駅」から徒歩約5分、神戸布引ロープウェイで約10分「ハーブ園山頂駅」下車

駐車場

なし ※周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

078-271-1160

サイトURL

六甲ガーデンテラス

日本でも有数の眺望スポットで移り変わる大パノラマの絶景「六甲ガーデンテラス」

写真提供:©一般財団法人神戸観光局

  • 絶景

六甲ガーデンテラスは、六甲山の山頂付近に位置する展望複合施設です。有名な「1000万ドルの夜景」が楽しめるのはもちろん、複数の飲食店舗とショップも併設されているので、季節のグルメやショッピングも楽しめます。展望スペースから見渡すパノラマの景色はとても美しく、明石海峡や大阪平野、関西国際空港など、和歌山から四国までワイドに広がる絶景を一望できます。展望施設はいくつかありますが、その中でも注目したいのが「自然体感展望台 六甲枝垂れ」。六甲山の四季折々の景色を体感でき、またLED照明を使って四季を表現するライトアップイベントも人気です。

src=

六甲ガーデンテラス

住所

神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

営業時間

9:30~21:00 ※季節・曜日・天候・店舗により異なる。

定休日

なし ※店舗により定休日あり ※冬季エリアメンテナンス休業日あり

料金

無料 ※「自然体感展望台 六甲枝垂れ」は有料。(大人310円、小人(4歳~小学生)210円)

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「六甲道駅」から神戸市営バスで「六甲ケーブル下」駅下車、六甲ケーブル「六甲山上」駅下車、六甲山上バス「六甲ガーデンテラス」下車すぐ。

駐車場

あり

駐車料金

500円 繁忙設定日1,000円 ※駐車料金は変更の場合があります。

電話番号

078-894-2281

サイトURL
  • 夜景

掬星台

日本三大夜景の感動的な美しさが楽しめる「掬星台」

写真提供:©一般財団法人神戸観光局

  • 夜景

摩耶山の掬星台(きくせいだい)といえば、日本三大夜景のひとつとして有名です。「星が手で掬(すく)えそうなほど身近に見える展望台」という意味通りの夜景を見ることができます。標高約690mの高さのところにあるため、訪れる際はケーブルカーやロープウェイを乗り継ぐ必要があります。大阪方面から神戸市街の景色が日没から空が青く染まり、街に明かりが灯り始めるところが見どころです。空気が澄む冬なら、関西国際空港まで見渡せます。標高が比較的高いため、年間を通して涼しい風が吹き抜けます。服装には注意してお出かけください。

src=

掬星台

住所

〒657-0105 神戸市灘区摩耶山町2-2

アクセス

◯電車でのアクセス 
 摩耶ケーブル下までは
 ・阪急「王子公園南」、阪神「岩屋駅」、JR神戸線「灘駅」から坂バス
・各線 三宮、阪急「六甲駅」、JR神戸線「六甲道駅」から18系統のバス
いずれも「摩耶ケーブル下」で下車し、まやビューライン(ケーブル・ロープウェイ)に乗り継ぎ「星の駅」下車すぐ

駐車場

あり(掬星台から徒歩約10分のところにある「天上寺前駐車場」をご利用ください)
周辺での路上駐車は禁止されています。

駐車料金

1日500円

電話番号

078-843-7001 灘区役所(平日8:45~17:30)

サイトURL
  • 動物園・水族館

神戸どうぶつ王国

花・動物・人がふれあい、共生する「神戸どうぶつ王国」

  • 動物園・水族館

神戸どうぶつ王国は、神戸市立王子動物園と人気を二分する、神戸を代表する動物園です。特徴はなんといっても、間近で動物を観察できること。カピバラやワオキツネザル、ミナミコアリクイやナマケモノなどの動物が王国内に放し飼いにされており、檻の外でのびのびと歩く姿を見ることができます。またショーの中でも1番人気の「バードパフォーマンスショー」では、コンゴウインコやハヤブサが至近距離ではばたくため、大迫力です。兵庫県神戸市中央区のポートアイランドに位置し、屋外施設と屋内施設があるため雨天でも楽しめます。

src=

神戸どうぶつ王国

住所

〒650-0047 神戸市中央区港島南町7-1-9

営業時間

平日 10:00~16:00(最終入園15:30)
土日祝 10:00~17:00(最終入園16:30)
※営業時間は変動あり。公式HPにてご確認ください。

定休日

木曜日 (※祝日や繁忙期は休まず営業)

料金

入園料金
大人1,800円、小学生1,000円、幼児(4歳・5歳)300円、シルバー(65歳以上)1,300円

アクセス

◯電車でのアクセス
 三宮からポートライナーで14分、「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車すぐ
 ※2021年6月から駅名が変更になります。
  京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)駅 →
  計算科学センター(神戸どうぶつ王国・「富岳」前)駅
◯車でのアクセス
 阪神高速3号神戸線「生田川IC」から約15分

駐車場

あり ※800台

駐車料金

500円/24時間

電話番号

078-302-8899

サイトURL

兵庫県立美術館

安藤忠雄氏の建築も注目!文化の復興のシンボル「兵庫県立美術館」

  • 美術館・博物館

阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして建てられた、西日本最大級の美術館です。前身である近代美術館時代から購入や受贈により数多くの作品を収集しており、その数は10,000点を超えると言われています。この美術館を設計したのは、兵庫県とゆかりの深い安藤忠雄氏。第2展示棟では、安藤氏が阪神淡路大震災からの復興のため行ったプロジェクト、安藤氏が兵庫県で建築した建築模型やドローイングなどの展示が紹介されています。そのほかにも金山平三氏や小磯良平氏など、兵庫ゆかりの作家の作品群も鑑賞することができます。兵庫の底力を、芸術家たちが生み出した作品から感じてみてください。

src=

兵庫県立美術館

住所

〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

営業時間

10:00~18:00(特別展開催中の金・土曜日は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで

定休日

月曜日(祝休日の場合は翌日)ただしGW、シルバーウィークは開館
年末年始(12/31、1/1)
メンテナンス休館(8/30~9/6)

料金

一般 500円
70歳以上 250円
大学生 400円
高校生以下は無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「灘駅」から徒歩約10分 
◯車でのアクセス 
 阪神高速3号神戸線「摩耶ランプ」から約5分

駐車場

あり

駐車料金

2時間まで400円 以降30分毎200円

電話番号

078-262-0901

サイトURL
  • グルメ
  • 美術館・博物館

能福寺

幾多の困難を乗り越え灯火を守り続ける「能福寺」

写真提供:©一般財団法人神戸観光局

  • 神社仏閣

能福寺(兵庫大仏)は日本の天台宗の開祖である最澄によって創建された、日本最初の密教教化霊場として知られています。本殿は歴代皇族の墓所として知られる、京都東山の月輪御陵(つきのわのごりょう)の拝殿を移築したもの。歴代天皇も参拝なさっているほど、由緒正しい建物です。もうひとつの見どころは日本三大仏のひとつ、兵庫大佛。第二次世界大戦時、金属回収令によって解体されましたが、1991年に再建されました。阿弥陀三尊は、本堂御本尊として安置されており、1953年に播州太山寺より請来されたもの。境内の建築物、仏像、碑文ひとつひとつに歴史と心が織り込まれています。

src=

能福寺

住所

〒652-0837 兵庫県神戸市兵庫区北逆瀬川町1-39

営業時間

10:00~16:00

定休日

なし

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「兵庫駅」から徒歩約10分
 神戸市営地下鉄「中央市場前駅」から徒歩約10分
◯車でのアクセス
 阪神高速神戸線「柳原ランプ」から約5分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

078-652-1715

サイトURL

神戸ドールミュージアム

世界的に珍しいオートマタ人形が見られる「神戸ドールミュージアム」

  • 美術館・博物館

世界中の人形と機械仕掛け人形を収集し、歴史・文化情報を発信している小さなミュージアムです。表情豊かで癒されるアンティークビスクドールや、世界的にも珍しいオートマタ(機械仕掛け人形)のメカニズムの面白さを伝えることを目的とし、西洋人形の歴史や文化などの情報も発信しています。さまざまな角度から人形を見ることができる面白さをぜひ体験してみてください。3階にある多目的ルームでは、人形制作、ドールハウス、工芸作品、アクセサリーなどの各種アートの教室が開催されています。2020年7月から「神戸時計デザイン博物館」もこちらでご覧いただけます。

src=

神戸ドールミュージアム

住所

〒655-0037 兵庫県神戸市垂水区歌敷山1-7-20

営業時間

11:00~17:00

料金

高校生以上1,000円、小・中学生800円

定休日

月曜日・水曜日・土曜日・日曜日
※完全予約制

アクセス

◯電車でのアクセス
 山陽電鉄「霞ケ丘駅」から徒歩約7分
◯車でのアクセス
 第二神明道路「高丸IC」から約7分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

078-705-0080

サイトURL


まとめ

神戸は風見鶏の館やうろこの家・展望ギャラリーなどからわかるように、開港以来の建物をとても大切にしてきました。そのため、この街でしか観られないようなクラシカルな建物をたくさん観ることができます。神戸に観光で訪れた際は、ぜひご紹介したスポットへ足を運んでみてください。


※最新の基本情報は公式サイトをご確認下さい
※2020年12月1日時点の情報です

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング