日本最北・最大の都道府県である北海道。独自の文化や風習が残る北海道には、本州では見ることのできない貴重な自然やグルメなどを楽しむことができます。魅力が多い北海道の中でも、特に観光しておきたいスポットを紹介していきます。

旭川市旭山動物園

動物の展示方法がユニークで人気な「旭川市旭山動物園」

  • 動物園・水族館

北海道屈指の人気スポット。約100種類、680頭ほどの動物を展示しています。特に人気なのは「ほっきょくぐま館」。2カ所の展示場所の1つに巨大プールが設置されており、ホッキョクグマがダイナミックに泳ぐ姿を観察できます。もう1ヶ所では堀を利用して檻のない放飼場にホッキョクグマを放すことで、陸上にいるホッキョクグマを観察できるようになっているなど、動物の習性や特性がよくわかるように展示されていることでも有名です。また「シールズアイ(カプセル)」でアザラシの視点からホッキョクグマを観察することができるコーナーもあります(シールズアイは現在休止中)。飼育スタッフが動物に餌を与えながら解説を行う「もぐもぐタイム」は大人にも子どもにも大人気(屋内の もぐもぐタイムは現在休止中)。

src=

旭川市旭山動物園

住所

〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼

営業時間

夏期開園  4月下旬~10月中旬 9:30~17:15(最終入園16:00)
      10月中旬~11月上旬 9:30~16:30(最終入園16:00)
夜の動物園 8月上旬~8月中旬 9:30~21:00(最終入園20:00)
冬期開園  11月上旬~4月上旬 10:30~15:30(最終入園15:00)
※年度により変動するため詳細は公式サイトをご確認下さい

定休日

11月上旬、年末年始、4月上旬~下旬
※年度により変動するため詳細は公式サイトをご確認下さい

料金

大人(高校生以上)1,000円、子ども(中学生以下) 無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR線「旭川駅」からタクシーで約30分
 JR線「旭川駅」からバスで約40分
〇車でのアクセス
 道央自動車道「旭川北IC」から約20分
 道央自動車道「旭川鷹栖IC」から約35分

駐車場

あり

駐車料金

無料(一部民間有料駐車場あり)

電話番号

0166-36-1104

サイトURL

登別温泉

温泉のデパートとも呼ばれる国内有数の温泉地「登別温泉」

  • 温泉

質も人気も国内トップクラスの温泉地。自然湧出量1日1万tの豊富な湯量と、多種類の多彩な泉質が特長です。江戸末期から温泉地として発展し、明治末期には日露戦争の傷病兵保養地として利用されたとも伝わる、歴史のある温泉街です。特有の白濁色のお湯が特徴的。多種類の温泉が湧出していることから、「温泉のデパート」とも呼ばれています。旅館もそれぞれ個性的。たとえば5つの源泉を有する「温泉天国」第一滝本館、最上階にある空中露天風呂がある登別石水亭、珍しいドーム型ローマ風呂がある登別グランドホテルなど、好みに合わせて選べるお風呂がこの一帯に用意されています。温泉地には源泉かけ流しの温泉銭湯もあり、温泉のはしごをしたいのであれば便利です。

src=

登別温泉

住所

〒059-0551 北海道登別市登別温泉町

アクセス

◯車でのアクセス
 JR室蘭本線「登別駅」から約15分
 道央自動車道「登別東IC」から約8分

駐車場

あり(各利用施設に問合せ)

電話番号

0143-84-3311 一般社団法人 登別国際観光コンベンション協会

サイトURL

洞爺湖

国内で3番目に大きいカルデラ湖「洞爺湖」

  • 自然

丸い形が特徴的な、国内で3番目に大きいカルデラ湖。ほとりには温泉街があります。ロープウェイ、カヌーなどアクティビティも充実。温泉街から出航している遊覧船は中島を巡る約50分の湖上クルーズで、大島、弁天島、饅頭島、弁天島に隠れた観音島などを見ることができます。どれも無人島なので、静かでどこか神秘的な雰囲気が漂っています。唯一下船可能な大島には「洞爺湖森林博物館」があり2021年4月にオープン予定の博物展示施設とフットパスコースをトレッキングできるようになっています(大島への下船は4月下旬~10月末のみ)。天気がよければ有珠山や昭和新山、遠くに羊蹄山が見え、洞爺湖の自然美を満喫することができます。

src=

洞爺湖

住所

〒049-5724 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」から道南バス、またはタクシーで約20分
◯車でのアクセス
 道央自動車道「虻田洞爺湖IC」から約5分

駐車場

あり

電話番号

0142-75-2446 一般社団法人 洞爺湖温泉観光協会

サイトURL

阿寒湖

火山の噴火によって生まれた湖「阿寒湖」

  • 自然

阿寒摩周国立公園の中にある、火山の噴火によって生まれた湖。阿寒湖ではマリモがキャラクター的に人気を博しており、マリモ観察ができる遊覧船クルーズなども用意されています。「マリモ観察展示センター」にもぜひお立ち寄りを。またベニザケが湖に残留した陸封型であるヒメマスが生息していたり、周辺にアイヌ文化に触れられるアイヌコタンがあったりと、見どころは多めです。厳冬期の湖一面が氷で覆われる景色も美しく人気です。阿寒湖の氷の上で行うワカサギ釣りや澄み切った夜空に打ち上げる花火など、冬にしか見られない光景もたくさんあります。4月になると、「砕氷クルーズ」で北海道の春の到来を感じることができます。四季の移り変わりを、一年中楽しむことができるスポットです。

src=

阿寒湖

住所

〒085-0467 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6-7

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR根室本線「釧路駅」からバスで約1時間10分
◯車でのアクセス 
 「釧路空港」から約1時間10分

駐車場

あり

電話番号

0154-67-3200 特定非営利活動法人阿寒観光協会まちづくり推進機構

サイトURL

屈斜路湖

国内最大のカルデラ湖「屈斜路湖」

  • 自然

国内最大のカルデラ湖にして、日本第6位の面積を持つ湖。アイヌ語で湖や沼の出口を意味する「クッチャロ(のど元)」に由来しています。火山活動から生まれた湖だけあって、湖畔には多くの温泉があります。水がきれいで、8割の水源が湧き水とも言われています。そんなきれいな水を求めて、夏にはキャンプやカヌーなどのアクティビティを楽しむ人々が、冬にはシベリアからたくさんの白鳥たちがやってきます。南側にはひょうたんを半分にしたような形の和琴半島があり、キャンプや混浴露天風呂が観光客に人気です。

src=

屈斜路湖

住所

北海道川上郡弟子屈町

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR釧網本線「摩周駅」からバスで約20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

015-482-2940 弟子屈町役場 観光商工課 観光振興係

サイトURL

あさひかわ北彩都ガーデン

旭川駅直結、北海道の自然を楽しめる「あさひかわ北彩都ガーデン」

旭川駅に直結したまちの中心にある珍しいロケーションのガーデン。面積はおよそ12ヘクタール!約350種類の花木類・宿根草が植えられています。また、忠別川や大雪山など身近な大自然をゆっくり眺めることができます。駅南側のアウネの広場は広々とした芝生が広がり、木陰でゆっくりとくつろげます。ガーデンセンターのある神人の森は、遊具のある宮前公園に隣接。無料駐車場や授乳室を利用できるので、家族連れでも安心して利用できます。季節ごとの花々を眺めながらの散歩やピクニックに最適です。

src=

あさひかわ北彩都ガーデン

住所

〒078-8392 北海道旭川市宮前2条1

営業時間

5月~10月 9:00~18:00
11月~4月 9:00~17:00

定休日

月曜日 ※月曜祝日の場合は翌平日
年末年始

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「旭川駅」からガーデン駅南エリア「アウネの広場」に直結
◯車でのアクセス
 道央自動車道「旭川鷹栖IC」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0166-74-5966

サイトURL

モエレ沼公園

彫刻家イサム・ノグチがデザインした美しい都市公園「モエレ沼公園」

  • 公園

モエレ沼公園は、廃棄物埋立地を緑化して造成された都市公園で、彫刻家のイサム・ノグチが公園全体を設計しました。ガラスのピラミッド”HIDAMARI”や海の噴水、幾何学形態が印象的な、さまざまなモニュメントを園内で見ることができ、ノグチの世界観を肌で感じられます。春には桜が咲き、夏には水遊び場や噴水がオープン。また秋は紅葉、冬は雪景色とともにクロスカントリースキーやソリ遊びを楽しめる自然とアートが融合した公園です。

src=

モエレ沼公園

住所

〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

営業時間

7:00~22:00(入場は21:00まで)

定休日

なし

料金

無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 札幌市営地下鉄東豊線「環状通東駅」からバスで約25分、「モエレ沼公園東口」下車、徒歩約10分
◯車でのアクセス
 札樽自動車道「雁来IC」から約15分
 札樽自動車道「伏古IC」から約10分
 丘珠空港から約20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

011-790-1231

サイトURL

羊蹄山

美しい北海道の富士山「羊蹄山」

富士山に似た姿から蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山。日本百名山のひとつにも数えられており、道内外から観光客でにぎわっています。周辺には豊かな自然が広がり、雪解け水が湧き出す名水スポットが数多く存在します。7月~8月には100種類以上の高山植物が花を咲かせ、130種以上の野鳥が生息。倶知安町の奥にたたずむ羊蹄山の姿はどこから見ても美しく感じられます。お気に入りの、のどかな風景をぜひ見つけてみてください。

src=

羊蹄山

住所

〒044-0131 北海道虻田郡倶知安町字比羅夫

アクセス

※羊蹄登山口(倶知安コース登山道)
◯電車でのアクセス 
 JR函館本線「倶知安駅」から道南バス約12分、「羊蹄登山口」で下車約25分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-23-3388 倶知安町役場 観光課(羊蹄山管理連絡保全協議会事務局)

サイトURL

支笏湖

日本最北にある不凍湖「支笏湖」

  • 自然

淡水の湖で、日本最北にある不凍湖。透明な湖水が最高に美しく、透明度と水質の良い支笏湖の澄んだ水は、光に照らされることで「支笏湖ブルー」と言われる青色の輝きを放ちます。また、この水は周辺の自然も豊かにしています。

src=

支笏湖

住所

〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR千歳駅から北海道中央バス支笏湖線にて終点「支笏湖駅」まで約40分
 新千歳空港から北海道中央バス支笏湖線にて終点「支笏湖駅」まで約1時間
◯車でのアクセス
 JR千歳線「千歳駅」から車で約30分
 新千歳空港から約40分 
 国道453号線「千歳IC」から約50分

駐車場

あり

駐車料金

乗用車 500円

電話番号

0123-25-2404 ビジターセンター

サイトURL

さっぽろテレビ塔

札幌のシンボルで塔内も家族一緒に楽しめる「さっぽろテレビ塔」

大通り公園内にあるシンボル。展望台からは、大通公園を始め札幌を一望できます。また塔内には人気キャラクター「テレビ父さん」モチーフの神社やおみくじなどが用意されていて、家族で楽しめます。札幌の中心に位置するさっぽろテレビ塔なので、撮影スポットもたくさん。大通公園や市内の至る所でその姿をとらえることができるので、季節を通じて変化する景色と一緒に自分なりの撮影スポットを探してみるのも楽しいでしょう。

src=

さっぽろテレビ塔

住所

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西1

営業時間

9:00~22:00

定休日

不定休(設備点検日は終日休業)

料金

大人(高校生以上) 800円、小人(小学生・中学生) 400円 幼児(未就学児) 無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 札幌市営地下鉄東西線・南北線「大通駅」から徒歩約5分
 札幌市営地下鉄東豊線 「大通駅」すぐ
 JR北海道函館本線「札幌駅」南口から徒歩約15分
◯車でのアクセス
 札樽自動車道「札幌北IC」から約15分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

011-241-1131

サイトURL

白金青い池

幻想的な雰囲気が人気の湖「白金青い池」

  • 絶景

立ち枯れのカラマツとブロック堰堤にたまった水が幻想的な風景を生み出している、人気の湖。北海道美瑛町の白金温泉近くにあり、一年中四季折々の絶景を楽しめます。紅葉と青い池の組み合わせも大変美しくておすすめです。青い池の色は、太陽光線つまり天候に影響され、緑がかって見える時もあれば、ライトブルーに見える時もあります。もし特定の色になった時を狙って訪れたい場合は、当日だけでなく直前数日間の天気もチェックが必要です。秋や冬にはライトアップも実施され、その姿は昼とはまた違った美しさを見せてくれます。

src=

白金青い池

住所

〒071-0235 北海道上川郡美瑛町白金

営業時間

駐車場の利用時間
5月~10月 7:00~19:00
11月~4月 8:00~21:30

定休日

災害等の影響及び緊急事態宣言の発令等により一時閉鎖する場合あり

料金

無料

アクセス

◯車でのアクセス
 JR富良野線「美瑛駅」から約20分

駐車場

あり

駐車料金

普通車 500円

電話番号

0166-94-3355

サイトURL

小樽三角市場

その場で作ってもらえる海鮮丼が魅力!「小樽三角市場」

  • グルメ

小樽三角市場は小樽駅からすぐのところにある、昔から愛されてきた市場です。全長約200mの細い道の左右に軒を連ねるお店。入口は小さいですが、小樽の食に関するプロや地元の人も通っており、小樽の台所となっています。6店舗のお食事処があり、朝から開いているので、朝食を食べに行くのもおすすめです。朝7時から夕方5時まで食事を楽しめます。こちらで人気なのは、市場で買った商品をその場で調理してもらってオリジナル丼を作ってもらうこと! 海鮮丼だけでなく、ラーメンやカレーなどあたたかいメニューもぜひ食べてみてください。

src=

小樽三角市場

住所

〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-10-16

営業時間

開市   6:00〜17:00※店舗によって異なる
お食事処 7:00〜17:00※店舗によって異なる

定休日

元旦

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR函館本線「小樽駅」すぐ
◯車でのアクセス
 「新千歳空港」から約1時間20分
 JR在来線「札幌駅」から約40分

駐車場

あり

駐車料金

30分/120円(駅横駐車場)
さらに小樽三角市場で買い物や食事をすると2000円以上で1時間無料

電話番号

0134-23-2446

サイトURL

大雪山国立公園

希少種が今も住む、日本で最も広い山岳国立公園「大雪山国立公園」

  • 公園

大雪山国立公園は、北海道の屋根とも言われています。公園の面積は約23万ヘクタールもあり日本最大の国立公園です。北海道の最高峰・旭岳を主峰とする黒岳などの大雪山連峰や、十勝岳・トムラウシ山などの山々が連なっています。アイヌの人々にも「カムイミンタラ—神々の遊ぶ庭」と呼ばれ、親しまれています。氷河期の生き残りといわれるナキウサギやウスバキチョウ、然別湖固有種のミヤベイワナなど希少な生態系の宝庫。姿見の池では水面に映る旭岳の姿と高山植物を楽しめるので、散策におすすめです。

src=

大雪山国立公園

住所

北海道富良野市、上川郡上川町、上川郡東川町、上川郡美瑛町、空知郡上富良野町、空知郡南富良野町、河東郡士幌町、河東郡上士幌町、河東郡鹿追町、上川郡新得町

アクセス

◯電車から主な利用拠点(温泉地)へのアクセス
 JR根室本線「帯広駅」から十勝バスで約1時間40分、「ぬかびら源泉郷」下車
 JR「旭川駅」から道北バスで約1時間50分、「層雲峡温泉」下車
 JR「旭川駅」から旭川電気軌道で約1時間40分、「旭岳温泉」下車

駐車場

各温泉地などにある公共駐車場が利用できます

電話番号

01658-9-4400 層雲峡ビジターセンター
0166-97-2153 旭岳ビジターセンター 
01564-4-2323 ひがし大雪自然館

サイトURL

六花亭

北海道のお土産の定番「六花亭 帯広本店」

六花亭は、北海道土産の定番として知られるお菓子を多数販売しているお菓子メーカーです。日本で初めてホワイトチョコレートを開発・販売したことでも知られています。一番の人気商品は「マルセイバターサンド」。レーズンとホワイトチョコレートが入ったバタークリームを、クッキーで挟んだ逸品です。六花亭創業の地にある帯広本店では、マルセイバターサンドなど六花亭の定番お菓子を購入できるのはもちろんのこと、イートインスペースでできたてのお菓子をいただけます。いちおしは「サクサクパイ」。サクサク感を堪能するために、なんと賞味期限が3時間に設定されています。期間限定のスイーツも多数用意されているので、さまざまな六花亭のお菓子を楽しんでみることをおすすめします。

src=

六花亭 帯広本店

住所

〒080-0012 北海道帯広市西2条南9丁目6

営業時間

店舗  9:00~18:00
喫茶室 11:00~16:30(L.O. 16:00)

定休日

喫茶室のみ水曜定休

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR根室本線「帯広駅」から徒歩約6分
◯車でのアクセス
 道東自動車道「音更帯広IC」から約20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0155-24-6666

サイトURL

五稜郭公園

星のような五角形が特徴的な、四季折々の姿が美しい「五稜郭公園」

  • 公園

星形五角形を呈する外観から五稜郭と呼ばれています。明治に函館戦争の舞台となり、大正3年からは「五稜郭公園」として一般開放されました。今では花見時期には約1,530本の桜が咲き誇り、桜の名所としても人気です。桜以外にも、フジ、ツツジ、スイレンなどの花が咲きます。堀の外周は一周1,800mほどの遊歩道で、ジョギングやウォーキングを楽しむ市民も多いです。冬は、凍った堀に雪が積もって味わい深い景色を堪能できます。四季折々の美しい景色を眺めることができます。

src=

五稜郭公園

住所

〒040-0001 北海道函館市五稜郭町44

営業時間

4月~10月 5:00~19:00(郭内)
11月~3月 5:00~18:00(郭内)
外周園路については24時間散策可能です。

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「五稜郭駅」から市電「五稜郭公園前」から徒歩約15分
 JR「五稜郭駅」から函館バスで約20分、「五稜郭公園入口」から徒歩約10分

駐車場

なし(周辺の有料駐車場をご利用ください)

電話番号

0138-31-5505

サイトURL


まとめ

広大な自然を持つ北海道では、美しい自然がたくさん堪能できます。訪れたいスポットが多い観光地のひとつではありますが、ぜひ北海道に旅行するのであれば、紹介したスポットを検討してみてください。


※2020年12月1日時点の情報です。
※最新情報は各施設の公式サイトをご確認下さい。

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング