北海道札幌市の奥座敷にあるスパリゾート

自然を感じる大浴場

定山渓は、自然を大いに感じられる温泉地として、札幌市内のお客様からも人気があります。そんな札幌の奥座敷にあるスパリゾート、定山渓ビューホテルを紹介します。札幌駅周辺とホテル間は、所要時間約1時間で、ホテル無料送迎バスも運行(※事前予約制)。札幌旅行の疲れを癒すのにぴったりの温泉宿です。

定山渓ビューホテルの3つの魅力

  1. ウォーターアミューズメント「水の王国・ラグーン」で遊ぶ
  2. 塩化物泉の温泉で体の芯まで温まる
  3. 選べる3つのレストラン

1.水の王国・ラグーン

「水の王国・ラグーン」は総面積4000㎡を誇る屋内温水プール。

パレットピア号は、さながら海上に浮かんだ船のような遊具で、よじ登ったり滑り台で遊んだり、お子さまの遊び場としてぴったり。スプラッシュリバーはスピード感を楽しむアトラクションです。

深さ15cmのベビー用のプール「パルパル」もあります。こちらは赤ちゃんのプールデビューにぴったり。(水遊び用オムツ着用)

2.温泉で体の芯まで温まる

北海道屈指の名湯、定山渓温泉の泉質は、無色透明のナトリウム塩化物泉。

肌に付着した塩分が汗の蒸発を防いでくれるので、湯冷めしにくく身体がポカポカになります。冷え性の方におすすめです。

ホテル最上階にある展望大浴場「星天」は、目の前に定山渓の山々が広がり、四季折々の景色や、名前の由来になっている夜空にきらめく星々を眺めることができます。

3.選べる3つのレストラン

レストラン「グランシャリオ」は700名を収容できる大型ビュッフェレストラン。80品以上の豊富なメニューを好きなだけ楽しめる、家族旅行におすすめのレストランです。

「プレミアムダイニング」はモダンな雰囲気が漂う美食空間。目の前で職人が握ってくれる寿司や、その場で揚げる天ぷらなど、上質な食事を楽しめます。

「食事処うらら香」は、全席が半個室で落ち着いた内装です。北海道の旬の食材を使った季節感のある懐石料理を味わえます。

定山渓ビューホテルのプラン

定山渓ビューホテルへのアクセス

src=

■住所
 〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東2-111-2
■電話番号
 011-598-3223
■電車利用の場合
 JR札幌駅より路線バスで約1時間
■車でのアクセス
 道央自動車道 北広島ICより約1時間
■新千歳空港からのアクセス
 新千歳空港よりリムジンバで約1時間30分
■送迎
 送迎(送り):ホテル前→大通西3丁目まで 10:00発 事前連絡が必要です。
 先着予約制
 送迎(迎え):(受付場所)札幌市中央区大通り西4丁目道銀ビル地下1階 
 地下鉄大通駅 出口9 14:00発 事前連絡が必要です。
 先着予約制(1団体10名様まで)
■駐車場
 あり(無料)

定山渓温泉周辺の観光スポット

札幌もいわ山ロープウェイ

雄大なパノラマ広がる標高513mの藻岩山。眼下には札幌市街を、遠くには山々が連なり石狩平野や石狩湾をも望むことができます。昼間の壮大な眺めはもちろん、日没後に輝きを増す夜景も見事。長崎と北九州共に「日本新三大夜景」に選ばれた札幌の美しさを堪能してください。

サッポロビール博物館 (さっぽろびーるはくぶつかん)

2016年4月に全面リニューアル。1876年に開業した『開拓使麦酒醸造所』から現在のサッポロビールに繋がる伝統と志を、迫力満点の6Kシアター(プレミアムツアーのみで上映)、様々な展示、試飲(有料)などを通して体感することができます。自由見学(無料)も可能です。

  • 北海道札幌市
  • 料金/入館料無料※ビール・ノンアルコールビールテイスト飲料・ソフトドリンクのテイスティング、おつまみは有料 (予約制のプレミアムツアーあり※有料)
  • 営業時間/11:00~20:00(入館は19:30まで)
  • 休館日/年末年始、臨時休館日 ※毎週月曜日(祝日の場合は翌日)は、自由見学のみ可
  • アクセス/①地下鉄東豊線「東区役所前」駅より徒歩約10分②JR函館本線「苗穂駅」下車、北口より徒歩約8分
  • 所在地/北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1
  • お問い合わせ/011-748-1876(受付時間 10:00~17:30)

さっぽろテレビ塔

地上90.38mの展望台からは眼下に札幌市街を、遠くに日本海や石狩平野をも望む情景が広がります。さっぽろホワイトイルミネーションや雪まつり期の、煌めく夜景も魅力的です。

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集