国内屈指のウィンターリゾートとして有名なニセコエリア。札幌から車で約2時間で羊蹄山(ようていざん)やニセコアンヌプリといった名峰に抱かれた北海道らしい大自然を満喫できます。春夏秋冬を通じて楽しめる、ニセコの観光スポットをご紹介します!

ニセコモイワスキーリゾート

コンパクトながら豊富なコースでパウダースノーを満喫「ニセコモイワスキーリゾート」

ニセコを代表する山・アンヌプリの奥にあるモイワ山のスキー場。全8コースとコンパクトなつくりながら4人乗りのクワッドリフトを備え、非圧雪のパウダースノーやバックカントリーさながらのツリーランコースから、羊蹄山を望む展望コース、林間コース、初心者向けのコースまで、山の地形を活かした多彩な滑りが楽しめます。食事や休憩は、麓のセンターロッジや隣接する宿泊施設「LODGE MOIWA834」のレストランで。センターロッジではレンタルやスクールも利用できます。海外からも旅行者が集まるリゾートタイプのスキー場が多いニセコエリアの中にあって、ローカル感のあるスキー場として地元の人々にも親しまれているスキー場です。

src=

ニセコモイワスキーリゾート

住所

〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ448

営業時間

12月上旬〜4月上旬
8:30~15:30

定休日

営業期間中は無休

料金

オンシーズン(1日券)
大人4,800円、シニア4,300円、高校・大学生3,800円、小・中学生1,000円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」からタクシーで約10分
〇車でのアクセス
新千歳空港から国道276号線、札幌市内から国道230号線で約2時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-59-2511

サイトURL

ニセコアンヌプリ国際スキー場

ワイドなコースでマイペースに楽しめる「ニセコアンヌプリ国際スキー場」

標高1,308mのアンヌプリ山の裾野にある4つのスキー場の中でも、特に家族連れにおすすめのスキー場です。全体的に幅が広く傾斜が緩やかなゲレンデが特徴で、どんなレベルの人でもマイペースにニセコの上質な雪を楽しむことができます。シンボル的存在の「ニセコアンヌプリゴンドラ」を利用すれば、山麓から一気に頂上付近へ。晴れた日には羊蹄山周辺の大パノラマを観ることができます。また、ゲレンデ内にレストランやカフェ、山麓にホテルや温泉宿など、ゆっくり過ごせる施設も充実。周辺には温泉も多く、冬ならではの雪見風呂めぐりを楽しめるロケーションも人気の理由の一つです。

src=

ニセコアンヌプリ国際スキー場

住所

〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ485

営業時間

レギュラーシーズン①※営業時間 8:30~16:30
レギュラーシーズン②※営業時間 8:30~20:00

定休日

期間中無休

料金

レギュラーシーズン① 1日券 大人5,100円、シニア・中学生3,900円、小学生3,100円
レギュラーシーズン② 1日券 大人5,600円、シニア・中学生4,100円、小学生3,300円
アーリーシーズン   1日券 大人4,700円、シニア・中学生3,600円、小学生2,800円
スプリングシーズン  1日券 大人4,700円、シニア・中学生3,600円、小学生2,800円
ファイナルシーズン  1日券 大人3,600円、シニア・中学生3,200円、小学生2,600円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」からタクシーで約10分
〇車でのアクセス
「新千歳空港」から国道276号(美笛峠経由)で約2時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-58-2080

サイトURL

ニセコビレッジスキーリゾート

ダイナミックなゲレンデが上級者に人気「ニセコビレッジスキーリゾート」

縦長のコースレイアウトが特徴的で、多彩な長距離コースが揃うスキー場。ダイナミックな急斜面が人気で、上級者や外国人観光客が多く集まります。もちろん、ビギナーや子どもでも楽しめる初級者向けのコースも充実。正面に羊蹄山を眺めながら、白樺をはじめとする美しい北海道の原生林の中、パウダースノーのロングランを楽しむことができます。スキー・スノーボードはもちろん、スノーモービル体験やスノーシューツアーなどのアクティビティが豊富なのも魅力の一つ。麓には5つのリゾートホテルとショッピング&ダイニングエリアも併設され、温泉やスパ、食事、買い物と贅沢な時間を過ごせる、一大スノーリゾートです。

src=

ニセコビレッジスキーリゾート

住所

〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉

営業時間

8:30~16:30
ナイター営業期間 16:30~20:00
12月上旬~4月上旬

定休日

なし

料金

オンシーズン 1日券 大人6,200円、小学生3,800円、中学生・シニア4,700円
オフシーズン 1日券 大人4,700円、小学生2,900円、中学生・シニア3,600円
トップシーズン 1日券 大人8,100円、小学生4,900円、中学生・シニア6,500円
スプリングシーズン 1日券 大人5,700円、小学生3,500円、中学生・シニア4,600円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」からバスで約10分、「ヒルトンニセコビレッジ」下車徒歩約1分、もしくはタクシーで約10分
 JR函館本線「倶知安駅」からバスで約25分、「ヒルトンニセコビレッジ」下車徒歩約1分、もしくはタクシーで約25分
〇車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から約15分
 JR函館本線「倶知安駅」から約30分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-44-2211

サイトURL

ニセコアンヌプリゴンドラ

標高約1,000mの絶景をゴンドラで体験「ニセコアンヌプリゴンドラ」

  • 絶景

標高1,308mのニセコアンヌプリ山の麓にあるニセコアンヌプリ国際スキー場のゴンドラ。冬はスキー客で賑わうゴンドラは、7月~10月の夏季も運行しています。6人乗りのゴンドラで山麓駅から、標高約1,000mの山頂駅までは約10分。山頂駅付近の展望台からは、箱庭のようなニセコの街並みと雄大な羊蹄山、洞爺湖や有珠山までを見渡すことができます。夏の爽やかな緑や紅葉に染まる山々をゴンドラから見下ろすのも贅沢な体験。隣接するスキー場「ニセコマウンテンリゾート グランヒラフ」の「サマーゴンドラ」との相互利用も可能なので、違うゴンドラでひと味違う風景を楽しみながら帰りましょう。

src=

ニセコアンヌプリゴンドラ

住所

〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ485

営業時間

9:00~16:30(上り最終 16:00 / 下り最終 16:30)

定休日

不定休

料金

往復 大人(中学生以上)1,300円、子ども(小学生)650円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」からタクシーで約10分
〇車でのアクセス
「新千歳空港」から国道276号(美笛峠経由)で約2時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-58-2080

サイトURL

北海道ライオンアドベンチャー

大自然を満喫できるアクティビティが充実「北海道ライオンアドベンチャー」

北海道ライオンアドベンチャーはニセコを中心に、北海道の大自然とともにアウトドアを楽しめる体験プランを提供している会社です。アクティビティは、ラフティング(川下り)をメインに、1人乗りのカヤック・ダッキー、トレッキング、サイクリング、熱気球の係留フライトなど、夏の北海道を楽しむ豊富なメニューが揃っています。また、紅葉や雪景色の季節の川下りもおすすめです。ニセコ以外に、千歳エリアや定山渓(じょうざんけい)エリアでのアウトドアが体験できるメニューもあります。拠点となるニセコ駅近くのオフィス「ニセコベース」では観光案内にも対応。ニセコの観光をアクティブに楽しみたい人は、ぜひ立ち寄ってみてください。

src=

北海道ライオンアドベンチャー

住所

〒048-1512 北海道虻田郡ニセコ町中央通60-4

営業時間

4月初旬~10月 8:00~20:00
11月~4月初旬 9:00~17:00

定休日

なし

料金

ラフティング 大人5,500円、小学生3,960円
ニセコ清流下り 大人4,950円、小学生3,740円、幼児(3歳以上)1,100円
ダッキー レッスンコース 大人5,500円(保護者と同乗で小学生も可3,960円)
トレッキング 大人3,850円、小学生2,750円
サイクリング 大人4,400円、小学生3,740円
千歳川清流下り 大人4,950円、小学生3,740円、幼児(3歳以上)1,100円

アクセス

○電車でのアクセス
 ニセコベース:JR函館本線「ニセコ駅」から徒歩約5分
〇車でのアクセス
 リバーベース:「京極町ふきだし公園」から倶知安方面へ約5分
 熱気球会場:道央自動車道「札幌IC」から国道230号経由で約2時間30分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-43-2882

サイトURL

ニセコ髙橋牧場

羊蹄山の絶景も新鮮牛乳を使ったグルメも満喫できる「ニセコ髙橋牧場」

  • 自然

搾りたてのミルクを使ったソフトクリーム、ロールケーキ、プリンなどが揃うスイーツショップ「ミルク工房」が人気のニセコ髙橋牧場。ほかにも敷地内には、地元の野菜を使った料理が人気のレストラン「プラティーヴォ」、チーズ工場に併設されたピザショップ「マンドリアーノ」、お土産選びにぴったりな雑貨店や野菜の直売所などが並んでいます。ニセコアンヌプリ山の麓にある牧場の広い敷地から雄大な羊蹄山を望むことができるロケーションは、ニセコ観光の記念撮影におすすめ。北海道らしいグルメと絶景が満喫できる、ニセコを観光するなら外せないスポットです。

src=

ニセコ髙橋牧場

住所

〒048-1522 北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1

営業時間

ミルク工房 9:30~18:00 (冬季は~17:30)

定休日

元旦

料金

入場無料(体験は別途料金がかかります)

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」からタクシーで約10分
〇車でのアクセス
「新千歳空港」から国道276号(美笛峠経由)で約2時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-44-3734

サイトURL

道の駅 ニセコビュープラザ

地元グルメのテイクアウトもおすすめ「道の駅 ニセコビュープラザ」

  • グルメ

国道5号線沿いにある「道の駅 ニセコビュープラザ」は、近郊からも多くの人が訪れる人気の道の駅です。何と言っても楽しみなのは、地元農家の新鮮な野菜が並ぶ農産物の直売所や、チーズ・ソーセージ・お菓子・地酒などが揃う特産品コーナーでのお買い物。新鮮なミルクを使ったスイーツ、北海道産豚肉のソーセージ、ニセコ産のじゃがいもを使ったコロッケなどが食べられる、地元の人気店が出店しているテイクアウトコーナーも見逃せません。中庭のベンチに座って羊蹄山を眺めながら食べる地元グルメは格別です。ドライブの途中でのひと休みにも、ニセコのお土産選びにもぴったりのスポットです。

src=

道の駅 ニセコビュープラザ

住所

〒048-1544 北海道虻田郡ニセコ町元町77-10

営業時間

情報プラザ棟9:00~18:00
農産物直売所8:30~18:00(4月下旬~10月) 9:00~17:00(11月~4月下旬)
テイクアウトコーナー9:30~16:30(4月下旬~10月) 10:00~16:00(11月~4月下旬)

定休日

情報プラザ棟 1月1日
フリースペース棟
・農産物直売コーナー 年末年始
・テイクアウトコーナー 店舗によって異なる、年末年始

料金

入場無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から徒歩約35分
〇車でのアクセス
 後志自動車道「余市IC」から約1時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-43-2051 株式会社ニセコリゾート観光協会

サイトURL

有島記念館

ニセコゆかりの作家の生涯と作品、ニセコの歴史に触れる「有島記念館」

  • 美術館・博物館

有島記念館は、大正期の小説家・有島武郎が狩太村(現・ニセコ町)に所有していた有島農場や武郎の生涯を紹介するため、昭和53年(1978)年、ニセコ町が設立した博物館施設です。
近年、武郎の芸術振興の精神を継承した若手芸術家に焦点を当てた美術展開催や、町唯一の博物館施設として郷土資料の収集などにも力を入れています。さらに、イラストレーター・藤倉英幸さんが北海道各地の風景を描いた貼り絵コレクションの公開や、音楽コンサートや講演会なども随時開催して、ニセコ町の文化的拠点として活動しています。
羊蹄山やニセコ連山を一望できるブックカフェ「有島記念館×高野珈琲店」では、有島武郎の作品から着想を得た自家焙煎のオリジナルブレンドコーヒーを楽しむことができ、人気のスポットとなっています。ミュージアムショップでは、当館のオリジナルグッズやニセコエリアで活動する木工作家の作品を販売しています。

src=

有島記念館

住所

〒048-1531 北海道虻田郡ニセコ町有島57

営業時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日

月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)
年末年始

料金

一般500円、高校生100円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から徒歩約30分、もしくはタクシーで約5分
〇車でのアクセス
「新千歳空港」から国道276号(美笛峠経由)で約2時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-44-3245

サイトURL

アトリエ・ギャラリー風山菴

ニセコゆかりの画家・府川誠のギャラリー「アトリエ・ギャラリー風山菴」

  • 美術館・博物館

アトリエ・ギャラリー風山菴(ふうさんあん)は、画家・府川誠氏のギャラリー兼アトリエです。地平線を感じさせる広々とした畑、その中に佇む木々と広い空…北海道の自然をシンプルな構図とあたたかい色彩で描く府川氏の作品を観ることができます。神奈川県生まれの府川氏は、1998年に羊蹄山の東側に位置する喜茂別町の旧羊蹄小学校にアトリエを、2002年にニセコ町にギャラリーとアトリエを移転するなど、ニセコ周辺を拠点に活動を続けています。その作品は、北の大地の風景を基調にイメージをふくらませて描かれているとのこと。不定休のため、訪れる際は事前に電話でご確認下さい。

src=

アトリエ・ギャラリー風山菴

住所

〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ404-30

営業時間

不定

定休日

不定休

料金

無料

アクセス

〇電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から10km
〇車でのアクセス
 道道岩内洞爺線R66

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-59-2211

サイトURL

ニセコ大橋

尻別川に架かる知る人ぞ知るニセコの絶景スポット「ニセコ大橋」

  • 絶景

ニセコ大橋は、ニセコ街の中心部を流れる尻別川と函館本線をまたいで架かる道路橋です。黄色いアーチ型をしたその姿は、ニセコ駅からも眺めることができます。1994年に完成したこの橋は、ニセコの市街地とニセコ連峰をつなぐ道道66号岩内洞爺線の一部であり、ニセコの町の南北をつなぐシンボル的存在。車で通る時はもちろん歩道からも、下を流れる尻別川とニセコ駅から、ニセコアンヌプリ山や羊蹄山までを眺めることができる隠れたビュースポットです。

src=

ニセコ大橋

住所

〒048-1522 北海道虻田郡ニセコ町

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から徒歩約10分
〇車でのアクセス
「新千歳空港」から国道276号(美笛峠経由)で約2時間

駐車場

あり(ニセコ大橋横駐車場)

駐車料金

無料

電話番号

0136-44-2468 株式会社ニセコリゾート観光協会

第2有島ダチョウ牧場

羊蹄山を背景にのびのび暮らすダチョウと記念撮影「第2有島ダチョウ牧場」

道道230号線にある「第2有島ダチョウ牧場」は、広々と開けた牧場の向こうに見える羊蹄山と青い空という、北の大地の雄大な景色の中を、ダチョウがのびのびと歩いているというミスマッチが面白いと人気のスポットです。羊蹄山を背景にダチョウと写真が撮れるのはここだけ。放牧の期間中は販売機を利用してエサやりもできます。牧場では飼育から加工品の販売までを一貫して行っており、食育にも力を入れています。施設内でダチョウの肉や卵、牛肉の加工品(現在ダチョウ肉と牛肉は取り扱っておりません、たまごは産卵期に数量限定で販売する場合がございます)を購入できるほか、ダチョウと間近に触れ合えるガイドツアー(ガイドツアーは冬季のみ)も。ダチョウの卵を使用した人気のお菓子「どら焼きさんど」は敷地内のカフェでいただくこともできます。

src=

第2有島ダチョウ牧場

住所

〒048-1543 北海道虻田郡ニセコ町豊里239-2

営業時間

5月初旬~11月初旬

定休日

期間中無休

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」からタクシーで約10分もしくはデマンドバスで約10分
〇車でのアクセス
「新千歳空港」から国道276号(美笛峠経由)で約2時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

090-8273-8324

サイトURL

宮田ビューポイントパーキング

羊蹄山の美しい姿を望むことができる「宮田ビューポイントパーキング」

  • 絶景

北海道を代表する名峰・羊蹄山の裾野に広がるニセコ町では、さまざまな観光スポットから羊蹄山の姿を間近に望むことができます。車で観光するなら、気軽に立ち寄れる駐車場がある「ビューポイント」がおすすめ。国道5号沿いのニセコ町内に2か所あるビューポイントの一つが「宮田ビューポイントパーキング」です。ニセコ駅から車で10分ほどのところにある「宮田ビューポイントパーキング」からは、農地越しに美しい羊蹄山を望むことができます。天気がよければ、ビューポイントからニセコアンヌプリや昆布岳を見渡すことも。四季折々に表情を変える羊蹄山とニセコの風景を満喫したいなら外せないスポットです。

src=

宮田ビューポイントパーキング

住所

〒048-1552 北海道虻田郡ニセコ町宮田

アクセス

〇車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から約10分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

011-709-2311 国土交通省 北海道開発局 建設部 道路計画課 企画第2係

サイトURL

ニセコ五色温泉旅館

時間を忘れて過ごせるニセコ連峰に抱かれた温泉「ニセコ五色温泉旅館」

  • 温泉

ニセコ五色温泉旅館は標高約750m、ニセコアンヌプリとイワオヌプリの登山口に位置する旅館です。館内のお風呂は、広々とした内湯と開放的な露天風呂の2種類。ニセコ連峰の大自然に囲まれた旅館ではお風呂や客室からも大自然を眺められ、時間を忘れて過ごすことができます。「仙境」ともたとえられる山奥の秘湯ムードと、硫黄を含む滑らかな源泉かけ流しの温泉が魅力の五色温泉。夏は登山、冬はスキーの疲れを癒すのにもぴったりです。雪解けの時期の鮮やかな新緑、赤と黄色に染まる秋の山々、冬の一面の銀世界と四季折々に表情を変えるニセコの大自然を、露天風呂につかりながら満喫してください。

src=

ニセコ五色温泉旅館

住所

〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ510

営業時間

日帰り入浴 9:00~20:00(5月~10月) 10:00~19:00(11月~4月)

定休日

なし

料金

日帰り入浴 大人(中学生以上)800円、子ども(5歳~小学生) 500円

アクセス

〇車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から約25分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-58-2707

サイトURL

ニセコグランドホテル

2種類の泉質が楽しめる!珍しい混浴風呂まで楽しめる「ニセコグランドホテル」

  • 温泉

ニセコグランドホテルは、2種類の泉質を一度に堪能できる温泉があるのが特徴です。「しっとりの湯」にはナトリウム‐塩化物泉によって保湿できる作用が、もう一つの「すべすべの湯」にはナトリウム‐炭酸水素塩泉によって古い角質を洗い流してくれる作用があります。また天然の保湿成分であるメタケイ酸が平均以上に含まれているなど、温泉ソムリエも太鼓判を押すほど美肌効果が期待できる温泉です。そして2つの泉質が混ざり合った庭園風混浴風呂は、家族やカップルが一緒に入浴できるのがうれしいポイント。湯浴衣をレンタルすることができるので、女性の方もご安心を。1954(昭和29)年には昭和天皇・皇后両陛下がご来館されており、お食事を召し上がる際に使用された食器などが館内に展示されています。昭和天皇が「甘露である」とお喜びになったことから名づけられたニセコ連山の湧き水「甘露水」は、ホテルの向かいにある「さかもと公園(私有地)」の一角にあります。訪れたら、ぜひその名水の味わいを堪能してみてください。

src=

ニセコグランドホテル

住所

〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ412

営業時間

日帰り入浴 11:30~21:00

料金

日帰り入浴 大人(中学生以上)900円、子ども450円

アクセス

〇電車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から夏期・冬期限定バスあり
 ※運行状況は事前に要問い合わせ 0136-44-2001 ニセコバス株式会社
〇車でのアクセス
 JR函館本線「ニセコ駅」から約10分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0136-58-2121

サイトURL


まとめ

スキー・スノーボードから、夏のアクティビティ、北海道らしい雄大な景観まで、ニセコは春夏秋冬を通じて楽しめる観光スポットが満載です。北の大地が育むグルメや湧き水、温泉と合わせて、ニセコの大自然をぜひ楽しんでください。


※2021年3月1日時点の情報です。
※最新情報は各施設の公式サイトをご確認下さい。

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング