一生に一度は見たい世界トップの劇場公演!

海外にある、本場の劇場に足を運んでみましょう。今までに見たことのない美しさや迫力に魅了されること間違いなしです。ここでは、世界三大劇場についてご紹介します。

中世を思わせる劇場内部

中世を思わせる劇場内部

世界三大劇場とその魅力

  1. イタリアオペラの最高峰!スカラ座(イタリア)
  2. 「オペラ座」オペラ・ガルニエ(フランス)
  3. 5~11月が狙い目!コロン劇場(アルゼンチン)

1.スカラ座(イタリア)

イタリア・ミラノにあるスカラ座は、イタリアオペラ界の最高峰です。

イタリアの作曲家プッチーニの代表作「蝶々夫人」や「トゥーランドット」の初演が行われた劇場です。創建は1778年。1946年に大改修されて、周りの景色と調和した重厚な石造りの建物として生まれ変わりました。約135人のミュージシャンで構成された、世界最高峰のオーケストラによる音楽とともに、一流のオペラやバレエを観覧できます。

また、併設されている博物館では、長年にわたり活躍した芸術家、作曲家、歌手、ダンサー達の痕跡を見学できます。

2.オペラ・ガルニエ(フランス)

フランス・パリのオペラ・ガルニエは、日本では「オペラ座」の名で親しまれています。1874年、シャルル・ガルニエによって設計・建設されました。

元々は、オペラやバレエを鑑賞する場所であり、上流階級の人々の社交場でもありました。観覧席へと続く白の大理石でできた大階段は、その象徴的な存在です。1989年に「オペラ・バスティーユ」というオペラ専用の劇場が完成したこともあり、現在では主にバレエやオーケストラの公演が行われています。

ガイド付きツアーがおすすめです。歴史や建築などオペラ座の理解を深めて、知的好奇心を満たしましょう。

3.コロン劇場(アルゼンチン)

世界三大劇場の一つ、コロン劇場は、アルゼンチンの首都ブエノスアイエスにあるオペラ劇場です。

ブエノスアイレスは、スペインやイタリア、フランスの影響を強く受けているため、市内の各所に中世ヨーロッパの面影を残す建物があります。コロン劇場もその一つで、1908年に建てられた石造りの外観が特徴的な建築です。

おすすめの旅行シーズンは5~11月。ヨーロッパのオペラ界がオフシーズンの時期に、世界中から有名なオーケストラが押し寄せます。多くの公演がコロン劇場で行われ、付近は大いににぎわいます。

ミラノ(イタリア)

ただいまツアーはございません

パリ(フランス)

ただいまツアーはございません

ブエノスアイレス(アルゼンチン)

ただいまツアーはございません

スカラ座(イタリア)へのアクセス

src=

■住所
 Via Filodrammatici, 2, 20121 Milano MI, Italy
■電話番号
 02)72003744
■電車でのアクセス
 地下鉄1・3号線ドゥオーモ(Duomo)駅より徒歩5分
■駐車場
 なし

オペラ・ガルニエ(フランス)へのアクセス

src=

■住所
 Place de l'Opéra, 75009 Paris, France
■電話番号
 +33 1 71 25 24 23
■電車でのアクセス
 地下鉄3,7,8号線オペラ(Opera)駅より徒歩1分
■駐車場
 あり(有料)

コロン劇場(アルゼンチン)へのアクセス

src=

■住所
 Cerrito 628, C1010 CABA, アルゼンチン
■電話番号
 +54 11 4378-7100
■電車でのアクセス
 地下鉄D線トゥリブナレス駅より徒歩1分
■五月広場からのアクセス
 徒歩10分
■駐車場
 あり(有料)

注目の特集