エリア別で見る

関東エリア

日光国立公園

日光国立公園は、昭和9(1934)年12月4日に誕生した歴史の古い国立公園です。世界遺産にも登録された神社仏閣をはじめとする数々の歴史的建造物とそれを取り巻く自然景観との見事な融合が見られます。首都圏からの鉄道や自動車によるアクセスが良好であり、手軽に自然や歴史文化に親しむことができます。

交通アクセス
  • 宇都宮駅からJR日光線で約50分

公園周辺へ行くツアーを探す


尾瀬国立公園

尾瀬国立公園は、昭和9(1934)年に日光国立公園の一部として指定されていましたが、平成19(2007)年に日光国立公園から尾瀬地域を分割し会津駒ヶ岳、田代山、帝釈山など周辺地域を編入して、29番目の国立公園として指定されました。尾瀬は、「日本の自然保護運動の原点」とも呼ばれています。

交通アクセス
  • 上毛高原駅からバスで約2時間、戸倉からバスで約25分

秩父多摩甲斐国立公園

秩父多摩甲斐国立公園は、関東平野の西方に横たわる奥秩父主稜を中心とした山々と多様な渓谷が特徴的な山岳公園であり、東西約70km、南北約40kmの広さを有しています。国立公園としては首都圏に最も近く、交通の便も良いため、公園には多くの利用者が訪れ、ハイキング、登山、キャンプ、釣り、沢登りなど、様々な楽しみ方で、自然に親しむことができます。

交通アクセス
  • 立川駅からJR青梅線で約35分、青梅駅からJR青梅線で約20分、御嶽駅からJR中央線で約20分

公園周辺へ行くツアーを探す


小笠原国立公園

小笠原国立公園は、日本列島から約1,000km南に位置する亜熱帯の島々で構成されています。これらの島々は大陸と陸続きになったことがない「海洋島」であり、独自の進化を遂げた動植物や生態系が広がっていることから、平成23年6月、世界自然遺産に登録されました。

交通アクセス
  • 浜松町駅から徒歩約10分、竹芝駅(竹芝客船ターミナル)から船で約25時間30分、父島から船で約2時間

公園周辺へ行くツアーを探す


富士箱根伊豆国立公園

富士箱根伊豆国立公園は、温泉や山岳信仰などの地域文化とも関わりの深い変化に富んだ火山地形によって特徴付けられる、日本で来訪者が最も多い国立公園です。大洋の火山列島である伊豆諸島、火山島が本州と陸続きになった伊豆半島、カルデラの箱根、そしてこれら名勝地の背景にそびえる富士火山とその裾野の4地域から成り立っています。

交通アクセス
  • 大月駅から富士急行線で約45分、河口湖駅からバス等

公園周辺へ行くツアーを探す


南アルプス国立公園

南アルプス国立公園は、日本で氷河が存在した痕跡のある最も南の場所で、高山帯には2万年前頃に造られた氷河地形・周氷河地形が現存しています。また、古くから山岳信仰の対象でもあり、自然環境のみならず、文化の継承にとっても重要な地域です。

交通アクセス
  • 環境省公園詳細ページをご確認ください。

公園周辺へ行くツアーを探す