外国の方にも人気の関東屈指の観光地・日光。美しい大自然に囲まれた日光では、歴史ある日光二荒山神社のほか、鬼怒川温泉なども人気です。日光に行きたい方なら必見の、おすすめ観光名所をご紹介します。

華厳ノ滝

高さが97m! 日本有数の大迫力を間近に見られる「華厳ノ滝」

  • 自然

華厳ノ滝は日本三大名瀑の一つにも数えられている、高さ97mの大瀑布です。中禅寺湖の水が高さ97mの岸壁を一気に落下する勢いには力強さを感じずにはいられません。展望所からは自然が作り出した雄大さと美しさ、その両方を楽しむことができます。華厳滝エレベーターに乗れば滝つぼ近くまで行けるので、滝を大迫力で見られます。5月は新緑が滝を彩り、6月には無数のツバメが行き交い、1~2月は凍り付いてブルーアイスに彩られた細い小滝が見られるなど、四季を感じる滝の姿を堪能できると評判。周辺では、景色だけでなくゆばカツや華厳だんごなどグルメも楽しめます。

src=

華厳ノ滝

住所

〒321-1661 栃木県日光市中宮祠

営業時間

12月~2月 9:00~16:30
3月~4月  9:00~17:00
5月~11月 8:00~17:00
※ただし、季節・気象状況により時間変更あり

定休日

なし ※天候等の影響で、急遽運休になることがあります

料金

大人570円、小学生340円

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「日光駅」・東武線「東武日光駅」からバスで約40分、「中禅寺温泉バスターミナル」下車徒歩約5分

駐車場

あり

駐車料金

320円

電話番号

0288-22-1525 日光市観光協会代表番号

サイトURL

日光二荒山神社

日光山信仰の起点である由緒正しき神社「日光二荒山神社」

  • 神社仏閣
  • 世界遺産

1200年以上前、勝道上人(しょうどうしょうにん)が開いたとされている日光山。日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は日光山信仰の始まりとなった古社で、世界遺産「日光の社寺」として日光東照宮、日光山輪王寺の建築群と共に登録されています。二荒山(現在の男体山)をご神体として祀り、古くから下野国の一の宮として信仰を集めていました。主祭神は招福や縁結びの神様である大己貴命(おおなむちのみこと)で、現在では縁結びのご利益で人気になっています。木造朱塗りの美しい橋「神橋」は国の重要文化財であり「日光の社寺」の玄関ともいえる橋。「日光二荒山神社」を訪れた際には、ぜひ一緒に訪れたいです。

src=

日光二荒山神社

住所

〒321-1431 栃木県日光市山内2307

営業時間

4月~10月  8:00~17:00
11月~3月  8:00~16:00
※受付は閉門30分前に終了

定休日

なし

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「日光駅」・東武鉄道「東武日光駅」から東武バス日光で約7分、「西参道」下車後、徒歩約7分。

駐車場

あり

駐車料金

普通車 500円

電話番号

0288-54-0535

サイトURL

鬼怒川温泉

日光観光の拠点にも最適な関東屈指の温泉街「鬼怒川温泉」

  • 温泉

江戸時代に発見され、当時は日光詣の僧侶や大名のみが入ることを許された由緒正しき温泉です。「関東の奥座敷」とも称されており、都内から約2時間で気軽に行ける温泉街として関東在住者にも人気を博しています。泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効果的とされています。古くから「傷は川治、火傷は滝(鬼怒川)」と呼ばれ、効能と高い温泉として知られています。それでいて無味無臭でくせがなく、肌にも優しい泉質であることも人気の理由のひとつ。また豊かな自然に囲まれ、EDO WONDERLAND 日光江戸村や東武ワールドスクウェアなどのテーマパークも多く、世界遺産の日光の社寺まで車で30分ほどと、日光市内観光の拠点にも最適です。

src=

鬼怒川温泉

住所

〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原

アクセス

○電車でのアクセス
 東武鉄道「鬼怒川温泉駅」下車すぐ

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

0288-22-1525  日光市観光協会

サイトURL

神橋

日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋「神橋」

  • 世界遺産

日光二荒山神社の建造物であり、世界遺産「日光の社寺」の玄関口として大谷川の清流にかかる神聖な橋です。日光山を開山した勝道上人が急流に行く手を阻まれた際、二匹の蛇から山菅という植物が生えてきて渡れるようになったという伝説が伝えられています。そのため「山菅の蛇橋」と呼ばれることも。古くから神聖な橋として大切にされてきたため、神事・将軍社参・勅使・幣帛供進使などが参向のときのみ使用されていました。現在は橋の上を歩くことはできますが、渡り切ることはできないようになっています。

src=

神橋

住所

〒321-1401 栃木県日光市上鉢石町

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「日光駅」・東武鉄道「東武日光駅」から徒歩約20分、もしくはバスで約5分「神橋」下車すぐ
〇車でのアクセス
 日光宇都宮道路「日光IC」から約5分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

0288-54-0535 日光二荒山神社

サイトURL

日光山 輪王寺

東日本で最も大きな本堂を持つ、日光を代表する世界遺産のひとつ「日光山 輪王寺」

  • 世界遺産
  • 神社仏閣

日光東照宮や日光二荒山神社と共に、「日光の社寺」として世界遺産に登録されている日光山 輪王寺は、お堂や塔、15の支院全体の総称です。1250年以上前に、日光開山の祖・勝道上人が創建した四本龍寺が現在の輪王寺の始まりであり、日光東照宮や日光二荒山神社よりも古い歴史があります。比叡山・東叡山と並ぶ天台宗大本山のひとつにも数えられています。境内には22もの国宝や重要文化財が建てられていますが、中でも日光山最大の木造建造物として有名なのが「三仏堂」。日光三山の本地仏をまつるお堂として知られています。千手観音(男体山)・阿弥陀如来(女峰山)・馬頭観音(太郎山)三体の御本尊がまつられています。

src=

日光山 輪王寺

住所

〒321-1431 栃木県日光市山内2300

営業時間

4月〜10月 8:00(開門)〜17:00(閉門)
11月〜3月 8:00(開門)〜16:00(閉門)
※各期間とも受付は閉門30分前に終了
※年度によって変動するため詳細は公式ページをご確認下さい

定休日

なし

料金

輪王寺券(三仏堂・大猷院)大人900円、小・中学生400円
三仏堂単独拝観券 大人400円、小・中学生200円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「日光駅」・東武鉄道「東武日光駅」から東武バスで約7分、「勝道上人像前」下車すぐ

駐車場

あり

駐車料金

一般車 500円

電話番号

0288-54-0531

サイトURL

滝尾神社

伝説と自然が共存する日光のパワースポット「滝尾神社」

  • 神社仏閣

日光二荒山神社の別宮で、日光東照宮や日光二荒山神社の敷地から歩いて約30分ほどの山中にある神社です。鮮やかな朱塗りの楼門が特徴的です。本殿のご祭神は二荒山神社の主祭神の妃神である「田心姫命(たごりひめのみこと)」。海の神、航海の神として信仰されています。見どころはいくつかありますが、人気なのは笹に願いを込めると縁が結ばれるといわれる「縁結びの笹」、子宝が授かると言われている「子種石」、鳥居の小さな穴に石を3回投げて1つでも穴を通ったら良いことがあるといわれる「運試しの鳥居」などです。また、境内で最も神聖な場所と言われる本殿の御神木「滝尾三本杉」も見ておきましょう。近くには白糸の滝もある、自然と共存するパワースポットです。

src=

滝尾神社

住所

〒321-1431 栃木県日光市山内

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「日光駅」・東武鉄道「東武日光駅」からバスで約5分、「東照宮東参道入口 ホテル清晃苑前」下車、徒歩約25分
〇車でのアクセス
 日光宇都宮道路「日光IC」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0288-54-0535 日光二荒山神社

サイトURL

家光廟大猷院

国宝で彩られた、三代将軍徳川家光公の眠るお堂「家光廟大猷院」

  • 神社仏閣

境内の中にある、315基の灯篭が印象的な徳川幕府三代将軍・徳川家光公の廟所(墓所)です。ちなみに大猷院(たいゆういん)とは、家光公の諡号(しごう)です。家光公が祖父である徳川家康公を崇拝していたこともあり、家康公を祀る日光東照宮の方角を見守るように建っていますので、現地に行ったら確かめてみてください。拝殿・相の間・本殿には狩野探幽・永真兄弟による唐獅子や狩野一門による龍の絵、家光公の鎧などを見ることができます。阿形と吽形の金剛力士像が安置されている仁王門と、日光の境内で一番大きな門である二天門は、いずれも重要文化財です。家光公の遺言によって日光東照宮よりも落ち着いた造りの廟所ですが、注目すべき点が多いスポットです。

src=

家光廟大猷院

住所

〒321-1431 栃木県日光市山内2300

営業時間

4月~10月 8:00~17:00
11月~3月 8:00~16:00
(各期間とも受付は閉門30分前に終了)
※年度に変動するため詳細は公式ページをご確認下さい

定休日

なし ※拝殿内に入れない日時があるためご注意ください

料金

単独拝観券(大猷院券) 大人550円、小・中学生250円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「日光駅」・東武鉄道「東武日光駅」から東武バスで約7分「西参道」下車、徒歩約5分

駐車場

なし

電話番号

0288-54-0531

サイトURL

イタリア大使館別荘記念公園

中禅寺湖畔にある国際避暑地の歴史を持つ「イタリア大使館別荘記念公園」

  • 公園

明治中頃から昭和初期にかけての中禅寺湖畔には、各国の大使館や多くの外国人別荘が建てられ、国際避暑地として発展した歴史があります。このイタリア大使館別荘記念公園は、昭和3年にイタリア大使館の別荘として建てられ、平成9年まで歴代の大使が実際に使用していた建物です。本邸と副邸の2棟があり、本邸は床板や建具・家具などを再利用して復元されています。杉皮張りで仕上げられた内外装も大きな特徴。また、副邸ではリゾートとしての中禅寺湖の歴史を知ることができる「国際避暑地歴史館」として整備されています。豊かな自然の中でゆったりと過ごす避暑生活を彷彿とさせる園内で、中禅寺湖の風景を堪能してみませんか。

src=

イタリア大使館別荘記念公園

住所

〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482

営業時間

4月 9:00~16:00
5月~11月10日 9:00~17:00
11月11日~11月30日9:00~16:00
※年度によって変動するため詳細は公式ページをご確認下さい

定休日

6月~10月 無休
4月、5月、11月 月曜日(祝日の場合、翌日以降に振り替え)

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「日光駅」・東武鉄道「東武日光駅」から東武バスで「中禅寺温泉」下車、徒歩約35分
〇車でのアクセス
 日光宇都宮道路「清滝IC」からいろは坂経由約50分、県営歌ヶ浜駐車場(無料)から徒歩約15分

駐車場

県営歌ヶ浜駐車場

駐車料金

無料

電話番号

0288-55-0880 日光自然博物館

サイトURL

栃木県立日光自然博物館

奥日光の情報発信基地「栃木県立日光自然博物館」

  • 美術館・博物館

華厳ノ滝と中禅寺湖のそばに位置する、奥日光の自然や歴史を紹介している栃木県立日光自然博物館。地域の情報発信基地として、ハイキングコースの案内や、自然体験イベントの開催など幅広い活動が行われています。館内には奥日光の地形と成り立ちや湿原などを紹介する自然系展示室、勝道上人の事跡と日光の修験道、避暑地としての日光の歴史が学べる人文系展示室があります。そのほか、4kハイビジョンの迫力ある映像と臨場感あふれる音響で奥日光を紹介する四季彩ホールなどもあります。レンタル自転車も行っていますので、この博物館を拠点に、中禅寺湖や華厳滝、竜頭滝をめぐってみてはいかがでしょうか。

src=

栃木県立日光自然博物館

住所

〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2480-1

営業時間

4月~11月10日 9:00~17:00
11月11日~3月 10:00~16:00
※閉館時間の30分前までにご入館ください
※年度によって変動するため詳細は公式ページをご確認下さい

定休日

6月~10月 無休
11月~5月 月曜日
(祝日の場合、翌日以降に振り替え)
年末年始

料金

大人(高校生以上)510円、子ども(4才~中学生) 260円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR日光線「日光駅」・東武鉄道「東武日光駅」から東武バス「中禅寺温泉・湯元温泉行き」に乗り換え、「中禅寺温泉」下車すぐ
〇車でのアクセス
 日光宇都宮道路「清滝IC」から約50分

駐車場

県営華厳第一駐車場

駐車料金

1台1回 /320円

電話番号

0288-55-0880

サイトURL

中禅寺湖畔ボートハウス

中禅寺湖の美しい景色を堪能できる「中禅寺湖畔ボートハウス」

  • 自然

国際避暑地として栄えた歴史を持つ中禅寺湖畔にある、昭和20年代の水辺リゾート施設を復元した建物です。元々は日光観光ホテル(現中禅寺金谷ホテル)の付帯施設として、米国の水辺リゾート地の建物をモデルに建てられていました。現在は、中禅寺湖散策の際に休憩できる場所として利用されています。1階に展示しているボートは、ベルギー王国大使館別別荘が所有していたもので、当時多くの外国人が避暑に訪れ、家族で魚釣りや船遊びを楽しんでいた雰囲気を体感することができます。さらに2階の展望ホールやデッキからは湖畔の美しい景色をゆっくり楽しめる中禅寺湖の癒しのスポットです。

src=

中禅寺湖畔ボートハウス

住所

〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2485-8

営業時間

4月 9:00~16:00
5月~11月10日 9:00~17:00
11月11日~11月30日 9:00~16:00

定休日

6月~10月 無休
4月、5月、11月 水曜日(祝日の場合、翌日以降に振り替え)

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR日光線「日光駅」・東武鉄道「東武日光駅」からバスに乗り換え、「中禅寺金谷ホテル前」下車すぐ
〇車でのアクセス
 日光宇都宮道路「清滝IC」から約1時間

駐車場

なし

電話番号

0288-55-0880 日光自然博物館

サイトURL

八坂神社

全国の祇園社の総本社「八坂神社」

  • 神社仏閣

八坂神社は全国の祇園社の総本社であり、日本三大祭のひとつである「祇園祭」が行われる場所としても有名です。厄除けをはじめ、疫病退散や商売繁昌・開運のパワースポットとしてもご利益があり、ハート型の絵馬に願い事を書くと恋愛成就するとされることや「美容水」と呼ばれる御神水が湧き出ていることなどから女性参拝者の姿も多く見られます。隣接した円山公園はシダレザクラの名所として知られているため、春に訪れた際は散策してみてはいかがでしょうか。

src=

八坂神社

住所

〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625

営業時間

終日

料金

御祈祷の内容によるため詳細は公式ページをご確認下さい

アクセス

◯電車でのアクセス
 京阪電鉄「祇園四条駅」から徒歩約5分
 阪急電鉄「京都河原町駅」から徒歩約8分
 JR「京都駅」からバスで約15分、「祇園」下車すぐ
◯車でのアクセス
 JR「京都駅」から約15分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

075-561-6155

サイトURL

京都鉄道博物館

鉄道マニアから子どもまで楽しめる鉄道文化拠点「京都鉄道博物館」

写真提供:京都鉄道博物館

  • 美術館・博物館

京都鉄道博物館は「地域と歩む鉄道文化拠点」をコンセプトとして2016年にグランドオープンした博物館で、子どもから大人まですべての人が楽しめる場としても知られています。0系や500系新幹線をはじめ、鉄道車両のトップナンバー(製造第1号機)が多く収蔵されていること、国の重要文化財に指定されている扇形車庫がみることができるなど、鉄道マニアの心をくすぐる展示が盛りだくさん。C56やC62がけん引する客車に乗車できる「SLスチーム号」も人気です。また、運転士のお仕事体験ができる「運転シミュレータ」や、実物車両約1/80スケールの鉄道模型が走行する「鉄道ジオラマ」など、様々な体験展示を通じて、鉄道について楽しく学べます。

src=

京都鉄道博物館

住所

〒600-8835 京都府京都市下京区観喜寺町

営業時間

10:00~17:30(最終入館は17:00まで)

定休日

毎週水曜日、年末年始 ほか(祝日は開館)

料金

一般 1,200円 大学生・高校生 1,000円 小・中学生 500円 幼児(3歳以上)200円

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR嵯峨野線「梅小路京都西駅」から徒歩約2分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

0570-080-462

サイトURL

宇治上神社

現存最古の神社建築を持つ「宇治上神社」

写真提供:(公社)京都府観光連盟

  • 世界遺産

世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつである宇治上神社。本殿は現存最古の神社建築として歴史ある佇まいを見せています。その本殿に使われている木は平安時代後期に伐採されたもの。貴重な建物であることから国宝にも指定されています。同じく国宝に指定されている拝殿は、鎌倉時代に造られた建物で、両者を見比べてみるとその造りに違いが見て取れます。境内は静寂に包まれており、喧騒を避け静かに参拝したい方にはおすすめの神社のひとつです。

src=

宇治上神社

住所

〒611-0021 京都府宇治市宇治山田59

営業時間

開所時間 9:00~16:30(特殊日を除く)

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR奈良線「宇治駅」から徒歩約20分
 京阪電車宇治線「宇治駅」から徒歩約10分

駐車場

参拝の間のみの仮駐車場あり

電話番号

0774-21-4634

サイトURL

舞鶴赤れんがパーク

国内最古級の鉄構造れんが建築物が楽しめる「舞鶴赤れんがパーク」

舞鶴赤れんがパークは、舞鶴市の旧海軍舞鶴鎮守府にあった魚形水雷庫の跡地を再利用した施設です。国内最古級の鉄骨構造のれんが建造物でもあり、赤れんが博物館や舞鶴市政記念館などいろいろな施設が舞鶴赤れんがパーク内に集まっています。映画のロケ地やサブカル系イベント会場としても利用されており、全国各地からマニアが集う場所としても有名です。近くからは海軍にゆかりのあるスポットを海からめぐる遊覧船も運行しているのであわせてチェックしておきましょう。

src=

舞鶴赤れんがパーク

住所

〒625-0080 京都府舞鶴市字北吸1039-2

営業時間

9:00~17:00 (ただし、夜間に賃館利用のある場合は22:00)

定休日

年末年始(設備点検や工事により休館する場合あり。詳細は公式ページをご確認下さい)

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR舞鶴線「東舞鶴駅」から徒歩約10分
◯車でのアクセス
 舞鶴若狭自動車道「東舞鶴IC」から約15分

駐車場

あり

電話番号

0773-66-1096

サイトURL


まとめ

日光は世界遺産である「日光の社寺」をはじめ、さまざま神秘的な場所が多いスポットです。
日光に観光で訪れた際は、ぜひご紹介したスポットへ足を運んでみてはいかがでしょうか。


※最新の基本情報は公式サイトをご確認下さい
※2020年12月1日時点の情報です

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング