北海道の中でも独特な景観が楽しめる函館。五稜郭や函館山をはじめ、金森赤レンガ倉庫や函館ハリストス正教会など、メディアでよく紹介される函館の有名スポットは多数。もちろんスープカレーや新鮮な魚介など北海道の名物グルメも堪能したいところ。そんな函館の観光スポットの中から、厳選した名所をたっぷりご紹介します。

函館山

展望台で100万ドルの夜景を堪能できる「函館山」

  • 夜景

函館観光の中で、最も人気なスポット函館山。100万ドルの夜景と謳われた函館市街を見下ろす展望台があり、昼夜問わず多くの観光客で賑わいます。その絶景は世界的に有名なガイドブックにも掲載されたほど。晴れた日の展望台からは津軽海峡の向こうに本州を見ることもできます。山頂へ向かうロープウェイからも見晴らしのいい景色が楽しめ、山頂への到着がより待ち遠しくなります。ロープウェイは支柱のない作りなので、視界を遮るものが無く遠くまで見渡しやすいのも特徴です。

src=

函館山ふれあいセンター

住所

〒040-0044 北海道函館市青柳町6-12

アクセス

○電車でのアクセス
 市電:宝来町電停下車 徒歩約20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0138-22-6789 函館山ふれあいセンター

サイトURL

五稜郭タワー

五稜郭築城100年を記念して建設された「五稜郭タワー」

写真提供:五稜郭タワー

五稜郭築城100年を記念して建設された展望タワー。現在のタワーは2代目で2006年にオープンしました。高さは107m。展望台からは函館市街や函館山などの眺望を楽しむことができます。特に注目なのが特別史跡五稜郭の象徴である美しい星形を見下ろせること。五稜郭タワーから眺める四季折々の五稜郭の景色は函館観光の名物です。新緑に囲まれた鮮やかな星形も素敵ですが、春の約1,600本ものソメイヨシノによって堀と郭内をピンク色に染め上げられた五稜郭や、冬の雪化粧をまとった五稜郭も見ごたえがあります。展望台にはカフェスタンドもあり、ゆっくりお茶を飲みながら見晴らしのいい景色を楽しめます。

src=

五稜郭タワー

住所

〒040-0001 北海道函館市五稜郭町43-9

営業時間

8:00~19:00(4月21日~10月20日)
9:00~18:00(10月21日~4月20日)
9:00~19:00(五稜星の夢イルミネーション期間中)

定休日

なし(周辺の有料駐車場をご利用ください)

料金

展望料金  大人900円  中高校生680円  小学生450円

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「五稜郭駅」から市電「五稜郭公園前」から徒歩約15分
 JR「五稜郭駅」から函館バスで約20分、「五稜郭タワー前」下車すぐ
◯車でのアクセス
 JR「函館駅」から車で約15分
 JR「五稜郭駅」から車で約10分
 道央道「大沼公園IC」から函館新外環状道路経由、車で約40分

駐車場

なし

電話番号

0138-51-4785

サイトURL

五稜郭公園

四季折々の美しい景色で、地元民と観光客に親しまれている「五稜郭公園」

  • 公園

戊辰戦争最後の戦い箱館戦争の舞台となった場所です。今では五稜郭公園として一般に公開されていて、市民、観光客に親しまれています。外周の遊歩道は、季節の移ろいを感じながら散策できる人気の散歩コース。春にはお花見を楽しむ人で賑わい、冬には一面の雪景色で見る人を感動させてくれます。情緒漂う史跡と自然の共演は、とても美しい景色です。ほかにも、藤棚や睡蓮など、色とりどりの花々が迎えてくれます。手漕ぎボートで堀をめぐることもでき、五稜郭の歴史ある風情をゆっくり満喫できます。

src=

五稜郭公園

住所

〒040-0001 北海道函館市五稜郭町44-2

営業時間

4月~10月 5:00~19:00(郭内)
11月~3月 5:00~18:00(郭内)
外周園路については24時間散策可能です。

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「五稜郭駅」から市電「五稜郭公園前」から徒歩約15分
 JR「五稜郭駅」から函館バスで約20分、「五稜郭公園入口」から徒歩約10分

駐車場

なし(周辺の有料駐車場をご利用ください)

電話番号

0138-31-5505

サイトURL

金森赤レンガ倉庫

ショッピングも楽しめる函館港の歴史の象徴「金森赤レンガ倉庫」

金森赤レンガ倉庫は、港の倉庫として使われていた赤レンガの建物をショッピングモールに活用した施設です。函館港の前に並ぶレンガの赤色が鮮やかで港町函館らしい景色を楽しめます。夜間にはライトアップされ、ロマンチックな雰囲気が漂います。倉庫の中には、飲食店や雑貨店、ファッションのお店などバリエーション豊富なショップが入っています。函館で人気のスイーツショップもそろっているので、お土産選びにも最適。赤レンガ倉庫オリジナルのアイテムもあり、記念に購入するのもおすすめです。

src=

金森赤レンガ倉庫

住所

〒040-0053 北海道函館市末広町14-12

営業時間

9:30~19:00
※コロナの影響により営業時間を変更させて頂くことがあります。

定休日

あり

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「函館駅」から徒歩で約15分
 市電「谷地頭」または「十字街」下車、徒歩約5分
◯車でのアクセス
 函館空港より車で約25分
 JR「函館駅」から車で約5分

駐車場

あり

駐車料金

1時間440円 以降30分毎に220円
1,000円以上施設ご利用の方2時間まで無料

電話番号

0138-27-5530

サイトURL

函館市熱帯植物園

温泉につかるサルでおなじみ!南国の植物にも癒される「函館市熱帯植物園」

函館観光の人気スポット、函館市熱帯植物園。一番の見どころとしては、やはり「温泉につかるサル」でしょう。お湯につかりながら餌をほおばるサルは愛おしさ満点。温泉に入るサルのイベントは、12月から5月のゴールデンウィークまでの期間限定です。開催時期に訪れた際はぜひチェックしてみましょう。また湯の川温泉の温泉熱を利用している植物園内は暖かく、南国の珍しい花や木をたくさん眺められます。温室のほかにも子ども向け遊具コーナーや足湯もあるので、身も心も温まる癒しスポットとして評判です。

src=

函館市熱帯植物園

住所

〒042-0932 北海道函館市湯川町3-1-15

営業時間

4月~10月 9:30~18:00
11月~3月 9:30~16:30

定休日

年末年始

料金

小学生・中学生 100円
(函館市内の学校に在学,または函館市内在住で市外の学校に在学する生徒・児童は無料)
一般 300円

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「函館駅」から市電で約20分、「湯の川」下車、徒歩約15分
 JR「函館駅」から函館バスで約20分、「熱帯植物園前」下車すぐ
 JR「函館駅」から函館帝産バスで約8分、「湯の川温泉」下車、徒歩約20分
◯車でのアクセス
 JR「函館駅」前から約15分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0138-57-7833

サイトURL

東浜桟橋(旧桟橋)

函館ベイエリアの景色が一望できる、函館を代表する桟橋「東浜桟橋(旧桟橋)」

写真提供:函館市公式観光情報サイト「はこぶら」

函館ベイエリアを一望できる場所です。函館駅近くに鉄道桟橋ができるまでは、函館でただひとつの桟橋でした。できた当初は木造の桟橋で、北海道の玄関口と言われる青函航路の発着場所として使われていました。一時期は、対岸にある七重浜へ海水浴客を運ぶ際の発着地になっていて、多くの人が往来する場所でしたが、今では函館湾の美しい景観を眺められる桟橋として親しまれています。夜間のライトアップがロマンチックでデートスポットとしても人気。街路灯や足元を照らすフットライト、周囲のハーバーライトと共に、幻想的な空間を作り出してくれています。

src=

東浜桟橋(旧桟橋)

住所

〒040-0053 北海道函館市末広町24

営業時間

※2018年10月から2022年3月まで、岸壁の改良工事・緑地整備工事に伴って、一時的に撤去されています。

アクセス

◯電車でのアクセス
 市電 「末広町」から徒歩約3分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

0138-23-5440 函館市観光案内所
(観光についての問い合わせ)

サイトURL

函館朝市

北海道の新鮮な魚介類や農産物を堪能できる食の宝庫「函館朝市」

  • グルメ

北海道随一の大市場で、北海道近海で水揚げされた新鮮な魚介や北海道産の農産物を堪能できます。朝5時頃から営業をスタートするので、朝ごはんに海鮮丼を楽しむ人も。函館の顔とも言えるおいしい食の宝庫です。観光客だけでなく地元民も利用するほど、上質なグルメをお得に味わえます。函館駅からすぐの場所にあるので、旅行の始まりと締めくくりのどちらのタイミングでも行きやすいです。市場内にはイカ釣りができるコーナーがあり、観光客を中心に人気。釣ったイカはその場でさばいてもらえるので、ぜひチャレンジしてみましょう!

src=

函館朝市

住所

〒040-0063 北海道函館市若松町9-19

営業時間

1月〜4月 6:00〜14:00過ぎ(店舗毎に異なります)
5月〜12月 5:00〜14:00過ぎ(店舗毎に異なります)

定休日

なし(店舗毎に異なります)

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「函館駅」すぐ

駐車場

あり

駐車料金

20分100円
16:00〜21:00 1時間100円
21:00〜6:00 最大500円~800円

電話番号

0138-22-7981

サイトURL

函館ハリストス正教会

美しい鐘の音が響きわたる国の重要文化財「函館ハリストス正教会」

函館ハリストス正教会は、日本初のロシア正教会聖堂で、国の重要文化財にも指定されています。鐘の音が印象的で、「日本の音風景100選」にも選ばれています。(1996年選定)函館出身の音楽グループの歌詞にもこの鐘の音が登場していることで有名で、人々に親しまれている教会です。週末には、函館エリア一帯に響き渡る、美しい鐘のメロディを聞くことができます。白い壁と緑色の屋根の外観は趣があり、夜はライトアップされた姿が美しいです。荘厳なたたずまいと、鐘の音で多くの人を魅了する、函館を代表する歴史的建造物です。

src=

函館ハリストス正教会

住所

〒040-0054 北海道函館市元町3-13

営業時間

月曜日~金曜日 10:00~17:00 
※現在、16:00までの公開としていますのでご注意下さい
土曜日 10:00~16:00
日曜日 13:00~16:00
※2021年1月より2022年11月末まで、聖堂保存修理工事が行われるため、すでに一般拝観は停止中です。春には聖堂も全面工事シートで覆われて見ることが出来なくなります。

定休日

冬期(12月26日~3月1日)

料金

大人200円 中学生 100円 小学生以下無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 市電 「十字街」から徒歩約10分

駐車場

なし

電話番号

0138-23-7387

サイトURL

旧函館区公会堂

アールヌーヴォー風の華やかな建築様式が美しい「旧函館区公会堂」

函館西部地区のシンボルとして有名なのが、旧函館区公会堂です。ブルーグレーとイエローの外壁が目を引く、アールヌーヴォー風の華やかな建物は、かつて焼失してしまった住民の集会所を再建しようと集まった寄付を元手に建てられました。こだわり抜かれた装飾や技術が、建物の細部にまで散りばめられており、建築的価値がとても高い函館の財産です。基坂の真上に建っているので、バルコニーからの眺めは最高。記念撮影ができます。

src=

旧函館区公会堂

住所

〒040-0054 北海道函館市元町11-13

営業時間

4月~10月
火曜日から金曜日 9:00~18:00
土曜日から月曜日 9:00~19:00
11月~3月
9:00~17:00
※公開時間終了の30分前までにご入館をお願いします。

定休日

年末年始、館内整理日(随時)

料金

入館料 一般 300円 学生・生徒・児童 150円 未就学児 無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 市電 「末広町電停」下車、徒歩約7分
 函館バス「公会堂前」下車、徒歩約3分
◯車でのアクセス
 JR「函館駅」から車で約10分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

0138-22-1001 函館市重要文化財旧函館区公会堂

サイトURL

湯の川温泉

かつて函館戦争の兵士も癒した、北海道を代表する温泉郷「湯の川温泉」

  • 温泉

湯の川温泉は、北海道の三大温泉郷のひとつとして名高い温泉です。バスで函館空港から約5分、函館駅からも約25分とアクセスがよく、函館観光の拠点として利用されています。箱館戦争のときには傷を負った兵士を癒したと言われる温泉で、旧幕軍の榎本武揚も入浴したそう。泉質は主にナトリウム・カルシウム塩化物泉で冷え性や神経痛などに効くと言われています。湯の川温泉周辺には、国指定名勝の香雪園やトラピスチヌ修道院など、見ごたえある観光スポットも点在。観光と温泉を味わえる、贅沢な場所です。

src=

湯の川温泉

住所

〒042-0932 北海道函館市湯川町

定休日

なし
※一部の施設で休館していることが御座いますので詳しくは直接ご連絡ください。

アクセス

◯電車でのアクセス
 湯の川温泉急行バス、空港連絡バス、函館空港シャトルバスで「湯の川温泉」下車すぐ
◯車でのアクセス
 道央自動車道「大沼公園IC」から函館新外環状道路経由で約40分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0138-57-8988

サイトURL

八幡坂

港町を一望できる、海から伸びた美しい歩道「八幡坂」

ビュースポットの多い函館の中でも、八幡坂は特に有名です。赤レンガ倉庫から函館山へ続く道で、かつては八幡坂を上り切った場所に函館八幡宮があったことが、坂の名前の由来とされています。海からまっすぐに伸びた道のため、坂の上から見下ろす景色は見晴らしがよく、港町函館らしい光景を目にすることが出来ます。冬にはイルミネーションに優しく照らされ、暗闇に浮かび上がる石畳と街路樹が幻想的です。坂の両脇には手すり付きの階段があり、散策しやすいように整備されています。

src=

八幡坂

住所

〒040-0053 北海道函館市末広町

アクセス

◯電車でのアクセス
 市電 「末広町」から徒歩約1分
◯車でのアクセス
 JR「函館駅」から約10分

駐車場

あり(函館市元町観光駐車場)

駐車料金

最初の1時間200円、以降30分ごと100円

電話番号

0138-23-5440 函館市観光案内所 
(観光についての問い合わせ)

サイトURL

ラッキーピエロ ベイエリア本店

個性的なバーガーが味わえるグルメなサーカス「ラッキーピエロ ベイエリア本店」

  • グルメ

ラッキーピエロはご当地バーガーのチェーン店で、函館ベイエリアに本店があります。カラフルでかわいいピエロの看板が目印です。人気ナンバーワンメニューは、チャイニーズチキンバーガー。甘辛味でジューシーな唐揚げにたっぷりのマヨネーズが乗っていて、あとを引くおいしさです。ほかにも、土方歳三ホタテバーガーなど個性的なハンバーガーが名物となっています。店名の通り、「サーカスのような楽しい空間にしたい」という会長の思いが込められた、賑やかな店内も特徴。ブランコ席など、ユーモアたっぷりのお店です。

src=

ラッキーピエロ ベイエリア本店

住所

〒040-0053 北海道函館市末広町23-18

営業時間

10:00~23:00

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR函館本線「函館駅」から徒歩約20分
 函館市電「末広町」電停から徒歩約3分
◯車でのアクセス
 JR「函館駅」から車で約3分

駐車場

なし

電話番号

0138-26-2099

サイトURL

土方歳三最期の地碑

新選組ファンが集う、新選組副長ゆかりの聖地「土方歳三最期の地碑」

写真提供:函館市公式観光情報サイト「はこぶら」

  • 遺跡・史跡

新撰組副長の土方歳三が、新政府軍の銃撃により終焉を迎えた場所です。全国からファンが集まる聖地として知られています。1868年、土方歳三は、榎本武揚率いる旧幕府軍に合流しました。そして、翌年の箱館総攻撃の日に戦死し、土方が倒れたといわれる場所のひとつに、土方歳三最期の地碑があります。最期の地がどこかについては諸説ありますが、もっとも有力と言われているのが「一本木関門」です。最期の地碑は一本木関門の跡地に近い若松緑地公園に建っています。今もなお手向けの花が絶えない場所です。

src=

土方歳三最期の地碑

住所

〒040-0063 北海道函館市若松町33

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「函館駅」から徒歩約15分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0138-23-5440 函館市観光案内所
(観光についての問い合わせ)

サイトURL


まとめ

いかがでしたか?函館といえば函館山とグルメに注目しがちですが、そのほかにも見ごたえのある観光スポットがたくさんあります。函館に観光で訪れた際は、ぜひご紹介したスポットへ足を運んでみてはいかがでしょうか。


※2020年12月1日時点の情報です。
※最新情報は各施設の公式サイトをご確認下さい。

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング