洞爺湖は日本で3番目に大きいカルデラ湖。周辺には活火山である有珠山や昭和新山があり、火山が作り出した美しい湖と雄大な自然が人気の道南を代表する観光地です。温泉リゾートとしても知られる洞爺湖エリアの絶景を堪能してみませんか?

支笏洞爺国立公園 サイロ展望台

カルデラ湖周辺の水と緑の絶景を一望「支笏洞爺国立公園 サイロ展望台」

  • 絶景

洞爺湖の西岸に存在するサイロ展望台は、美しく澄んだ湖面と「中島」と呼ばれる湖に浮かぶ島々から、有珠山や昭和新山など北海道を代表する山々まで望むことができる、絶好のビュースポットです。サイロ風の建物が目印の施設内には、展望レストランやカフェ、土産物店のほか、体験学習館も併設。北海道の牛乳を使ったバターやアイス作りをはじめとするさまざまなメニューが揃います。さらにヘリポートもあり、夏期には空から洞爺湖を遊覧するスカイクルージングも楽しむことができます。雪の季節には、敷地内にスノーパークも登場。雪と湖の景観を楽しみながら雪遊びもできる冬に訪れるのもおすすめです。
※体験学習は10名以上からの催行、7日前までに要予約。

src=

支笏洞爺国立公園 サイロ展望台

住所

〒049-5832 北海道虻田郡洞爺湖町成香3-5

営業時間

 5~10月 8:30~18:00
 11~4月 8:30~17:00
 ※年末年始は短縮営業 10:00~15:00
 2階レストラン営業時間 11:30~13:30
 カフェ営業時間 10:00~15:30

定休日

不定休

料金

無料

アクセス

〇車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」から約20分
 道央自動車道「虻田洞爺湖IC」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0142-87-2221

サイトURL

洞爺湖汽船

湖上から絶景を楽しめるお城のような遊覧船が人気「洞爺湖汽船」

  • 乗り物

洞爺湖の美しい景観が堪能できると人気なのが、湖を船で巡る遊覧船。洞爺湖汽船の遊覧船の主なコースは、湖畔の温泉街にある駅前桟橋を発着し、総称して「中島」と呼ばれる湖の中央に浮かぶ4つの島に向かうコースとなっていて、中島に下船することも可能。中島には遊歩道が整備され、トレッキングが楽しめます。洞爺湖汽船の遊覧船の中でもお城のような外観で有名な「エスポアール」は、洞爺湖の夏の風物詩「洞爺湖ロングラン花火」を湖上から楽しむことができる花火鑑賞船としても人気です。

src=

洞爺湖汽船

住所

〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29

営業時間

※臨時休業中 
 詳しくはHPをご確認ください。 
 夏季運航コース【4月下旬~10月末日】
 運航時間 8:30~16:30(30分毎)(臨時)要予約 8:00
 冬季運航コース【11月~4月初旬】
 運航時間 9:00~16:00(60分毎)

定休日

なし

料金

中島巡り遊覧船 一般料金 大人 1,420円 小学生 710円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」から道南バスで約20分、「洞爺湖温泉」下車すぐ
〇車でのアクセス
 道央自動車道「虻田洞爺湖IC」から洞爺湖温泉街まで約20分
 道央自動車道「伊達IC」から約20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0142-75-2137

浮見堂公園

洞爺湖に浮かぶように建つ二重の塔は絶好の撮影スポット「浮見堂公園」

写真提供:洞爺湖町

  • 公園

洞爺湖の北岸にある浮見堂公園は、湖の岬に建てられた「浮見堂」を中心とした公園です。浮見堂は、湖岸から細く伸びた岬に建つ朱塗りの二重の塔で、まるで湖に浮かんでいるように見えることから撮影スポットとして大人気。青く澄んだ洞爺湖に浮かぶ朱塗りの塔の景観は、洞爺湖八景にも選ばれています。浮見堂公園は「とうや湖ぐるっと彫刻公園」として湖畔に設置されている58基の彫刻の一部が展示されているほか、桜の名所としても知られています。湖畔の景観を楽しみながら、公園内をのんびりと散策するのもおすすめです。

src=

浮見堂公園

住所

〒049-5721 北海道虻田郡虻田郡洞爺町194

定休日

なし ただし公衆トイレは冬期閉鎖

料金

無料

アクセス

〇車でのアクセス
JR室蘭本線「豊浦駅」または「洞爺駅」から約30分
 道央自動車道「虻田洞爺湖IC」から道道230号経由で約20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0142-82-5111 洞爺湖町洞爺総合支所

サイトURL

とうや湖ぐるっと彫刻公園

自然とアートが調和する58基の彫刻群「とうや湖ぐるっと彫刻公園」

写真提供:洞爺湖町

  • 公園

とうや湖ぐるっと彫刻公園は、洞爺湖の周囲約43kmの湖畔のあちこちに58基の彫刻が展示されている公園です。この公園の始まりは、1980年代に北海道を代表する彫刻家である安田侃(やすだ かん)の作品「回生」と「意心帰」が設置されたことからです。今では人物像などの具現作品から抽象的なものまで、56人の彫刻家の個性あふれる作品が設置されています。彫刻の周囲は整備された公園や遊歩道になっているので、気軽にアートに触れられるのも魅力の一つ。洞爺湖の自然の景観になじむように設置された彫刻が、天候や季節によって表情を変えるのも見どころです。

src=

とうや湖ぐるっと彫刻公園

住所

〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉 洞爺湖外周

営業時間

園内自由

定休日

なし

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」からバスで約20分、「洞爺湖温泉バスターミナル」下車、徒歩約5分
〇車でのアクセス
 道央自動車道「虻田洞爺湖IC」から約5分(温泉街まで)

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0142-75-4400 洞爺湖町観光振興課

サイトURL

有珠山噴火記念公園

自然と調和した彫刻も楽しめる憩いのスポット「有珠山噴火記念公園」

  • 公園

有珠山噴火記念公園は、2000年の有珠山噴火の後に造られた、洞爺湖畔の温泉街の西側にある公園です。湖畔を見渡すことができ、有珠山の噴火によって湖畔と砂洲でつながった珍小島も望むことができます。展示作品のうち、人の顔の仮面のような「月の光」(イゴール・ミトライ作)や、3頭のライオンの像「Muse」(明地信之作)を含む5基の彫刻があることでも有名で、洞爺湖の自然と調和したアートを楽しむことができます。湖畔の景色を眺めながらのんびり過ごせる広い芝生の広場は、観光客の憩いのスポットとなっています。

src=

有珠山噴火記念公園

住所

〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉168

定休日

なし

料金

無料

アクセス

〇車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0142-75-4400 洞爺湖町観光振興課

サイトURL

しあわせの鐘

映画の舞台として注目を集めた洞爺湖・月浦の新名所「しあわせの鐘」

写真提供:洞爺湖町

2012年に公開された洞爺湖を舞台にした映画の舞台・ロケ地として全国的に知られ、多くの観光客が訪れるようになった洞爺湖の月浦地区。洞爺湖来訪記念に、その映画のタイトルにちなんで幸せを祈ってもらおうと設置されたのが、この「しあわせの鐘」です。町の花であるスミレをあしらった白い支柱に取り付けられた真ちゅう製の鐘で、月浦にあるオートキャンプ場「グリーンステイ洞爺湖」内に設置されています。今では、洞爺湖観光の新しい名所となっています。

src=

しあわせの鐘

住所

〒049-5723 北海道虻田郡洞爺湖町月浦56

営業時間

7:00~18:00(夏季のみ)4月下旬~10月下旬

定休日

なし

料金

入場料なし※キャンプ施設利用は有料

アクセス

〇車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」から約30分

駐車場

あり(オートキャンプ場)

駐車料金

無料

電話番号

0142-75-4400 洞爺湖町観光振興課

サイトURL

有珠山ロープウェイ

火山が作り出した自然の景観を間近に望む「有珠山ロープウェイ」

  • 乗り物

活火山・有珠山にかかる有珠山ロープウェイは、2020年にスイス製新ゴンドラとなり、ガラス面が広くなり、より迫力あるの眺めが楽しめるようになりました。山頂駅すぐ横の「洞爺湖展望台」からは洞爺湖と昭和新山の絶景を、山頂駅から徒歩約10分の「有珠山火口原展望台」からは、水蒸気が上がる火口を見ることができます。2021年春、洞爺湖展望台に「Mt.USUテラス」がグランドオープン!展望デッキが広くなり、カフェやソファから大自然の絶景を目の前に、のんびりと特別な時間をお過ごし頂けます。
さらに先の「外輪山遊歩道」もトレッキングのコースとして人気です。山麓駅には買い物や軽食を楽しめる施設「火山村」があり、併設されている情報館では火山の営みや恵みを楽しく学ぶことができます。

src=

有珠山ロープウェイ

住所

〒052-0102 北海道有珠郡壮瞥町昭和新山184-5

営業時間

8:00~18:00(季節により変動あり)

定休日

 天候により変動する可能性あり
 冬期間整備運休あり

料金

 普通運賃(往復)
 大人(中学生以上) 1,800円
 子ども(小学生) 900円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」から道南バス洞爺湖温泉行き約15分、終点「洞爺湖温泉バスターミナル」下車、
 道南バス昭和新山行きに乗り換え約15分、終点下車すぐ
〇車でのアクセス
 道央自動車道「伊達IC」から昭和新山まで約15分

駐車場

あり

駐車料金

乗用車 1日 500円

電話番号

0142-75-2401

サイトURL

洞爺湖園地

中島を正面に洞爺湖の景観を見渡せる公園「洞爺湖園地」

  • 公園

洞爺湖温泉街から昭和新山へと向かう、洞爺湖登別線(北海道道2号)沿いにある公園。洞爺湖の南側の湖畔にあって、洞爺湖を見渡すことができる人気のビュースポットです。洞爺湖には大島・弁天島・観音島・饅頭島の4つの島(総称・中島)が並んで浮かび、その向こうに羊蹄山が見える景観は、洞爺湖八景にも選ばれています。遊歩道も整備された園内には、「とうや湖ぐるっと彫刻公園」の彫刻の一部があり、湖畔をのんびりと散策するのにもぴったり。隣接するボート乗り場からは、スワンボートに乗ることもできます。広い駐車場やトイレが整備されているので、ドライブの途中で立ち寄るのにもおすすめのスポットです。

src=

洞爺湖園地

住所

〒052-0103 北海道有珠郡壮瞥町壮瞥温泉

アクセス

○電車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」から車で約15分
〇車でのアクセス
 「洞爺湖温泉街」から約5分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

011-709-2311

サイトURL

洞爺湖温泉

洞爺湖の壮大な景観を眺めながら温泉を堪能できる「洞爺湖温泉」

  • 温泉

洞爺湖の南側の湖畔にリゾートホテルから純和風旅館まで、多くの宿泊施設が立ち並ぶ洞爺湖温泉。客室や露天風呂から洞爺湖の壮大な景観を望めるのが大きな魅力です。温泉街には飲食店やカフェも多く、北海道グルメも充実。期間中、毎日花火がうち上がる「洞爺湖ロングラン花火」(4/28~10/31)や、温泉街の中心に光のトンネルが登場するイルミネーション(11/1~3月初旬)など、年間を通してさまざまなイベントも開催されています。少し足を伸ばして、展望台や有珠山ロープウェイを訪れるのも定番の楽しみ方。周辺では、カヌーや乗馬体験、モーターボート、雪遊びといったアクティビティを楽しむことができる人気スポットも多数あります。

src=

洞爺湖温泉

住所

〒049-5724 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR室蘭本線「洞爺駅」から道南バス、またはタクシーで約20分
◯車でのアクセス
 道央自動車道「虻田洞爺湖IC」から約5分

駐車場

温泉街に公共駐車場あり

駐車料金

無料

電話番号

0142-75-2446 一般社団法人 洞爺湖温泉観光協会

サイトURL

中島・湖の森博物館

今春オープン「中島・湖の森博物館」

  • 美術館・博物館

中島・湖の森博物館は、ジオパーク情報ゾーン、洞爺湖と中島自然ゾーン、中島散策情報ゾーンの3つの展示エリアで構成し、パネルや映像を使って分かりやすく展示します。今春のオープンに向けて、現在建設中です。

src=

中島・湖の森博物館

住所

〒052-0100 北海道有珠郡壮瞥町中島

営業時間

9:00~16:00

定休日

11月上旬(1日)~4月中旬 冬期休館

料金

大人 200円 子ども(小学生以下) 100円

アクセス

〇車でのアクセス
 道央自動車道「虻田洞爺湖IC」から約5分、洞爺湖畔から遊覧船を利用して約25分

駐車場

無料駐車場 複数有り

電話番号

0142-75-4400

サイトURL

洞龍の湯

洞爺湖の景観を眺めながら、足湯でじっくり暖まる「洞龍の湯」

  • 温泉

洞龍(とうろん)の湯とは洞爺湖畔の遊歩道に沿って建てられた、源泉100%の足湯が無料で楽しめる施設です。足湯につかって温まりながら、洞爺湖の雄大な自然の景観を楽しむことができると人気のスポット。場所は湖畔で最も賑わう温泉街の遊覧船乗り場のすぐそばで、洞爺湖の守り神である龍神のキャラクター・洞龍くんの像が目印です。タオルの自動販売機も設置されているので、散策の途中でも気軽に立ち寄れると多くの観光客で賑わっています。

src=

洞龍の湯

住所

〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉36-4

営業時間

9:00~21:00
冬期(11月上旬(1日)~4月下旬(27日)) 10:00~16:00

定休日

なし

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「洞爺駅」から路線バスで約20分、「洞爺湖温泉バスターミナル」から徒歩約5分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0142-75-4400 洞爺湖町観光振興課

サイトURL

昭和新山

世界的にも希少な火山を間近に見られる「昭和新山」

写真提供:NPO法人そうべつ観光協会

  • 自然

1943年の噴火活動に伴って麦畑だった場所が隆起してできたという、世界的にも珍しい昭和新山。国の特別天然記念物であり、ユネスコ世界ジオパーク認定地の「洞爺湖有珠山ジオパーク」として認定されています。荒々しい山肌に白い噴煙がかかる様子は、火山活動を間近に感じられる貴重な光景。有珠山ロープウェイや洞爺湖展望台、有珠山火口原展望台からも、火山の様子や洞爺湖一帯の大パノラマを堪能できます。また三松正夫記念館では昭和新山が隆起していく様子を詳細に記録した「ミマツダイヤグラム」が展示されており、屋外展示物である昭和新山と共に噴火の歴史を学ぶことができます。この他に間近で熊を見られる昭和新山熊牧場なども、昭和新山エリアでは人気のあるスポットです。

src=

昭和新山

住所

〒052-0102 北海道有珠郡壮瞥町昭和新山

アクセス

○電車でのアクセス
 「洞爺湖温泉バスターミナル」からバスで約15分
〇車でのアクセス
 JR室蘭本線「伊達紋別駅」から約20分

駐車場

あり

駐車料金

普通車500円(4月~12月)

電話番号

0142-66-2750 そうべつ観光協会

サイトURL


まとめ

洞爺湖エリアには、火山が作り出した絶景を楽しめるスポットが盛りだくさん。人気の観光地だけあって、温泉施設やグルメも充実しています。火山について学べる博物館や、自然の中で遊べるアクティビティなど、あなただけの楽しみ方も探してみてください。


※2021年3月1日時点の情報です。
※最新情報は各施設の公式サイトをご確認下さい。

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング