多くのスキーヤーやスノーボーダーで賑わう、外国人にも人気のある白馬村。100年以上もの歴史を持つ白馬村には、実はスキー場以外にも魅力的な観光地がたくさんあります。白馬岩岳マウンテンリゾートや八方池など、白馬村でしか楽しむことのできないスポットを、メジャーなスキー場とともにピックアップして紹介していきます。

白馬村

多くの登山家が訪れる憧れの地「白馬村」

日本有数の国際マウンテンリゾートとして、100年以上の歴史を有する白馬村。明治27年に日本近代登山の父といわれる、イギリス人登山家のウォルター・ウェストンが白馬岳を登頂しました。それ以来、数多くの登山家が訪れる憧れの地になったと伝わっています。登山ブームとスキーブームによる大きな影響を受け、白馬連峰に多くのスキー場が誕生しました。白馬村にはこれらスキー場以外にも、長野オリンピックの際に設置された白馬ジャンプ競技場や白馬八方温泉などの温泉地など、一度は立ち寄りたいスポットが点在しています。

src=

白馬村

住所

〒長野県北安曇郡白馬村

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「白馬駅」「神城駅」他
〇車でのアクセス
 上信越自動車道「長野IC」から約1時間

駐車場

観光施設、スキー場、登山口などに駐車場あり

駐車料金

無料(一部有料の駐車場もあり)

電話番号

0261-85-4210 白馬村観光局インフォメーション

サイトURL

八方池

白馬連邦を鏡のように映す神秘的な池「八方池」

  • 自然

水面に白馬連邦を映す神秘的な池、八方池。標高およそ2,060mにあるこの池では、秋には色とりどりの紅葉、初夏には残雪の白い景色を見ることができます。八方アルペンラインにあるゴンドラ・リフトを利用し、約1,830m まで一気に上ります。そこから残りの標高約230mを、1.5~2km程度のトレッキングコースを利用して歩くと、八方池に到着します。登山道はその道のりのほとんどがきちんと整備されているので、子どもやトレッキング入門者の方でも安心です。登山道は大きく2つあり、左の迂回ルートと右の直登ルートがあります。体力に自信のある方は、ぜひ直登ルートにチャレンジしてみてください。

src=

八方池

住所

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「白馬駅」からバスに乗り換え、「八方」下車徒歩約10分
〇車でのアクセス
 上信越自動車道「長野IC」から約60分
 八方池山荘までゴンドラとリフトで約30分

駐車場

あり

駐車料金

ゴンドラ駅駐車場:有料 ※周辺に無料駐車場もあり

電話番号

0261-72-3066 八方インフォメーションセンター

サイトURL

大出の吊橋

北アルプスの眺めを楽しめる人気の絶景スポット「大出の吊橋」

  • 絶景

雄大な白馬三山を眺めることができる絶景スポット、大出の吊橋。橋の上から見ると、目の前に北アルプスの山々がそびえ立ち、付近のかや葺き屋根とともに風情のある雰囲気を感じられます。そのため、写真家や画家など数多くのクリエイターに親しまれている場所として有名です。白馬三山を背景に大出の吊橋を入れた絶好の撮影スポットは2箇所。1つ目は、姫川のカーブの広場。そして2つ目は、この広場の後ろ側の山の中腹に設けられた展望台です。ここの展望台に立つと、きれいな空気と山から流れてくる透き通った清流の流れる音に癒され、自然の風情を存分に感じることができます。

src=

大出の吊橋

住所

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「白馬駅」から徒歩約15分
〇車でのアクセス
 長野自動車道「安曇野IC」上信越自動車道「長野IC」から約1時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0261-72-7100

サイトURL

白馬八方尾根スキー場

北アルプスを展望できるスキー場「白馬八方尾根スキー場」

北アルプスの大パノラマを堪能しながらウインタースポーツを楽しめる、白馬八方尾根スキー場。パウダースノーのゲレンデは総滑走距離が約23,000mと長く、標高差も約1,070mと国内最大級のスケールを誇ります。また、ウインタースポーツ初心者の方でも安心して滑れる「咲花ゲレンデ」や、上級者におすすめの「オリンピックコース」などがあります。斜度や難易度別のマップもありますので、自分に合ったレベルで滑走可能です。1日数時間の短期レッスンスクールやキッズパークなどもあるので、初心者の方やお子様連れのファミリーでも十分に楽しむことができます。

src=

白馬八方尾根スキー場

住所

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城

営業時間

土日 8:00~16:00
平日 8:00~16:00

定休日

なし

料金

リフト料金 1日券 大人窓口5,500円(オンライン4,999円) 子ども窓口3,200円(オンライン2,899円) シニア5,000円
※2020-2021シーズンの料金となりますので、ホームページをご確認ください。

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「白馬駅」からバスで約5分
〇車でのアクセス
 長野自動車道「安曇野IC」上信越自動車道「長野IC」から約1時間

駐車場

あり

駐車料金

無料(ゴンドラ前駐車場は有料)

電話番号

0261-72-2715

サイトURL

白馬岩岳マウンテンリゾート

山頂テラスから眺める壮大な景色「白馬岩岳マウンテンリゾート」

  • 絶景

白馬三山が最も美しく眺められる、白馬岩岳マウンテンリゾート。四季折々の楽しみ方があり、トレッキングやマウンテンバイク、ウインタースポーツなどを楽しめます。山頂テラス「HAKUBA MOUNTEN HARBOR」は約1,289mの高台に位置しており、そこから眺める北アルプスは息を呑むほどに壮大です。開放感あふれるこの場所で、ゆっくりと散策してみるのもいいでしょう。クロワッサンサンドが食べられるおしゃれなカフェや、カップルや家族でくつろげるプライベートデッキがあるグリーンパークの利用もおすすめ。

src=

白馬岩岳マウンテンリゾート

住所

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城12056

営業時間

ゴンドラリフト「ノア」
8:30~16:40(上り最終16:00、下り最終16:30)

定休日

なし

料金

ゴンドラ往復 大人2,100円 子ども(小学生)1,150円 未就学児無料(二人目からは子ども運賃) ペット700円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「白馬駅」「白馬八方バス停(八方インフォメーションセンター)」から無料シャトルバス運行
〇車でのアクセス
 長野自動車道「安曇野IC」上信越自動車道「長野IC」から約1時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0261-72-2474

サイトURL

うさぎ平テラス

大自然の風に吹かれてくつろぎを「うさぎ平テラス」

  • 絶景

標高約1,400mの地点にあるゴンドラリフトの山頂駅に到着したら必ず寄りたいのが、このうさぎ平テラス。麓からは八方尾根スキー場内のゴンドラリフト「アダム」に乗車すれば、およそ8分でアクセスできます。白馬村の街並みだけでなく八ヶ岳や浅間山も望める場所として有名で、夏には自然を感じながらの体験アクティビティや、夜には満点の星空を眺める星空観察会に参加できます。オープンテラスには広めのゆったりとしたソファがあるので、くつろぎながらこの絶景を堪能してみましょう。施設内には白馬マウンテンビーチとイタリアンレストランがあり、信州産の食材を使ったメニューが豊富に用意されています。

src=

うさぎ平テラス

住所

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城

営業時間

軽井沢プリモ 白馬店 10:00~16:00(L.O.15:30)
白馬マウンテンビーチ 9:00~16:30(L.O.15:30)

定休日

施設休館日に準じる

アクセス

○電車でのアクセス
 八方尾根ゴンドラリフト「アダム」で約8分、「うさぎ平駅(山頂駅)」下車
〇車でのアクセス
 上信越自動車道「長野IC」から約60分
 長野自動車道「安曇野IC」から約60分

駐車場

あり

駐車料金

1日1,000円

電話番号

0261-72-3280

サイトURL

白馬マウンテンビーチ

山の上でサウナやフィンランド式入浴が楽しめる「白馬マウンテンビーチ」

白馬マウンテンビーチは、白馬八方尾根うさぎ平の山の上にあるビーチリゾート。2つのエリアにわかれており、1つ目はハンモック、ビーチチェア、クッションなどくつろぎグッズが用意された「ビーチラウンジエリア」。こちらは自由に利用できる入場無料のフリースペースです。2つ目は、水着着用可能な「サウナ&ジャグジーエリア」。こちらは有料ですが、ゆったりとサウナやジャグジーを利用できるので、登山の疲れを癒せます。特に国内でも珍しいゴンドラリフトをモチーフにした、「ゴンドラサウナ」が人気。またテントサウナでは、フィンランド式入浴法も体験可能です。

src=

白馬マウンテンビーチ

住所

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城

営業時間

6月~10月 9:00~16:30
ラウンジ 9:00~16:00
バー 9:00~16:00
サウナ・ジャグジー ※予約制 各回1組限定
お問い合わせ0261-72-3280 白馬観光開発㈱ 八方営業本部
①10:00~11:30
②12:00~13:30
③14:00~15:30

定休日

期間中無休

料金

サウナ・ジャグジー お一人様 90分 2,000円(税込)
ゴンドラリフト往復 大人1,800円 子ども1,000円

アクセス

〇車でのアクセス
 長野自動車道「安曇野IC」上信越自動車道「長野IC」から幅広道路でゴンドラリフト山麓駅まで約1時間
 八方尾根ゴンドラリフト「アダム」乗車約8分、「うさぎ平駅(山頂駅)」下車

駐車場

あり

駐車料金

1,000円

電話番号

0261-72-3280

サイトURL

姫川源流自然探勝園

雄大な自然に流れる澄んだ姫川「姫川源流自然探勝園」

  • 自然

環境省の名水百選に選定された姫川。糸魚川を経て日本海へと流れていく水は、親海(およみ)湿原の北側にある荒神の森の湧き水を源としています。春の訪れが近づくと咲き始めるフクジュソウの群落が有名です。春以外にも季節ごとに異なる花が辺り一面に広がるため、いつ来ても楽しめる場所です。貴重な自然環境を形成しているため、この一帯は自然環境保全地域に指定されています。なお、指定箇所以外への踏み込みや、地域一帯での植物採取は禁止されていますのでご注意を。

src= 

姫川源流自然探勝園

住所

〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城佐野

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「南神城駅」から徒歩約20分
〇車でのアクセス
 長野自動車道「安曇野IC」上信越自動車道「長野IC」から約50分、下車後徒歩約20分

駐車場

あり 白馬さのさかスキー場第1駐車場

駐車料金

無料

電話番号

0261-75-2811 白馬さのさか観光協会

サイトURL

親海湿原

自生する湿原植物が豊富な貴重地「親海湿原」

  • 自然

湿原植物の宝庫といわれている親海(およみ)湿原。標高750m前後のポイントに位置し、亜高山帯や高山帯に生息するクサレダマやヨツバヒヨドリなどの湿原植物が豊富に自生しています。江戸時代〜昭和初期には田んぼとして開墾された歴史があり、長野県下で唯一のホロムイソウの自生地でもあるため学術的にも希少価値が高い地域とされています。親海湿原を取り囲むように整備された一周約20分の遊歩道は、日蔭も多く夏でも散策しやすいと評判。観光シーズンでも比較的人が多くないため、穴場のスポットといえるでしょう。

src= 

親海湿原

住所

〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「南神城駅」から徒歩約20分
〇車でのアクセス
 長野自動車道「安曇野IC」上信越自動車道「長野IC」から約50分、下車後徒歩約20分

駐車場

あり 白馬さのさかスキー場第1駐車場

駐車料金

無料

電話番号

0261-75-2811 白馬さのさか観光協会

サイトURL

大出公園

古民家越しに堪能できる、北アルプスの景観「大出公園」

  • 公園

白馬村を紹介する観光ポスターや雑誌にも登場するなど、白馬を代表する絶景スポット、大出(おおいで)公園。敷地の周囲には吊橋や芽葺き(めぶき)屋根の古民家が点在しており、姫川にかかる古民家越しに見る北アルプスなどの景観はまさに美しい田舎の原風景といったところ。懐かしい家屋とともに見せるその光景は、四季折々に合わせて変化していきます。敷地内は緑豊かで、サクラやモモなどが楽しめる観光名所としても人気。特におすすめの観光シーズンは4月〜5月。この時期に公園から見られる残雪の北アルプスと新緑の美しい川沿いの光景は、見事なコントラストです。

src=

大出公園

住所

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大出7157-1

営業時間

園内自由

定休日

なし

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 「白馬駅」前から車で約5分、徒歩約15分
〇車でのアクセス
 上信越自動車道「長野IC」から約1時間10分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0261-72-7100  白馬村観光局

サイトURL

栂池自然園

標高1,900mの大自然を楽しめる、日本屈指の高層湿原「栂池自然園」

  • 自然

標高約1,900mに位置する栂池自然園は、白馬三山を目前に眺められる日本でも珍しい高層湿原です。園内では、高層湿原ならではの自然観察を行うことができます。たとえば6月には本州で最も遅咲きのミズバショウが群生。その時期にはエリアで唯一、日本三大雪渓の白馬大雪渓を眺望できます。園内にあるビジターセンターには、無料休憩所だけでなくボルダリングや付近の絶景を背景にした合成写真を撮影できるコーナーもあり、雨の日でも楽しむことができます。

src= 

栂池自然園

住所

〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村千国乙

営業時間

6月12日~10月24日

定休日

10月25日~翌年6月上旬

料金

栂池自然園入園料 大人 320円 子ども(小学生) 260円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「白馬駅」「南小谷駅」からバスで約20分、「栂池パノラマウェイ」から徒歩約10分
 北陸新幹線「長野駅」から特急バスで約1時間10分、「栂池高原」下車、「パノラマウェイ」で約40分下車後徒歩約10分
〇車でのアクセス
 北陸自動車道「糸魚川IC」から約50分、「栂池パノラマウェイ」で約40分、下車後徒歩約10分
 長野自動車道「安雲野IC」から約1時間10分、「栂池パノラマウェイ」で約40分、下車後徒歩約10分
 上信越自動車道「長野IC」から約1時間10分「栂池パノラマウェイ」で約40分、下車後徒歩約10分

駐車場

あり

駐車料金

500円/日

電話番号

070-4091-5204 栂池ビジターセンター

サイトURL

エイブル白馬五竜

豊富なコースがスキーヤーやスノーボーダーを引き付ける「エイブル白馬五竜」

エイブル白馬五竜はHakuba47ウィンタースポーツパークと山頂で繋がっていて、共通券で滑走ができ、最長滑走距離は約6,400m、全23コースがあり、スキー初心者からベテラン上級者まで幅広いレベルのプレイヤーが楽しむことができるのも、人気の理由の一つです。ウインタースポーツを楽しめる時期は11月下旬からゴールデンウィークまでと長いため、多くのスキーヤーやスノーボーダーによろこばれています。また晴天であれば、ゲレンデから北アルプスの雄大なパノラマを望みながらスキーやスノーボードを楽しめます。

src= 

エイブル白馬五竜

住所

〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城

営業時間

平日 8:00~16:50, 18:00~21:30(ナイター営業は営業日をご確認下さい)
土日 7:00~16:50, 18:00~21:30(ナイター営業は営業日をご確認下さい)

料金

アダルト18~59歳 5,500円 ユース13~17歳 4,000円 シニア60~79歳 4,500円、チャイルド6歳〜12歳 2,900円 キッズ、Gシニア、6歳未満、80歳以上 無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「神城駅」または「飯森駅」からバスで約5分、「エイブル白馬五竜エスカルプラザ」下車すぐ
〇車でのアクセス
 上信越自動車道「長野IC」から約50分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0261-75-2101
0261-75-2636

サイトURL

白馬ジャンプ競技場

日本のジャンプチームが金メダルに輝いた地「白馬ジャンプ競技場」

白馬ジャンプ競技場は長野オリンピックの競技・スキージャンプの会場となった場所であり、信州三大観光施設の一つでもあります。この白馬ジャンプ競技場で金メダルを取った日の丸ジャンプチームが、日本中の話題をかっさらっていったのが印象的だった、という方は多いのでは。現在、一般客でも入場可能となっており、リフトを利用してスタートタワーに登れば、選手が滑り出すスタート地点の高さを実感できます。ジャンプ台に立つだけで、足がすくむほどの高さと迫力が体験できます。

src= 

白馬ジャンプ競技場

住所

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城3609

営業時間

4月中旬~5月末 8:30~16:10(上り最終)、16:30閉場
6月~11月 10:00~14:30上り最終 15時閉場
(8:30~10:00、15:00~16:30は選手専用時間)

定休日

なし
但し、リフト運休期間 4月上旬・12月上旬、大会開催時

料金

大人460円 小学生・中学生 280円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR大糸線「白馬駅」からタクシーで約5分、徒歩で約30分
〇車でのアクセス
上信越自動車道「長野IC」から約1時間10分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0261-72-7611

まとめ

白馬村には、スキー場以外にも楽しめる観光地がたくさんあります。スキーやスノーボードを楽しむために白馬村は最適ですが、冬以外にも楽しみたいという方は、ぜひ一度ご紹介したスポットを訪れてみてはいかがでしょうか。


※最新の基本情報は公式サイトをご確認下さい
※2021年3月1日時点の情報です

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング