幕末の動乱を語るために欠かせない場所のひとつといえば「松下村塾」。幕末の思想家・吉田松陰が主宰したこの私塾で学んだ若者たちが、成長したのちに近代日本の礎を築いてきたのです。山口県には松下村塾から巣立っていった志士たちの足跡が多く残っており、歴史好きなら興奮すること必至の観光スポットがたくさんあります。また、鍾乳洞や沿岸部の奇岩など、自然が産み出した芸術作品も見逃せません。

元乃隅神社

鳥居と海の美しさと、入れにくい賽銭箱による開運が期待できる「元乃隅神社」

  • 絶景
  • 神社仏閣

「元乃隅神社」は白狐から御告げを受けた網元が建立した神社。祭神は狐を神使とする宇迦之御魂神(うかのみたま)で、商売繁盛や開運厄除など、様々な御利益があると言われています。傾斜のある参道には123基の鳥居が連なって約100mほどのトンネルを構成しており、潜ると異世界に辿り着いたような感動が味わえます。鳥居と海の色合いが眩いほどのコントラストを生んでいるので、高台からの眺望も抜群。「日本一入れにくい賽銭箱」があることでも有名で、大鳥居の上部に設置された賽銭箱に上手く賽銭を投げ入れることができれば、開運に繋がるそうです。また、断崖部では「龍宮の潮吹」を見物できます。これは約20~30mも潮が吹き上がる自然現象で、運が良いと霧状に散った潮に虹が現れます。

src=

錦帯橋

住所

〒741-0062 山口県岩国市岩国

料金所営業時間

8:00~17:00 
観光シーズン中は18:00まで
夏期は19:00まで
24時間入橋は可能ですが、22:00からは消灯

料金

大人(中学生以上)310円 小学生 150円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「新岩国駅」から錦帯橋行バスで約15分、「錦帯橋バス停」 下車すぐ
 JR「新岩国駅」からタクシーで約10分
〇車でのアクセス
 山陽自動車道「岩国IC」から約10分

駐車場

あり

駐車料金

平日無料(花見、ゴールデンウイーク等のシーズン中は1日300円)
3・4・5・9・10・11月の土日祝300円

電話番号

0827-29-5107 錦帯橋課

サイトURL

松下村塾

明治維新の主導者を輩出した私塾「松下村塾」

  • 世界遺産

幕末の思想家・吉田松陰の「松下村塾」は高杉晋作、久坂玄瑞を筆頭に優秀な人材を輩出した私塾です。日本の重鎮となる伊藤博文や山縣有朋も在籍していました。実は創立者は松陰ではなく、叔父の玉木文之進。松陰も塾生だったのです。やがて松陰が継ぐと、学問のみならず尊皇攘夷の思想教育や自由闊達な議論が行われるようになりました。松陰の死後は塾生や親族が塾を守りましたが、やがて閉鎖されてしまいます。しかし、建物は当時のまま松陰神社の境内に現存しており、現在では世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産となっています。中には入れませんが、講義に使われた部屋を外から眺めることが可能です。境内には蝋人形で松陰の人生を再現した「歴史館」、松陰が処刑前日に書いた遺書「留魂録」を展示する「至誠館」もあるので、これらの建物もぜひ見学してみましょう。

src=

松下村塾

住所

〒758-0011 山口県萩市椿東1537

営業時間

境内自由 (夜間は松下村塾などは戸締りをいたします)

定休日

なし

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR山陰本線「東萩駅」下車、タクシーで約5分または徒歩約20分
〇車でのアクセス
 山陽自動車道「防府東IC」から約1時間20分
 中国自動車道・小郡萩道路上「美祢東JCT」から約40分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0838-22-4643

サイトURL

萩城下町

激動の時代を駆けた維新志士の足跡が残る「萩城下町」

関ヶ原の戦いで西軍総大将の座にあった毛利輝元が1604年に築城した萩城。その城下にて発展したのが、「萩城下町」です。江戸時代の地図が現代でも通用するほど地形が維持されているのが特徴で、侵入者を阻む鍵曲(かいまがり)、瓦の継ぎ目を漆喰で塗り上げたなまこ壁、煤と柿渋の塗料で塗り上げた黒板塀の建物などに、当時の面影が残っています。世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産でもあり、「木戸孝允旧宅」、高杉晋作や伊藤博文が幼少のみぎりに通った「円政寺」などがある「旧町人地」は歴史好き垂涎の名所として有名です。なお、萩城の天守などは1874年に解体されていますが、「萩城跡指月公園」に訪れると堀や石垣を見ることができます。

src=

萩城下町

住所

〒758-0072 山口県萩市呉服町1丁目

アクセス

○電車でのアクセス
 JR山陰線「東萩駅」から徒歩約20分
〇車でのアクセス
 中国自動車道「美祢東JCT」から約35分、小郡萩道路「絵堂IC」から約20分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

0838-25-3139

サイトURL

秋吉台国定公園

日本最大級のカルスト地形を有する「秋吉台国定公園」

  • 自然

「秋吉台」は美祢市(みねし)の東部にある台地です。白い岩肌が露出したカルスト地形が特徴で、これは約3億5千年の時を経て珊瑚礁が石灰岩に変質して生まれたもの。その規模は本邦最大級で、約4,500ヘクタールの範囲が国定公園に指定されています。地下には「秋芳洞(あきよしどう)」を筆頭に、壇ノ浦の戦いに敗れた平家の武将・大庭景清が潜んだと伝わる「景清洞」、牛を隠すのに用いられた「大正洞」など、無数の鍾乳洞が存在しています。また、地表では固有種のアキヨシアザミ、アキヨシミミナグサなど、多様な植物を観察できます。同じく美祢市にある「別府弁天池」も見逃せません。別府厳島神社の境内に湧出している水は、コバルトブルーに見えて色彩が美しく、飲用も可能です。

src=

秋吉台国定公園

住所

〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉秋吉台山

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「新山口駅」からバスで約40分、「秋芳洞」下車、車で5分
〇車でのアクセス
 JR「新山口駅」から県道28号経由し約30分
 中国自動車道「美祢東JCT」経由小郡萩道路「秋吉台IC」から約5分

駐車場

周辺の駐車場をご利用ください

駐車料金

無料

電話番号

0837-62-0115  美祢市観光協会

サイトURL

秋芳洞

スケールは日本最大級!日本三大鍾乳洞に数えられる「秋芳洞」

  • 自然

「秋芳洞」は国の特別天然記念物に指定されている巨大な鍾乳洞。観光用に開かれているのは約1kmですが、総延長は約11kmにも及びます。中国の世界遺産「黄龍」を彷彿とさせる石灰華段丘「百枚皿」、富士山型の巨大石柱「洞内富士」、海月の大群の如き石筍「クラゲの滝登り」など見所が多く、コウモリやヨコエビなどの生物も棲息しています。ヨコエビは1cmほどのサイズなので発見は困難ですが、運が良ければ固有種が見られるかもしれません。入口は複数ありますが、おすすめは正面入口。縦20m×横8mほどの豪快な裂け目から中に入るので、冒険心が駆り立てられます。懐中電灯を用いての探検が楽しめる「秋芳洞冒険コース」も用意されていますが、こちらは道が険しいので、歩きやすい靴で挑みましょう。

src=

秋芳洞

住所

〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2

営業時間

3月~11月 通常期 8:30~17:30 閉洞18:30
12月~2月 閑散期 8:30~16:30 閉洞17:30

定休日

なし

料金

大人 1,300円 高校生 1,300円 中学生 1,050円 小学生 700円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「新山口駅」からバスで約40分、「秋芳洞」下車すぐ
〇車でのアクセス
 中国自動車道「美祢東JCT」経由小郡萩道路「秋吉台IC」から約5分

駐車場

あり

駐車料金

普通車500円(正面入口付近の駐車場)

電話番号

0837-62-0115

サイトURL

防府天満宮

日本三大天満宮のひとつに数えられる日本最初の天満宮「防府天満宮」

  • 神社仏閣

「防府天満宮」は904年に創建された神社。菅原道真公を祀る日本最初の天満宮であり、京都府の「北野天満宮」、福岡県の「太宰府天満宮」と共に三大天満宮と称されています。国の登録有形文化財である本殿は、銅板葺の入母屋造。鮮やかな朱色の楼門とは打って変わって落ち着いた色合いなので、その対比を楽しんでください。大石段横の県指定史跡「大専坊」は戦国大名・毛利元就が本陣とした場所で、幕末には志士の屯所として機能しました。「暁天楼」も同様に志士の会合に用いられ、高杉晋作や坂本龍馬も出入りしたそうです。展望に優れた「春風楼」や500もの宝物を収蔵する「歴史館」も見逃せません。また、境内には梅が約1,100本もあり、「梅まつり」の季節には芳しい香りが境内を包みます。

src=

防府天満宮

住所

〒747-0029 山口県防府市松崎町14-1

開門時間

6:00~19:00

拝観

無料(歴史館及び茶室での抹茶拝服は、ともに500円)

アクセス

○電車でのアクセス
 JR山陽本線「防府駅」から徒歩約15分
〇車でのアクセス
 山陽自動車道「防府東西IC」から約10分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0835-23-7700

サイトURL

青海島

島全体が国の天然記念物に指定されている「青海島」

  • 絶景

青海島は青海大橋で本州と繋がっている、面積約1,400ヘクタールの島。南部を除く島の周囲は火山や荒波が長い年月をかけて創り上げた洞窟や奇岩の宝庫となっており、別名「海上アルプス」とも呼ばれています。景観を陸から楽しむ場合には「青海島自然研究路」、海から楽しむ場合には「青海島観光汽船」の遊覧船利用がおすすめ。特に後者は、様々な奇岩を観覧できる上に、波が穏やかなら船体スレスレの洞門を通り抜ける演出もあり、スリルが味わえます。また、極めて稀ですが、イルカを見たという報告もあります。島の歴史に触れたいのであれば、「くじら資料館」へどうぞ。実は、青海島では江戸時代から明治時代にかけて、銛を使った捕鯨が行われていました。資料館からほど近い向岸寺(こうがんじ)にある国の史跡・鯨墓は捕鯨文化の名残。仕留めた鯨に宿っていた胎児が埋葬されています。

src=

青海島

住所

山口県長門市

アクセス

○電車でのアクセス
 JR山陰線・美祢線「長門市駅」からバスで約20分、「静ヶ浦」下車、徒歩約3分
〇車でのアクセス
 中国自動車道「美祢IC」から約50分

駐車場

あり

駐車料金

乗用車(普通車・軽自動車)500円 バス(大型・中型・マイクロバス)1,500円 二輪車100円

電話番号

0837-26-0708 長門市観光案内所「YUKUTE」

サイトURL

下関市立しものせき水族館・海響館

下関ならではの展示が充実している「下関市立しものせき水族館・海響館」

  • 動物園・水族館

くじらをイメージした流線型の大屋根が特徴の「海響館」は、2021年4月1日に開館20周年を迎える水族館です。世界に数体しか現存していないシロナガスクジラの全身骨格標本の展示は、そのスケールに圧倒されます。日本最大級のペンギン展示施設「ペンギン村」は屋外と屋内の2つのゾーンで5種類約140羽のペンギンが展示されていて、「ペンギン大編隊」というイベントでは飛ぶようにいきいきと泳ぐペンギンたちの姿を至近距離で見ることができます。また、下関らしくフグの仲間の展示が充実しています。トラフグ、マンボウなど種類数世界一を誇るフグの仲間の展示は必見です。他にも、国内では珍しいイルカとアシカの共演ショーやスナメリがつくるバブルリングが見られる※など、見どころが満載です。
※現在は休止中です。イベントなどの情報は事前にホームページにてご確認ください。

src=

下関市立しものせき水族館・海響館

住所

〒750-0036 山口県下関市あるかぽーと6-1

営業時間

9:30~17:30 (最終入館 17:00)

定休日

なし

料金

大人(高校生以上) 2,090円 小・中学生 940円 幼児(3歳以上) 410円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「下関駅」から約5分、「海響館前」下車すぐ
 JR「新下関駅」から約30分、「海響館前」下車すぐ
〇車でのアクセス
 中国自動車道・関門自動車道「下関IC」から約15分

駐車場

なし(近隣有料駐車場あり)

電話番号

083-228-1100

サイトURL

関門海峡

海底から県境も跨げる、日本有数の長さを誇る関門橋のある「関門海峡」

本州と九州を分かつ「関門海峡」。日本海と瀬戸内海を結ぶ海運の要所でありながら流れが激しく、来島海峡、鳴門海峡と共に日本三大急潮に数えられています。全長約1,038mの関門橋は1973年に開通した海峡のシンボル。開通当時、その長さは日本一でした。海底には3本のトンネルが通っており、「関門トンネル」には人道も設けられています。トンネル半ばの床には山口県と福岡県の境を示すラインが引かれており、約58mの海底で県境を跨ぐ貴重な体験が可能です。また、下関出入口にある「関門プラザ」では展示を通して、関門橋やトンネルについて学ぶことができます。なお、海峡の下関側には源平合戦の舞台・壇ノ浦があるので、歴史好きは散策を楽しんでみてください。連絡船を利用すれば、剣豪の決闘で知られる巌流島に上陸することもできます。

src=

関門海峡

住所

山口県下関市

アクセス

○電車でのアクセス〈関門トンネル人道 下関口まで〉
 JR「下関駅」からバスで約10分、「御裳川(みもすそがわ)」下車すぐ
 JR「新下関駅」からバスで約25分、「御裳川(みもすそがわ)」下車すぐ
〇車でのアクセス〈関門トンネル、関門橋の通行所要時間〉※車で走行した時間
 「関門トンネル」で約6分
 関門橋高速道路「下関IC」「門渡港IC」間で約4分

電話番号

093-618-3141

サイトURL

赤間神宮

幼くして壇ノ浦に沈んだ帝の魂を慰める「赤間神宮」

  • 神社仏閣

「赤間神宮」は平清盛の孫・安徳天皇を祀る神社。元々は小泉八雲の怪談『耳なし芳一』の舞台である阿弥陀寺という寺院でしたが、神仏分離を経て神社となり、1940年から「赤間神宮」と号するようになりました。神宮の象徴である竜宮造の「水天門」は白色のアーチ型通路、朱色の楼閣、緑色の屋根のコントラストが美しく、その威容はまさに竜宮城の如し。これは壇ノ浦の戦いにて、わずか6歳で入水することになった安徳天皇を慰めるべく詠まれた「いまぞ知る みもすそ川の おんながれ 波の下にも 都ありとは」という歌を汲み取ってデザインされているからです。境内には平家一門が眠る「七盛塚」、源平合戦図などを収蔵する「宝物殿」などもあり、諸行無常が感じられます。

src=

赤間神宮

住所

〒750-0003 山口県下関市阿弥陀寺町4-1

営業時間

参拝時間6:00~18:00 授与所・宝物殿9:00~17:00

定休日

なし

料金

宝物館100円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「下関駅」からバスで約10分、「赤間神宮前」下車すぐ
〇車でのアクセス
 中国自動車道「下関IC」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

083-231-4138

サイトURL

岩国城

くびれを備えたセクシーな復興天守が特徴の「岩国城」

「岩国城」は岩国藩主・吉川広家が1608年に築城した山城。標高約200mほどの城山に置かれ、横山城とも呼ばれていました。錦川を天然の外堀として利用した堅牢な城でしたが、1615年の一国一城令により、解体を余儀なくされた歴史があります。現在の天守は「伝岩国城断面図(岩国徴古館蔵)」を参考にして、1962年に再建された鉄筋コンクリート製の復興天守です。3層4階の上に物見を置いた桃山風南蛮造りが再現されています。南蛮造りは、下層階よりも幅広の上層階を備えた構造で、岩国城を外から眺めると、4階が3階よりも張り出しているのがわかるはず。いわば、3階が「くびれ」のようになっているのです。内部には刀剣や甲冑に加えて、錦帯橋の模型などが展示されています。

src=

岩国城

住所

〒741-0081 山口県岩国市横山3丁目

営業時間

9:00~16:45(入館は16:30まで)

定休日

ロープウエー点検日

料金

大人(中学生以上) 270円 小学生 120円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR山陽本線「岩国駅」からバスで約20分「錦帯橋」下車、錦帯橋渡橋後徒歩約5分、「山麓駅」からロープウエーで約3分、「山頂駅」から徒歩約5分
〇車でのアクセス
 山陽自動車道「岩国IC」から約10分、錦帯橋渡橋後徒歩約5分、「山麓駅」からロープウエーで約3分、「山頂駅」から徒歩約5分

駐車場

ロープウエー山麓駅駐車場、錦帯橋下河原駐車場、錦城橋下駐車場

駐車料金

錦帯橋下河原駐車場については多客時の昼間は有料(自家用車:300円、大型バス:1,000円)

電話番号

0827-29-5116(岩国市観光振興課)

サイトURL

湯田温泉

鎌倉時代以降、維新志士たちにも愛された歴史ある温泉「湯田温泉」

  • 温泉

「湯田温泉」は長門湯本、俵山、川棚の温泉と共に防長四湯と呼ばれている名湯です。古文書に曰く、鎌倉時代から利用されていたようですが、室町時代に負傷した白狐が傷を癒したのが始まりという伝説も残されています。湯量は山陽道でも随一で、一日に約2,000トンが湧き出ています。非火山性にも関わらず泉温が高く、最高温度は70度を超えるとか。泉質はアルカリ性単純温泉。無色無臭で、やわらかく肌馴染みの良いお湯で、美肌の湯として親しまれています。湯田温泉駅の周辺に広がる温泉街には無料の足湯が5箇所あり、観光案内所の前には飲泉場も設置されているので、挑戦してみましょう。また、幕末の志士や文豪が湯田温泉を楽しんだという逸話も多く、「維新の湯」は坂本龍馬らが浸かった浴槽とされています。

src=

湯田温泉

住所

〒753-0056 山口県山口市

アクセス

〇車でのアクセス
 JR山陽新幹線「新山口駅」から約20分
 中国自動車道「小郡IC」もしくは「山口IC」から約10分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

083-901-0150 湯田温泉観光案内所

サイトURL


まとめ

山口県には、松下村塾の他にも魅力的な観光スポットが数多く存在していることが分かったかと思います。幕末を代表する思想家である吉田松陰や初代内閣総理大臣である伊藤博文など、日本の歴史を大きく変えた男たちの足跡、魅力溢れる大自然を、ぜひ巡ってみてください。


※2021年3月1日時点の情報です。
※最新情報は各施設の公式サイトをご確認下さい。

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング