古都・大宰府で天神さまのご神徳を頂く

福岡県太宰府市宰府にある太宰府天満宮は、天神さまを祀る全国12000社の総本宮です。天神さまとは、菅原道真公のこと。「学問・至誠・厄除け」の神様として知られています。太宰府へは博多から車で約40分、電車で約45分でアクセスできます。

太宰府天満宮の門

大宰府天満宮 3つの魅力

  1. 大宰府天満宮のご利益
  2. 菅原道真公について
  3. 太宰府の歴史が残る町

1.大宰府天満宮のご利益

大宰府天満宮は、学問の神様が祀られています。入学試験や資格試験、採用試験などの祈願祭に参加できます。

ご神前にて名前と住所を読み上げてもらうことで、天神さまのご神徳をいただきます。試験を控えたご親戚がいる方は福岡観光の際に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

また、太宰府天満宮は学問だけでなく、宮内にある「御神橋」(写真)を渡ると、浄化・お清めのご利益があるとされています。

2.菅原道真公について

菅原道真公は西暦845年、京都で誕生しました。一流の政治家や学者としての才覚を備えた道真公は、宇多天皇に重用されます。

しかし、これに嫉妬した貴族の政略によって無実の罪で太宰府に流され、生涯を終えました。

勅命によって社殿が建立。無実が証明され、道真公に天満大自在天神という神様の爵位を贈られてから、天神さまとして人々に崇められるようになりました。

3.太宰府の歴史が残る町

太宰府市は、約15%の地域が史跡地に指定されるほど豊かな歴史遺産に恵まれた町です。

奈良・平安時代において九州の政治外交の中心を担った地方最大の役所「大宰府政庁跡」(写真)や、国の特別史跡「水城跡」など多くの観光スポットがあります。

また「九州国立博物館」をはじめ「太宰府展示館」「水城館」などの博物館も多く、歴史好きにもおすすめの街です。

おすすめツアー(博多)

博多(博多バスターミナル)から太宰府天満宮は、直行バスで約42分でアクセス可能です。

太宰府天満宮へのアクセス

src=

■住所
 〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4-7-1
■電話番号
 092-922-8225
■電車でのアクセス
 西鉄太宰府線 太宰府駅より徒歩4分
■バスでのアクセス
 西鉄バス 太宰府駅バス停より徒歩4分
■車でのアクセス
 都市高速 太宰府ICより20分
■駐車場
 なし

太宰府天満宮の施設紹介

太宰府天満宮 (だざいふてんまんぐう)

「学問・至誠・厄除けの神様」として崇敬される菅原道真公を祀る、全国約12,000社の天満宮の総本宮。一年を通し、受験生をはじめとする約1000万人もの参拝者が訪れます。参道に土産店が充実しているのも魅力です。多くのお店で売られている小豆あん入りの餅菓子「梅ヶ枝餅」は太宰府名物。焼きたてのおいしさは格別です。

  • 福岡県太宰府市
  • 拝観料/無料
  • 開門時間/6:30~18:30(時季により異なる)※詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/西鉄太宰府駅から徒歩約5分
  • 所在地/福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
  • お問い合わせ/092-922-8225(9時~17時)

太宰府周辺の観光スポット

九州国立博物館 (きゅうしゅうこくりつはくぶつかん)

『文化交流展示』では旧石器時代から時代別に5つのテーマで日本とアジア諸地域との文化交流の歴史をわかりやすく紹介。日本に伝わってきた美しい文化と芸術を堪能することができます。

  • 福岡県太宰府市
  • 観覧料/(文化交流展)大人430(団体220)円/大学生130(団体70)円/高校生以下・18歳未満・満70歳以上は無料※特別展は別料金(2019年8月19日現在の情報です)
  • 開館時間/日曜日・火曜〜木曜日9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)金曜日・土曜日9時30分〜20時00分(入館は19時30分まで)
  • 休館日/月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/福岡県太宰府市石坂4丁目7-2
  • お問い合わせ/050-5542-8600(ハローダイヤル)

どんこ舟のお堀めぐり (どんこぶねのおほりめぐり)

北原白秋の故郷・柳川は、縦横に掘割が走る詩情豊かな水郷の町。旧城下町の風情あふれる中を船頭さんが巧みに舟を操ります。水面に映える赤煉瓦の並倉や白いなまこ壁など、旅情たっぷり。

  • 福岡県柳川市
  • 料金/大人(中学生以上)1,500円~1,650円/小人800円~830円※船会社により異なる。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 営業時間/午前9時頃~夕刻。※船会社により異なる。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 乗船場所/西鉄柳川駅から徒歩5~10分のところにあります。
  • お問い合わせ/0944-74-0891(柳川市観光案内所)

柳川藩主立花邸 御花

歴代藩主の甲冑などを展示した資料館を公開しています。

北原白秋生家・記念館 (きたはらはくしゅうせいか・きねんかん)

代々柳川藩御用達の海産物問屋で造り酒屋でもあった白秋の生家を復元。

  • 福岡県柳川市
  • 料金/大人500(450)円/小人250(200)円/学生450(400)円※( )は20名以上の団体料金。(2019年10月24日現在の情報です)
  • 開館時間/9:00~17:00
  • 休館日/12月29日~1月3日
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/福岡県柳川市沖端町55-1
  • お問い合わせ/0944-72-6773

他の「特集まとめ」の掲載記事を見る

注目の特集