高知県といえば、まず思い浮かぶのは坂本龍馬です。しかし、高知の魅力はそれだけに留まりません!ゆかりの地を訪れた後は市場で舌鼓を打つもよし、自然を生かしたアクティビティを楽しむもよし、いろいろな角度から旅を満喫することが出来るでしょう。実は歴史だけじゃなく、SNS映えする名所もたくさんある高知。今回はそんな高知県観光にぴったりのスポットを、14か所厳選してご紹介いたします。

桂浜

坂本龍馬像が太平洋を望む高知を代表する景勝地「桂浜」

写真提供:(公財)高知県観光コンベンション協会

  • 絶景

高知県を代表する景勝地のひとつである桂浜は、高知市浦戸半島の先端にあります。龍頭岬と竜王岬の間に弓上に広がる砂浜が美しく、月の名所としても知られており、その様は「月の名所は桂浜」とよさこい節でも唄われるほど。浜辺を囲むように茂る松林も、海岸の美しさを一層引き立てています。また、太平洋を見下ろす坂本龍馬の銅像は、あまりにも有名です。実際に龍馬像の隣に立ってみると、海もいつもと違う見え方をするかもしれません。周辺は公園になっており他の見どころや観光スポットも多いため、高知旅行で最初に訪れるのもおすすめです。

src=

桂浜

住所

〒781-0262 高知県高知市浦戸

アクセス

◯公共交通機関でのアクセス
 とさでん交通バス「桂浜」下車、徒歩約5分
 MY遊バスでJR「高知駅」から約1時間10分
◯車でのアクセス
 「高知IC」から約30分

駐車場

あり

駐車料金

普通自動車400円

電話番号

088-823-9457 観光振興課

サイトURL

はりまや橋

情緒あふれる橋「はりまや橋」

写真提供:(公財)高知県観光コンベンション協会

純信とお馬の禁断の恋物語で有名な橋です。よさこい節でも唄われ、橋の横には2人の像も設置されています。現在は川のせせらぎを再現したはりまや橋公園として観光スポットになっています。日本三大がっかり名所として有名ですが、朱色の欄干がとても綺麗で写真映えするため、フォトスポットとしても人気です。はりまや橋の東側にはからくり時計があり、1時間おきによさこい節が流れるのも高知ならでは。からくりにはよさこいを踊る人々や龍馬像も登場しますよ。近くには現存する中で最も長い歴史を持つという路面電車も走っており、レトロな雰囲気を味わうのにもぴったりです。

src=

はりまや橋

住所

〒780-0822 高知県高知市はりまや町

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR土讃線「高知駅」から徒歩約13分
◯車でのアクセス
 高知自動車道「高知IC」から車で約15分

駐車場

なし

電話番号

088-823-9457 観光振興課

サイトURL

足摺岬

四国最南端の岬「足摺岬」

  • 絶景

太平洋を臨む足摺半島の先端に位置する足摺岬。足摺宇和海国立公園にある、四国最南端の岬です。270度にも視界が開けた展望台から眺める太平洋の景色はまさに絶景!水平線がアーチ状に見えることから、普段は意識していない「地球は丸い」という事実を肌で実感出来るスポットとされています。昼間は勿論のこと、朝日もまた格別な美しさ!この足摺岬とその眺望は、世界的に有名なガイドブックにも掲載され、世界中から注目されています。因みに足摺岬は別名つばきの岬とも呼ばれています。自生する約6万本のつばきは、2月頃に花盛りを迎えます。

src=

足摺岬

住所

〒787-0315 高知県土佐清水市足摺岬1349

アクセス

◯車でのアクセス
 土佐清水市役所から約20分

駐車場

無料

電話番号

0880-82-1212 観光商工課観光係

サイトURL

四万十川

日本名水百選にも認定された、四国最長を誇る「四万十川」

写真提供:(公財)高知県観光コンベンション協会

  • 自然

四万十川は、四国で最長を誇る大河です。川と人との営みが今でも残っていることや川に多くの水生生物が生息していることから「最後の清流」とも呼ばれています。そして、増水時に橋が水中に「沈下」することを想定し、水の抵抗を受けにくくするために欄干をつくっていない橋は「沈下橋」といい、四万十川のシンボルにもなっています。観光のための遊覧船が出ているので、のどかな風景をたっぷりと楽しむことが出来ます。レンタサイクルやカヌーなどもあるので、気候のいい時期なら風を感じながら雄大な自然を体感するのも素敵ですね。また、四万十川の水は大変きれいなことでも知られ、「日本名水百選」にも選定されています。

src=

四万十川

住所

高知県津野町~中土佐町~四万十町~四万十市

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR予土線「土佐昭和駅」から徒歩約7分
 JR予土線「土佐大正駅」から徒歩約10分 
 JR予土線「江川崎駅」から徒歩約10分
◯車でのアクセス
 土佐くろしお鉄道「中村駅」から約10分

電話番号

0880-35-4171 四万十市観光協会

サイトURL

ひろめ市場

高知で買い物とグルメを楽しむならここ!「ひろめ市場」

  • グルメ

高知市の中心部にあるひろめ市場では、買い物とグルメを楽しむことができます。土佐のグルメや鮮魚、定番のお土産などの屋台が軒を連ね、いつでも賑わいを見せています。市場で手に入れた飲食物は広場や通りに設置されたテーブルと椅子を使って自由に食べることも可能です。藁で焼いたカツオのたたきなど、高知に来たからには食べたいと思うものが買ってすぐに食べられるのは魅力的!もちろんお酒も飲めますので、広場は大きな宴会場のようになることも。高知城から徒歩で約2分という立地ですので、観光の合間の食事にもぴったり。

src=

ひろめ広場

住所

〒780-0841 高知県高知市帯屋町2-3-1

営業時間

 平日・土・祝日 9:00~23:00(LO22:30)
日 7:00~23:00(LO22:30)
 ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間等が変更されている場合があります。事前に公式HPをご確認ください。

定休日

 元日および年6日程度

アクセス

◯電車でのアクセス
 路面電車「大橋通」から徒歩約2分
 JR「高知駅」から車で約5分
◯車でのアクセス
 高知空港から約30分
  高知自動車道「高知IC」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

 基本料金 60分300円

電話番号

 088-822-5287 館内インフォメーション

サイトURL

佐田沈下橋

漁や川遊びに最適な、四万十川にかかる欄干のない橋「佐田沈下橋」

写真提供:四万十市観光協会

四万十川には、沈下橋が全部で48本あります。これらは台風などで増水時に橋が水中に「沈下」することを想定し、水の抵抗を受けにくくするために欄干をつくっておりません。そして、この佐田沈下橋は、四万十川の最下流に架かっており、四万十市街地にも最も近いこともあり、大変人気のスポットです。行楽シーズンには、カメラを片手にたくさんの人で賑わいます。また、この沈下橋は、もともと生活道として架けられたもので、現在も渡ることができ、地元の方の大事な橋となっています。尚、橋を渡る際は、欄干がなく、急な風が吹きますので十分ご注意ください。

src=

佐田沈下橋

住所

〒787-1106 高知県四万十市佐田

アクセス

◯車でのアクセス
 土佐くろしお鉄道「中村駅」から約20分
 高知自動車道「四万十町中央IC」から約1時間20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0880-35-4171 四万十市観光協会

サイトURL

高知城

木造の天守閣に注目!南海道随一の名城「高知城」

土佐藩主であった山内家により創建された高知城。その優美な姿から「南海道随一の名城」とも呼ばれます。天守閣を始め、本丸御殿など15棟が国の重要文化財に指定されています。特に木造の天守閣は必見です。天守閣と追手門が写真に無理なく収まることが特徴で、追手門前は撮影スポットとして大人気!城内には様々な木々が植えられているため、春には梅や桜、夏には紫陽花、秋には紅葉、冬にはつばきといつ訪れても自然とコラボレーションした姿で楽しませてくれます。夏場には高知名物アイスクリンのお店が城内にやってくるので、ひんやりスイーツ片手に散策できるのも魅力的。

src=

高知城

住所

〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1-2-1

営業時間

9:00~17:00 (最終入館16:30まで)

定休日

年末年始

料金

〇高知城天守・懐徳館・東多門・廊下門の利用料
 18歳以上420円 18歳未満(学生証等をご提示ください) 無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「高知駅」から徒歩約25分、もしくはバス「高知城前」下車すぐ
 電車「はりまや橋」乗換え後「高知城前」下車すぐ
◯車でのアクセス
 高知自動車道「高知IC」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

 最初1時間まで 370円
 30分延長毎 110円

電話番号

088-824-5701 高知城管理事務所

サイトURL

四国カルスト

日本三大カルストのひとつでありキャンパーの聖地でもある「四国カルスト」

写真提供:(公財)高知県観光コンベンション協会

  • 絶景

カルストとは地表に現れた石灰岩が雨などによって浸食されることで出来上がった地形のこと。中でも四国カルストは秋吉台、平尾台と並ぶ日本三大カルストのひとつで、日本最長のカルスト台地です。標高も高く夏は避暑地としても人気です。天狗高原に降り立てば、景色は石鎚連峰から太平洋までを見渡せる大パノラマ!美味しい空気と絶景に、日常の疲れも癒されることでしょう。雄大な自然を感じられることから、キャンパーの聖地としても知られています。牛がのんびりと放牧されており、まるで外国のような雰囲気を持っていることから、最近ではSNS映えスポットとしても注目を集めています。

src=

四国カルスト

住所

〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷

アクセス

◯電車でのアクセス
 路線バス「新田」下車、津野町営バスで「天狗荘」行き
◯車でのアクセス
 久万高原町役場から約1時間

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0892-21-1192 久万高原町観光協会

サイトURL

室戸ドルフィンセンター

イルカと貴重な体験が楽しめる施設「室戸ドルフィンセンター」

室戸岬のほど近くにある室戸ドルフィンセンター。その名の通り、イルカと触れ合うことが出来る様々なプログラムが用意されています。餌やり体験や触れ合いは勿論のこと、実際にサインを出してイルカと遊べるトレーナー体験などもあります。ドルフィンスイムのプログラムを予約すれば、イルカと一緒に泳ぐというレアな体験も出来ます。生き物に対するお子さまの興味関心に応えるのにはうってつけ。活き活きとイルカと触れ合うことで「美容と健康」にも繋げるというコンセプトを掲げてもいるので、女子旅で非日常的な体験をしたいときにもぴったりです。

src=

室戸ドルフィンセンター

住所

〒781-7101 高知県室戸市室戸岬町 字鯨浜6810-162

営業時間

10:00~17:00 (最終入場受付:16:30)

定休日

毎週水曜日(10月から翌年3月まで)
水曜日が祭日、冬休み、春休み等の場合は営業予定

料金

 大人(中学生以上)    500円
 小人(4歳以上小学生)  400円
 幼児(3歳以下)     無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR阿佐線「甲浦駅」から車で約50分
 JR「高知駅」からごめん・なはり線「奈半利駅」下車、車で約40分
ごめん・なはり線「奈半利駅」から、高知東部交通「室戸営業所」下車、徒歩約10分
◯車でのアクセス
 高知自動車道「南国IC」から約1時間50分

駐車場

あり

電話番号

0887-22-1245

サイトURL

白山洞門

恋のパワースポットとしても有名!日本最大級の花崗岩でできた洞門「白山洞門」

写真提供:(公財)高知県観光コンベンション協会

  • 自然

白山洞門は、足摺岬の先端にある海食洞です。花崗岩で出来た洞門としては日本最大級を誇り、高知県の天然記念物にも指定されています。洞門の形がちょうどハート型に見えることから、近年では恋愛系パワースポットとしても人気になっています。ハート型の洞門の上には女性がキスをしているように見える岩があり「祝福の海の女神様」のようだと話題にもなりました。女性の観光客が多いのも納得ですね。長い石段を使えば浜まで降り、間近で迫力の姿を見ることが出来ます。階段は少々狭くて急ですので、女性の方は特に靴選びにご注意を。

src=

白山洞門

住所

〒787-0315 高知県土佐清水市足摺岬

アクセス

◯電車でのアクセス
 高知西南交通バス「足摺岬」から徒歩約15分
◯車でのアクセス
 土佐清水市役所から約20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0880-82-1212

サイトURL

高知県立坂本龍馬記念館

幕末の志士の生涯と活躍を知る「高知県立坂本龍馬記念館」

  • 美術館・博物館

高知の偉人・坂本龍馬に関する貴重な歴史資料を展示している施設です。2018年に新館が増築され、既存館がリニューアルされ本館となりました。常設展では龍馬が書いた手紙などからその生涯や人となりを紹介しています。特別展も龍馬や幕末に関する興味深いものばかりで、様々な角度から龍馬や幕末を知ることが出来ます。記念館の屋上からは海が見え、ロケーションも抜群。龍馬ファンなら一度は必ず訪れておきたい場所といえます。ミュージアムショップで売っているオリジナルグッズの「りょうまかるた」もユニーク!

src=

高知県立坂本龍馬記念館

住所

〒781-0262 高知県高知市浦戸城山830

営業時間

9:00~17:00(最終入館16:30)

定休日

なし

料金

 企画展開催時 大人(18才以上) 700円 高校生以下 無料
 展示替期間 大人(18才以上) 500円 高校生以下 無料

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR「高知駅」からとさでん交通バスで約30分、「龍馬記念館前」下車、徒歩約2分
◯車でのアクセス
 高知自動車道「高知IC」から約25分
 高知自動車道「高知IC」から約40分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

088-841-0001

サイトURL

柏島

四国を代表するスキューバダイビングの人気スポット「柏島」

写真提供:(公財)高知県観光コンベンション協会

高知の西南端に位置する柏島。その魅力は何といっても美しい海。豊後水道と黒潮の流れがぶつかる海域に近いことから、日本の海における1/3もの種類の魚が生息しているといわれています。スキューバダイビングのスポットとしても大変人気で、世界でも有数と知られているほど。また、海の透明度が非常に高く、船が浮いて見えるトリック写真が撮れることでも話題になっています。SNS映え確定の旅行写真が撮れますので、是非カメラを持って訪れましょう。海上遊覧船やグラスートなどもありますので、自然や海を思い切り満喫したい人には特におすすめ。

src=

柏島

住所

〒788-0343 高知県幡多郡大月町柏島

アクセス

◯電車でのアクセス
 土佐くろしお鉄道宿毛線「宿毛駅」からバスで約60分(別途乗り換えなど接続に時間を要します)
◯車でのアクセス
 高知自動車道「四万十町中央IC」から約2時間
 土佐くろしお鉄道宿毛線「宿毛駅」から約40分

駐車場

あり

駐車料金

終日500円

電話番号

0880-62-8133 大月町観光協会

サイトURL

仁淀ブルーふるさと体験センター

高知でアクティビティを楽しむならここ!「仁淀ブルーふるさと体験センター」

仁淀川は全国の一級河川の中でも、毎年水質ランキングで上位を記録する、透明感のある美しい川です。その美しさは「奇跡の清流」「仁淀ブルー」とも呼ばれています。仁淀ブルーふるさと体験センターでは、その仁淀川を中心とした高知の大自然の中で体験できる、さまざまなアクティビティを数多く提供しています。一番の人気は何といっても仁淀川でのカナディアンカヌー体験。水の透明度が高い仁淀川だから撮影できる、天気がよければ浮いているように見える宙船写真を撮ってもらえます。その他にも清流遊びや、レンタサイクルでツーリングをしながら観光地やグルメ巡りをする体験なども用意されています。通称UFOラインと呼ばれている林道を電動アシスト付きの自転車で走れるコースなどもありますので、アクティブに高知を楽しみたい方にはうってつけです。

src=

仁淀ブルーふるさと体験センター

住所

〒781-1524 高知県吾川郡仁淀川町長屋甲11-1

営業時間

9:00~16:00

定休日

不定休

料金

アクティビティによる 7,500円~

アクセス

◯車でのアクセス
 高知龍馬空港から約1時間20分
 JR「高知駅」から約1時間10分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

090-3900-0371

サイトURL

高知よさこい情報交流館

高知を代表するよさこい祭りの魅力がわかる「高知よさこい情報交流館」

  • 美術館・博物館

高知の伝統「よさこい祭り」の歴史や魅力を紹介する施設です。館内は歴史と知識のエリア「よさこいサークル」と進化と体感のエリア「よさこいスクエア」に分けられ、様々な角度からよさこいを知ることができます。よさこいシアターでは迫力満点の映像を見ながら実際のよさこいを知り、衣装展示では独創的な衣装の見学が可能です。よさこい体感コーナーではよさこいの踊り子の衣装を着て、記念撮影をすることもできます。また、オリジナルの鳴子づくり体験なども用意されています。高知ならではの文化に存分に触れられるので、観光にはもちろん、お子さまの社会科見学などに利用しても楽しめます。

src=

高知よさこい情報交流館

住所

〒780-0882 高知県高知市はりまや町1-10-1

営業時間

10:00~18:30(最終入館 18:00)

定休日

水曜日、12月29日~1月1日

料金

無料

アクセス

◯電車でのアクセス
  JR「高知駅」から徒歩15分
◯車でのアクセス
 高知自動車道「高知IC」から約10分

駐車場

周辺の有料駐車場をご利用ください

電話番号

088-880-4351

サイトURL


まとめ

歴史や自然を存分に感じられる高知は、家族旅行だけでなく女子旅やカップル旅行にもぴったりです。観光で高知を訪れる際は、ぜひご紹介したスポットへ足を運んでみてください。


※2020年12月1日時点の情報です。
※最新情報は各施設の公式サイトをご確認下さい。

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング