徳島と言えば、日本三大盆踊りのひとつである阿波踊りや世界最大級の大きさを誇る鳴門の渦潮などで有名です。その他にも、自然豊かな場所や歴史的に貴重なスポットに恵まれています。ここでは、必ず訪れておきたい徳島の観光スポットを紹介していきます。

阿波おどり会館

見る阿呆から踊る阿呆へ! 年間通して公演を楽しめる「阿波おどり会館」

  • 美術館・博物館

阿波おどり会館は阿波おどりの歴史と文化を学ぶことのできる施設です。会館専属連による「昼のおどり」が日に4回、有名連による「夜のおどり」が日に1回行われています。公演には参加型のコーナーも存在し、踊り手の目に留まれば団扇や手拭いなどの記念品が手に入ります。この機会に、見る阿呆から踊る阿呆になってみてはいかがでしょうか。さらに併設のミュージアムでは歴代の鳴り物や資料を見ることもできます。阿波おどり以外の見所も多く、物産店・あるでよ徳島の規模は県内最大級です。また、会館5階からロープウェイで眉山の展望台に上がれば、徳島平野や吉野川、淡路島に紀伊半島など雄大な景色をパノラマで楽しめます。

src=

阿波おどり会館

住所

〒770-0904 徳島県徳島市新町橋2丁目20番地

営業時間

阿波おどりミュージアム 9:00~17:00
[昼のおどり]【毎日】1日4回公演(11:00、14:00、15:00、16:00)
[夜のおどり]【毎日】1日1回公演(20:00〜)
※講演内容については都度変更となるため、詳細はHPをご確認くださいませ。

定休日

6月、10月、2月の第2水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
※阿波おどりホールは上記以外にも臨時休演となることがあります

料金

阿波おどりミュージアム 入場料 一般300円、中学生以下無料
[昼のおどり]入場料 大人800円、小・中学生400円 
[夜のおどり]入場料 大人1,000円、小・中学生500円
※今後変更の可能性がございますので、詳細はHPをご確認くださいませ。

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「徳島駅」から徒歩約10分
〇車でのアクセス
 徳島自動車道「徳島IC」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

1時間330円~

電話番号

088-611-1611

サイトURL

徳島県立神山森林公園イルローザの森

広大な敷地にたくさんの遊びが詰まった「徳島県立神山森林公園イルローザの森」

  • 公園

神山森林公園は命名権を取得した株式会社イルローザにより「イルローザの森」の愛称が与えられた森林公園です。標高495mの西龍王山の南側に存在し、面積は約280ヘクタールと広大です。マンマローザ広場には約50mのローラー滑り台やターザンロープなどの遊具があり、お子さんと身体を動かすのに向いています。ほかにも山茶花の生垣迷路、約3.2ヘクタールの面積を芝生が覆うポテレット広場など、広さを活かしたエリアが用意されており、一日中楽しめます。

src=

徳島県立神山森林公園イルローザの森

住所

〒771-3201 徳島県名西郡神山町阿野大地459-1

営業時間

森林学習館・レストハウス 9:00~17:00(11月~3月は9:00~16:00)
炊飯所(バーベキューハウス)9:00~16:00(3月~11月まで)

定休日

森林学習館・レストハウス 年末年始

料金

無料

アクセス

〇車でのアクセス
 JR「徳島駅」から約40分
 徳島自動車道「徳島IC」から約50分
 徳島自動車道「藍住IC」から約40分
 高松自動車道「道板野IC」から約45分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

088-678-0114

サイトURL

月見ヶ丘海浜公園

開放感バツグン!土御門上皇が和歌を詠んだ月見の名所「月見ヶ丘海浜公園」

  • 公園

月見ヶ丘海浜公園は「月」をテーマにした公園です。海沿いという立地に加え、中央に芝生広場があるため、開放感があります。コテージやデイキャンプエリアを利用して、家族や友人とBBQなどを楽しむのも良いでしょう。対象年齢別の大型複合遊具も設置されているので、お子さんを遊ばせることもできます。日が落ちると月見の名所に変貌するので、カップルでの来訪もおすすめ。浜辺沿いには立待月、居待月、臥待月という月見スポットがあり、文字通り立って、座って、寝転んでデートを楽しめるように工夫されています。また、月見の丘からもパノラマの絶景が楽しめます。空港が近いので、マニアの間では飛行機撮影の聖地としても有名です。

src=

月見ヶ丘海浜公園

住所

〒771-0215 徳島県板野郡松茂町豊岡山ノ手42

営業時間

総合案内所 8:30~22:00

定休日

コテージ・ビジターセンター休館日 10月上旬から翌年3月下旬までの毎週月曜日(祝日の場合は翌日火曜)

料金

コテージ 基本料金 12,560 円 + 利用料金(大人1名1泊につき830円、子ども1名1泊につき410 円)
バーベキュー施設 無料

アクセス

〇車でのアクセス
 徳島自動車道「徳島IC」から約20分
 神戸淡鳴鳴門自動車道「鳴門IC」から約25分
 徳島自動車道「松茂スマートIC」から約13分
 徳島とくとくターミナルから約15分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

088-699-6697

サイトURL

阿波木偶人形会館

職人だけが知っている木偶人形のカラクリの秘密がここに!「阿波木偶人形会館」

阿波木偶人形会館は人形浄瑠璃で使用される木偶人形の制作所です。初代・人形健こと多田健二は現代の名工に選ばれるなど確かな技術の持ち主として知られており、平成27年には黄綬褒章を授かっています。会館は、およそ100体もの人形や関係資料の数々が展示されています。また、人形頭の制作過程やカラクリ部分の構造について、詳しい解説を聞くことも可能です。人形を扱った芝居に関しては、映像として用意されたものを見学することができます。また、世界一ジャンボかしらの大きさには圧倒されることでしょう。阿波十郎兵衛屋敷の向かいにあるので、合わせて訪れてみてください。

src=

阿波木偶人形会館

住所

〒771-0114 徳島県徳島市川内町宮島本浦226-1

営業時間

9:00~17:00

定休日

日曜日と第1・3月曜日
年末年始 その他、臨時休館あり

料金

大人500円
学生400円
子人300円

アクセス

○公共交通機関でのアクセス
 徳島市営バス川内循環線「十郎兵衛屋敷」下車すぐ
〇車でのアクセス
 JR「徳島駅」から約15分
 徳島自動車道「徳島IC」から約5分
 国道11号線「吉野川大橋北詰」から約3分

駐車場

バス・乗用車あり

駐車料金

無料

電話番号

088-665-5600

サイトURL

鳴門市ドイツ館

映画にもなった日本とドイツの友好物語を現代に伝える「鳴門市ドイツ館」

かつて徳島県鳴門市にあった板東俘虜(ふりょ)収容所をご存知でしょうか。収容所には一次大戦で俘虜となった千人ものドイツ兵が収容されていました。彼らは所長・松江豊寿の計らいで地域民との交流を許され、地域にドイツ文化をもたらしています。その筆頭がベートーヴェンの「第九」です。収容所で俘虜が行った演奏こそ、アジアで初めて演奏された「第九」だと伝わっています。鳴門市ドイツ館には収容所関連の資料が集まっており、収容所の全貌を把握できるジオラマも用意されています。また、「第九シアター」では人型ロボットの演奏を通じて、「第九」の初演を追体験できます。ちなみに、松江とドイツ兵の交流は映画の題材にもなっています。

src=

鳴門市ドイツ館

住所

〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧東山田55-2

営業時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

定休日

第4月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始

料金

観覧料 大人400円、小・中学生100円

アクセス

○公共交通機関でのアクセス
 JR高徳線「板東駅」から徒歩約25分、もしくはタクシーで約5分
 JR「鳴門駅」から徳島バス鳴門大麻線乗り換え、「ドイツ館」下車すぐ
 バス「鳴門西」下車、徒歩15 分
〇車でのアクセス
 高松自動車道「板野IC」 から約10分
 徳島自動車道「藍住IC」 から約15分
 神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」から約40

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

088-689-0099

サイトURL

UZUPARK(ウズパーク)・UZUHALL(ウズホール)

スケートボードやバスケットボール、ボルダリングが楽しめる「UZUPARK(ウズパーク)」・「UZUHALL(ウズホール)」

ウズパークとウズホールは、地域開放型施設として大人から子どもまで多くの方々に楽しんでいただけるスポットです。
スケートパークは、西日本最大級の広さ、「渦潮」をコンセプトに取り入れたデザイン、初心者から上級者まで楽しめるよう、難易度分けされたコース設計がその特徴です。
バスケットボールコートは、鳴門の海を象徴するブルーを中心に取り入れた色鮮やかなコートが特徴であり、サイクルステーションは、サイクリストのために整備スペース、シャワー、トレイ等を完備しており、ウズパーク利用者の休憩施設としても利用されています。
また、屋内施設のウズホールは、無料施設としては、国内最大級のボルダリングを備えているほか、施設内の図書スペースには漫画や絵本等を中心に約4,000冊もの蔵書が存在するので、一息つくにも重宝しそうです。

src=

UZUPARK

住所

〒772-8510 徳島県鳴門市撫養町大桑島濘岩浜48-1

営業時間

スケートパーク、バスケットボールコート、サイクルステーション7:00~20:00
UZUHALL 9:00~18:00(ボルダリングの利用は17:00まで)※
※ボートレース鳴門の開門が9:00以降の場合は、開門時から営業
※営業時間は変更になる場合があります。詳しくはHPをご確認ください。

休館日

スケートパーク、バスケットボールコート、サイクルステーション 年中無休
UZUHALL 原則年中無休(ただし、月1回程度の閉館日あり)※
※休館日は変更になる場合があります。詳しくはHPをご確認ください。

料金

イクルステーション:
 シャワー室 100円/3分
 コインロッカー 100円/回(当日のみ)
レンタサイクル無料(ただし、ご予約時に保証料1,100円を預け、ご利用後に口座振り込みで返却されます。詳細は以下をご覧ください)
http://asa-cycling.com/rental/rental-naruto/
UZUHALL: ボートレース鳴門のレース開催日は、20歳以上の方は入場料100円が必要
リードクライミング:大人(中学生以上)300円/1回(制限時間5分程度)、子ども(小学生)100円/1回(制限時間5分程度)※
※2021年1月時点では、ボートレース鳴門の非開催日のみ営業のため入場無料
※リードクライミングについては、状況により利用を中止している場合があります

アクセス

〇車でのアクセス
 神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」から約8分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

088-685-8111 ボートレース鳴門

サイトURL

あすたむらんど徳島

水・緑・光で五感を刺激してくれる施設がたくさん!「あすたむらんど徳島」

  • 公園

あすたむらんど徳島は「水と緑と光の交流拠点」がコンセプトの大型公園です。水の象徴としてウォーターライド「吉野川めぐり」、様々な工作体験が楽しめる「体験工房」、光の象徴として「子ども科学館」などが用意されています。特に「子ども科学館」はあすらむらんど徳島の中核施設で、大人も目を奪われるような見どころが盛りだくさん。放電現象を観察する「カミナリシアター」をはじめ、好奇心を刺激する展示が無数に存在します。月面の重力を味わえる「ムーンウオーカー」、仮想空間で育てた魚で海中を冒険する「いのちの海」など、体験型コーナーやゲーム感覚で学びを得られるコーナーも数多く用意されているので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

src=

あすたむらんど徳島

住所

〒779-0111 徳島県板野郡板野町那東キビガ谷45-22

営業時間

9:30~17:00 ※7月上旬~8月下旬は18:00

定休日

水曜日(祝日の場合は翌日、8月中旬の水曜日は除く)

料金

入園料:無料
子ども科学館 常設展示場 一般510円、小・中学生200円 
       プラネタリウム 一般510円、小・中学生200円 
吉野川めぐり 一般310円、小・中学生100円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「徳島駅」からバスに乗り換え、「あすたむらんど」下車すぐ
〇車でのアクセス
 徳島自動車道「藍住IC」から車で約15分
 高松自動車道「板野IC」から車で約5分
 神戸淡路鳴門自動車道(高松自動車道)「板野IC」から車で約5分
 JR「板野駅」から車で約5分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

088-672-7111

サイトURL

徳島県立渦の道

徳島名物・鳴門の渦潮を真上から見下ろせる「徳島県立渦の道」

渦の道は大鳴門橋の橋桁に設置された海上遊歩道です。海面から45mの高さに存在しており、長さ約450mの海上遊歩道の先端には展望室が設けられていて、鳴門海峡の眺望を楽しむことができます。最大の特徴は数カ所に設けられたガラス張りの床です。ここから世界三大潮流に数えられる鳴門の渦潮を真上から見ることもできます。渦潮は確実に発生しているわけではありませんので、渦の道の公式ホームページを見て、出現期待度を事前にチェックしておくのもおすすめです。

src=

徳島県立渦の道

住所

〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内

営業時間

夏季(3月~9月)9:00~18:00 ※入場は17:30まで
GWと夏休み期間は8:00~19:00 ※入場は18:30まで
冬季(10月~2月)9:00~17:00 ※入場は16:30まで

定休日

3月、6月、9月、12月の第2月曜日

料金

入場料 大人510円、中高生410円、小学生260円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「徳島駅」 から路線バスで約1時間20分、「鳴門公園」下車、徒歩約5分
 JR「鳴門駅」 から路線バスで約25分、「鳴門公園」 下車、徒歩約5分
〇車でのアクセス
 神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」から約5分
 JR「鳴門駅」から約15分

駐車場

あり

駐車料金

1日500円

電話番号

088-683-6262

サイトURL

日和佐うみがめ博物館カレッタ

ウミガメの歴史や生態を深く学べる「日和佐うみがめ博物館カレッタ」

  • 美術館・博物館

うみがめ博物館カレッタはウミガメを観賞するのに特化した博物館です。「大浜海岸のウミガメおよびその産卵地」として天然記念物に指定された海岸沿いに位置しています。展示スペースには古代のウミガメの化石や全8種(亜種含む)のウミガメの剥製、ハイビジョンシアターなどがあり、クイズコーナーで高得点を取れば、ウミガメ博士認定証やバッジがもらえます。生体展示も豊富で、「ただよううみがめ館」では頭上を泳ぐウミガメのお腹を観察できます。また、2020年に古希を迎えた浜太郎も見逃せません。飼育環境にあるアカウミガメとしては、なんと世界最高齢。土日祝限定となりますが、大ガメへのエサやり、子ガメとの触れ合いイベントも開催されています。

※2021年1月現在、ハイビジョンシアター・クイズコーナーおよび各種イベントは中止しております(再開時期は未定)。詳しくはHPを確認してください。

src=

日和佐うみがめ博物館カレッタ

住所

〒779-2304 徳島県海部郡美波町日和佐浦370-4

営業時間

9:00~17:00

定休日

月曜日(国民の祝日にあたる時はその翌日)
年末休日

料金

大人610円
中・高生500円
小学生300円

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「日和佐駅」から徒歩約20分
○車でのアクセス
 徳島自動車道「徳島IC」から車で約1時間40分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

0884-77-1110

サイトURL

祖谷のかずら橋

スリル満点!日本三大秘境に架かる「祖谷のかずら橋」

祖谷のかずら橋はシラクチカズラを素材とする吊り橋で、国の重要有形民俗文化財に指定されています。由来は諸説あり、平家の落人が逃亡時に切り落とすつもりで架けたとも、空海が村人のために架けたとも伝わっています。実際に渡ることができ、水面までの距離14mは高すぎず低すぎずスリル満点。幅があるので中央に立つと手摺りを掴めず、左右どちらかに寄ることになります。また、足場となる「さな木」は直径約10cmほどの角材で、約20cmほどの隙間からは谷底が丸見え。角度によっては足がはまるので、倒した梯子の上を歩いているような感覚に陥ります。これが45mも続きます。度胸試しにいかがでしょうか。

src=

祖谷のかずら橋

住所

〒778-0102 三好市西祖谷山村善徳162-2

営業時間

4月~7月下旬 7:00~18:30
7月下旬~8月 6:30~19:00
9月 7:00~18:30
10月~11月 7:00~17:30
12月~2月上旬 8:00~17:00 
2月上旬~3月 8:00~18:00
※年度に変動するため詳細は公式ページをご確認下さい

定休日

なし

料金

大人(中学生以上) 550円 
子ども(小学生) 350円
未就学児 無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR「大歩危駅」から四国交通バスで「かずら橋」「かずら橋夢舞台」下車、徒歩5分
〇車でのアクセス
 徳島自動車道「井川池田IC」から車で約1時間

駐車場

あり かずら橋夢舞台(市営駐車場)

駐車料金

普通車500円

電話番号

0883-76-0877

サイトURL


まとめ

徳島は四国の中でも自然豊かな土地として知られています。ですが、徳島は阿波踊りの歴史が学べたり、家族で一日中遊べたりと、自然を楽しむ以外の過ごし方もたくさん選べます。ぜひ今回ご紹介した徳島の観光スポットに訪れてみてはいかがでしょうか。


※2020年12月1日時点の情報です。
※最新情報は各施設の公式サイトをご確認下さい。

ほかの観光地を探す

日付・条件からプランを探す

国内ツアーランキング