夏目漱石や正岡子規など、明治時代に活躍した文豪たちとのゆかりが深い松山市。松山といえば『坊っちゃん』にも出てくる道後温泉が有名で、文豪たちにちなんだ場所も多く、明治時代の雰囲気が残る建物は風情を感じられることでしょう。また、美術館やミュージアムなど様々な楽しみ方ができる観光スポットがたくさんあります。

道後温泉本館

日本三古湯と言われる道後温泉の「道後温泉本館」

  • 温泉

道後温泉は日本最古といわれている温泉であり、夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも登場した愛媛を代表する観光スポットです。道後温泉のシンボルの道後温泉本館は、1994年に日本の公衆浴場として初めての国の重要文化財で、今もなおそのまま公衆浴場として営業しているという珍しい施設です。本館では「湯釜」と呼ばれる大きな円柱形の湯口から湯が注がれており、その独特な雰囲気と相まって非日常的な空間を演出しています。付近には地ビールを提供している飲食店などもあるため、風呂上がりの格別な一杯が味わえます。

src=

道後温泉本館

住所

〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6

営業時間

6:00〜23:00(札止 22:30)

定休日

12月に1日臨時休業あり

料金

大人(12歳以上) 420円 小人(2〜11歳)160円

アクセス

◯電車でのアクセス
 JR・伊予鉄道「松山駅前」から伊予鉄道市内電車で約25分、またはタクシーで約25分
 伊予鉄道「松山市駅」から伊予鉄道市内電車で約20分、またはタクシーで約20分
○車でのアクセス
 「松山IC」から車で約30分

駐車場

あり

駐車料金

道後温泉駐車場 30分100円

電話番号

089-921-5141

サイトURL

坊っちゃん列車ミュージアム

老舗・伊予鉄の130年を越える歴史が詰まった「坊っちゃん列車ミュージアム」

  • 美術館・博物館

坊っちゃん列車ミュージアムは伊予鉄グループの展示施設。同社の歴史をまとめた約6mの年表、伊予鉄道1号機関車の原寸大レプリカ、松山市内の今昔対比ジオラマ、車輌の部品などが展示されています。そもそも、坊っちゃん列車とは伊予鉄道で昭和29年まで運行していた看板列車の愛称。夏目漱石が『坊っちゃん』で「マッチ箱のような汽車」と表現したことに由来しています。蒸気機関車としての坊っちゃん列車は役目を終えて久しいですが、平成13年に動力をディーゼルとして復活。SL特有の排煙を蒸気で、ドラフト音をスピーカーで再現する芸の細かさに脱帽です。無論、冷暖房などというハイカラな装置はありません。

src=

坊っちゃん列車ミュージアム

住所

〒790-0012 愛媛県松山市湊町4丁目4-1 伊予鉄グループ本社ビル 1F

営業時間

7:00〜21:00

定休日

なし

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道電停「松山市駅」から徒歩約3分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

089-948-3290

サイトURL

道後ぎやまんガラス美術館

煌めくような和ガラスを約300点も収蔵する「道後ぎやまんガラス美術館」

  • 美術館・博物館

道後ぎやまんガラス美術館は江戸、明治、大正の和ガラス製品の展示施設です。収蔵品は西日本最多の約300点。施設名に冠する「ぎやまん」のみならず、江戸初期の薄く儚い「びいどろ」の作品も展示されています。色とりどりの徳利や器、風鈴の類はもちろん、丁寧に扱わないと折れてしまいそうな煙管、持ち上げたらバラバラにまってしまいそうな虫かごなど、当時の職人が工夫を凝らして創り上げた作品は実にユニークで、いつまでも眺めていたくなります。また、道後温泉本館の象徴・振鷺閣の窓にも張られている赤いぎやまんを見ることもできます。訪れた際には作品のフォルムのみならず、ガラスを透過した光の色も含めて、ご堪能ください。

src=

道後ぎやまんガラス美術館

住所

〒790-0836 愛媛県松山市道後鷺谷町459-1

営業時間

9:00〜22:00 入館受付は21:30まで

定休日

水曜

料金

大人(高校生以上)650円  高齢者(65歳以上)550円
中学生450円
※小学生以下 無料

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道電停「道後温泉駅」より徒歩約7分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

089-933-3637

サイトURL

大観覧車くるりん

松山市駅すぐ!坊っちゃん列車の乗車券で無料で利用できる「大観覧車くるりん」

  • 乗り物

大観覧車くるりんは、いよてつ髙島屋の9階に設置された直径約45mの観覧車です。駅ビルなので、松山市駅から直接、いよてつ髙島屋に入ることができます。直通エレベーターは外が見えるタイプもあり、もうじきもっと高い位置から見下ろすことができると思うと、胸が高鳴ります。くるりんの最高到達点は地上約85mにも及び、市街地はもちろん、松山城までバッチリ見えます。1周にかかる時間は約15分。冷暖房完備なので、快適な空の旅をお楽しみいただけます。全方位を見渡せるシースルーゴンドラも2台用意されています。なお、坊っちゃん列車の乗車券があれば、くるりん通常ゴンドラに無料で乗ることができるので、あわせてのご利用がおすすめです。

src=

大観覧車くるりん

住所

〒790-8587 愛媛県松山市湊町5丁目1-1 いよてつ髙島屋9階

営業時間

10:00~21:00(最終搭乗時刻 20:45)
※営業時間は変更になる場合があります

定休日

いよてつ髙島屋の休業日に準じます

料金

通常ゴンドラ 1人700円(小学生未満無料・保護者同伴の場合に限る)
シースルーゴンドラ 1人1,000円(小学生未満無料・保護者同伴の場合に限る)

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道「松山市駅」直結

駐車場

あり

駐車料金

1時間320円

電話番号

089-948-7056

サイトURL

放生園

道後温泉駅前すぐ!足湯に入れる「放生園」

  • 温泉

放生園は道後温泉駅前の広場にある観光スポット。建武年間の頃、伊佐爾波神社の境内から御手洗川を引いて作った放生池が前身と伝わっています。既に池は埋め立てられていますが、開湯伝説に登場する白鷺の足跡が残るという鷺石、正岡子規の像、坊っちゃんカラクリ時計など、見所には事欠きません。また、無料で使用できる足湯は道後温泉本館と同じ泉質で、源泉かけ流し。湯釜は本館で明治24年から昭和29年まで使用されていた年代物なので、一見の価値あり。また、夜になるとガス灯の明りで昼間とは違った雰囲気が楽しめますよ。旅先で困ったら隣接している道後観光案内所へどうぞ。

src=

放生園

住所

〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町6-7

営業時間

足湯 6:00〜23:00

定休日

なし

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道市内電車「道後温泉駅」すぐ
〇車でのアクセス
 松山自動車道「松山IC」から約25分

駐車場

周辺のコインパーキング等をご利用ください

電話番号

089-948-6558 松山市役所 観光・国際交流課

サイトURL

五十一番食堂

看板メニューはお遍路さんから地元民まで虜にした伝統のやきもち!「五十一番食堂」

  • グルメ

五十一番食堂は四国八十八ヶ所霊場第51番札所・石手寺の入口に店を構えています。名物は白と緑、2種類のやきもち。これは、こしあん入りの餅を焦げ目が付くまで鉄板で焼いたもので、白は米粉のみ、緑は国産ヨモギが入っています。モチモチした食感と程よい甘さが魅力で、いくらでも食べられそう。100円でお釣りが来る価格設定なので、お財布に優しいのもうれしいポイント。甘く香ばしい香りに誘われて購入するお遍路さんは数知れず。地元の人でもおやつ代わりに買っていくほど好まれています。食堂内ではうどん、そば、おでん、丼もの、飲み物なども提供しているので、ガッツリ食べたい場合は食堂内へどうぞ。

src=

五十一番食堂

住所

〒790-0852 愛媛県松山市石手2丁目9-20

営業時間

8:00~17:00

定休日

不定休

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道電停「道後公園駅」から徒歩約17分
 伊予鉄道電停「道後温泉駅」から徒歩約18分
○バスでのアクセス
 伊予鉄道バス停「石手寺前」から徒歩約3分

駐車場

なし

電話番号

089-977-3003

サイトURL

愛媛県美術館

モネやセザンヌの絵画も楽しめる「愛媛県美術館」

  • 美術館・博物館

愛媛県美術館は鑑賞(みる)、創作(つくる)、学習(まなぶ)をテーマとした参加創造型の美術館です。松山城がそびえ立つ勝山(城山)の麓、国指定史跡・松山城跡内に位置しています。新館(本館・西館)、南館の3棟から成り立っていて、新館はコレクション展、企画展、特別展の開催場所として使用されています。コレクションはクロード・モネやポール・セザンヌなど海外の著名な画家の作品から、杉浦非水、畦地梅太郎、真鍋博など郷土出身の作家の作品まで幅広く、約12,000点が収蔵されています。企画展やコレクション展は多様なテーマで開催しています。南館は県民アトリエ、貸しギャラリーとして解放されており、地域の創作活動の拠点として機能しています。

src=

愛媛県美術館

住所

〒790-0007 愛媛県松山市堀之内

営業時間

9:40~18:00 (入室は17:30まで)

定休日

月曜日 (祝日及び振替休日に当たる場合は、その翌日)
ただし毎月第一月曜日は開館、翌火曜日が休館
年末年始

料金

コレクション展 一般 330円(260円)  高校・大学生 220円(170円)
※カッコ内は、20名以上の団体料金

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道電停「南堀端 愛媛県美術館前」下車すぐ
〇車でのアクセス
 松山空港から車で約20分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

089-932-0010

サイトURL

子規堂

二度の焼失を乗り越えて復元された、正岡子規の暮らした家「子規堂」

子規堂は正岡家の菩提寺である正宗寺の境内にあります。初代・子規堂は大正15年に柳原極堂が建てたもので、正岡家旧居の建材を使用していました。しかし、昭和8年に火災で焼失。昭和10年に再建された二代目・子規堂も昭和20年に空襲を受けてしまいました。現在の子規堂は戦後間もなく建てられたもので、子規が17歳まで暮らした家の間取りが再現されています。堂内には子規の遺墨や遺品が展示されており、勉強部屋では子規の使っていた文机を見ることもできます。ちなみに、境内には初代・子規堂よりも古い明治37年製の埋髪塔があります。ここには子規の遺髪が埋まっているとされ、現在でも当時の姿を見ることができるのです。

src=

子規堂

住所

〒790-0023 愛媛県松山市末広町16-3

営業時間

9:00〜17:00(最終入館16:40)

定休日

なし

料金

50円

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道電停「松山市駅」から徒歩約5分
〇車でのアクセス
 松山自動車道「松山IC」から約40分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

089-945-0400

サイトURL

えひめこどもの城

保護者のケアも万全!遊びと学びがたくさん詰まった「えひめこどもの城」

  • テーマパーク

えひめこどもの城は約35ヘクタールの敷地を持つ児童厚生施設です。子どもたちに創造力、自主性、社会性を培ってほしいという思いの詰まった「遊びと学び」の空間になっています。中核である「あいあい児童館」は西洋の城をイメージした全天候型施設で、本を読んだり、楽器に触れたり、大型遊具で身体を動かしたり、子どもが好奇心の赴くまま遊べる環境が整っています。乳幼児向けコーナーではお子さまと遊びながら、臨床心理士に相談することもできます。料理や工作の体験も可能なので、プログラムをチェックしてみましょう。屋外にも芝生広場や約360mを滑走するボブスレーなど豊富な遊び場があり、中学生以上なら本格的な四輪バギーの運転やジップラインも楽しめます。

src=

えひめこどもの城

住所

〒791-1135 愛媛県松山市西野町乙108-1

営業時間

9:00~17:00
夏季期間(夏休み期間)9:00~18:00

定休日

水曜日(祝日の場合はその翌日)・年末年始
※春、夏、冬休み期間中は無休(年末年始を除く)

料金

入園料  無料
【遊具】
ロードトレイン    高校生・大人 300円 高齢者(65歳以上) 100円 小・中学生 100円
コシロちゃんバス   高校生・大人 200円 小・中学生 100円
四輪バギー      高校生・大人 500円 中学生 200円
ボート      1そう30分 500円 (3人乗り・4人乗り)
ボブスレー      高校生・大人 300円 高齢者(65歳以上) 100円 小・中学生 100円   
てんとう虫のモノレール 高校生・大人 300円 高齢者(65歳以上) 100円  小・中学生 100円
ジップライン(2021年3月中旬OPEN)子ども1,100円~・大人3,000円~(予定)
【体験活動】
ワークショップ・クッキング・創作工房陶芸・創作工房木工など 参加費100円~500円程度

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道電停「松山市駅」から伊予鉄バスに乗り換え、「えひめこどもの城」下車
〇車でのアクセス
 松山自動車道「松山IC」から約15分
 松山自動車道「川内IC」から約20分

駐車場

あり

駐車料金

1回 300円

電話番号

089-963-3300

サイトURL

の・ボールミュージアム

野球用語を翻訳した正岡子規の雅号を継ぐ「の・ボールミュージアム」

  • 美術館・博物館

の・ボールミュージアムは坊っちゃんスタジアム内にある野球歴史資料館です。名称はベースボールを愛した正岡子規(幼名は升と書いて、のぼる)の雅号「野球(のぼーる)」に由来しています。展示エリアはプロ野球とアマチュア野球に分かれていて、プロ野球コーナーにはイチローのグラブなど、スター所縁の品が展示されています。一方、アマチュア野球コーナーではバットを構えた子規のオブジェや愛媛の野球年表を見ることができます。名場面シアターでは愛媛代表校の名試合を振り返ることができますよ。館内には投球技術が問われるバーチャルピッチング、知識が問われる野球クイズなども用意されているので、あなたの野球愛を試してみては?

src=

の・ボールミュージアム

住所

〒790-0948 愛媛県松山市市坪西町625-1

営業時間

9:00~17:00

定休日

月曜日から金曜日(ただし祝日は除く)、年末年始

料金

無料

アクセス

○電車でのアクセス
 JR予讃線「市坪駅」から徒歩約2分
〇車でのアクセス
 松山自動車道「松山IC」から約10分 
 松山自動車道「伊予IC」から約20分  
 JR「松山駅」から約15分
 松山空港から約20分
 三津浜港から約25分
 松山観光港から約30分

駐車場

あり

駐車料金

無料

電話番号

089-968-6660  公益財団法人松山市スポーツ協会

サイトURL

坊っちゃんカラクリ時計

総工費は約1億円!?放生園の象徴「坊っちゃんカラクリ時計」

道後温泉駅前広場・放生園において、ひときわ目を惹くのが坊っちゃんカラクリ時計です。これは道後温泉本館の建設百周年事業の一環として平成6年に設置されたもので、総工費約1億円と実しやかに囁かれています。竹下内閣の「ふるさと創生事業」で自治体に1億円が交付されたというのが真相のようですが、実物を目の当たりにすると、やはり値打ちものに見えます。大きさはビルの2階ほどもあって、外見は本館の振鷺閣にそっくりです。白鷺や赤いぎやまん障子も再現されています。また、真骨頂は内蔵のカラクリ。決められた時間になると時計がビルの3階ほどに伸長し、軽快なメロディと共に『坊っちゃん』の登場人物が現れ、広場を彩ってくれます。

src=

坊っちゃんカラクリ時計

住所

〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町6-7

営業時間

午前8時から午後10時までの間、1時間ごと
 ※30分間隔の上演期間
  土日祝日
  3月、4月、8月、11月(毎日)
  年末年始
  ゴールデンウィーク

定休日

なし

アクセス

○電車でのアクセス
 伊予鉄道電停「道後温泉駅」すぐ

駐車場

なし

電話番号

089-948-6558 松山市役所 観光・国際交流課

サイトURL