秋田

秋田

施設・史跡

太平山スキー場オーパス (たいへいざんすきーじょうおーぱす)

秋田市街地から車では約30分の都市型スキー場。初級〜中級向けのファミリー向けのゲレンデです。リフトは3基あり、高速クワッドリフト(4人乗り)利用の$100萬コースはメインゲレンデとして、毎日ナイター営業も行い、コース上部から秋田市の夜景を見ることができます。

  • 秋田県秋田市
  • リフト料金/一般2,095円(1,255円)、小学生以下1,045円(625円) ※( )内は4時間券のリフト料金となります。
  • 営業時間/9:00〜21:00(16:00〜17:00を除く) ※12月第3日曜〜3月第3日曜は積雪状況により変更の場合有
  • 定休日/なし ※営業期間は公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/JR秋田新幹線 秋田駅より路線バス(仁別リゾート公園線ザ・ブーン行き・12番線乗り場)で約35分、スキー場前バス停下車
  • 所在地/秋田県秋田市仁別字蛇馬目沢111
  • お問い合わせ/018-827-2221(夏期018-827-2270)

秋田市立千秋美術館 (あきたしりつせんしゅうびじゅつかん)

JR秋田駅西側のアトリオン内にある美術館。江戸時代後期の佐竹曙山や小田野直武らによる秋田蘭画をはじめ、日本画の平福穂庵・百穂父子、寺崎廣業、写真家の木村伊兵衛など郷土ゆかりの作家作品を収蔵。戦後ニューヨークで活躍した洋画家・岡田謙三の記念館も併設している。

  • 秋田県秋田市
  • 観覧料/コレクション展:一般310円(250円)、大学生210円(160円) ※( )内は20名以上の団体料金 / 企画展:各企画展で異なる。 ※高校生以下 無料
  • 開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日/年末年始(12月29日~1月3日)、アトリオン全館休館日 ※そのほか臨時休館あり
  • アクセス/JR秋田駅より西口徒歩約5分
  • 所在地/秋田県秋田市中通二丁目3-8(アトリオン)
  • お問い合わせ/018-836-7860

太平山三吉神社 (たいへいざんみよしじんじゃ)

勝利成功・事業繁栄の神様をまつる東日本各地の三吉神社・太平山講の総本宮。霊峰<太平山>頂上に奥宮、市内広面に里宮が鎮座し、「みよしさん」「さんきちさん」の愛称で親しまれ、古くから勝負の神として全国より崇敬を集める。
毎年1月17日に行われる<三吉梵天祭>は、力の神にあやかろうと、男衆が激しくもみ合う秋田の冬の風物詩。
※山頂奥宮(夏季のみ)は山小屋を併設し宿泊可能。

  • 秋田県秋田市
  • 拝観料/無料
  • 参拝時間/常時 (祈祷受付 8:30~17:00)
  • 定休日/なし
  • アクセス/秋田駅西口より秋田中央交通バス(太平方面行き)で約10分、「三吉神社入口」バス停下車、徒歩約2分
  • 所在地/秋田県秋田市広面字赤沼3-2
  • お問い合わせ/018-834-3443

秋田県立美術館 (あきたけんりつびじゅつかん)

藤田嗣治作品を中心とする平野政吉コレクションと、秋田県民が現代の芸術を表現する場として活用できる県民ギャラリーを持つ美術館。
大壁画「秋田の行事」は、平野政吉の依頼によって藤田嗣治が描いた代表作。幅20.5mの大壁画は圧巻。
世界的建築家・安藤忠雄氏が設計した館には、千秋公園の四季を水庭越しに一望できる「ミュージアムラウンジ」がある。

  • 秋田県秋田市
  • 料金/一般310円、シニア(70歳以上)280円、大学生210円、高校生以下無料 ※特別展開催時は料金が変更になる場合があります。
  • 開館時間/10:00~18:00(最終入館17:30) ※竿燈期間(8月3日~6日)などは開館時間が変更になる場合があります。
  • 休館日/不定休
  • アクセス/JR秋田駅より徒歩約10分
  • 所在地/秋田県秋田市中通一丁目4-2
  • お問い合わせ/018-853-8686

角館樺細工伝承館 (かくのだてかばざいくでんしょうかん)

樺細工(かばざいく)をはじめ、工芸品、文化、歴史資料などを紹介する施設。樺細工は、ヤマザクラの樹皮を用いて独特の技法で作る工芸品で、古くは武士の手内職として印籠などに見られた。230年の歴史を持ち、今では国の伝統的工芸品に指定されている。館内では伝統工芸士の樺細工製作実演もあり、職人の熟練の技を見学することができる。

  • 秋田県仙北市
  • 入館料/大人(高校生以上)300円、小人(小中学生)150円 ※新型コロナウィルス感染症に係わる経済支援対策 公共料金の減免として令和3年3月31日まで入館料無料(2020年6月26日現在の情報です)
  • 開館時間/4月〜11月 9:00〜17:00(入場は16:30まで)、12月〜3月 9:00〜16:30(入場は16:00まで)
  • 休館日/年末年始(12月28日〜1月4日)
  • アクセス/JR田沢湖線・秋田新幹線 角館駅より徒歩約25分またはタクシーで約7分
  • 所在地/秋田県仙北市角館町表町下丁10-1
  • お問い合わせ/0187-54-1700

秋田犬会館 (あきたいぬかいかん)

国の天然記念物に指定されている秋田犬。渋谷駅前の銅像になっている忠犬ハチ公が有名ですが、その出身地である秋田県大館市には、犬種団体が管理する日本で唯一の犬の博物館「秋田犬博物室」があります。秋田犬保存会創立50年を記念して建設された秋田犬会館の3階にあるこの博物館では、秋田犬の歴史や生態系などが展示されています。
会館前には、銅像「望郷のハチ公像」があるのでぜひご覧ください。これは、昭和20年に回収された大舘駅前のハチ公像の台座を使い、60年ぶりに建立されたもの。生まれ故郷である大館市大子内の方向を向いています。

秋田犬とは、約400年前に大館地方の藩主が闘犬を奨励した際、マタギ猟の犬と土着犬を組み合わせ誕生させたと伝えられる犬種です。立て耳が印象的な大きな頭に、引き締まった胴、垂直に伸びた四肢、巻き尾など、見るからに剛健素朴な印象。現在も、その大きな体と穏やかな性格で広く親しまれています。
「秋田県博物室」では、この秋田犬に関するさまざまな資料(犬籍・生態・飼育映写・伝記など)が展示されています。また、マタギの部落と道具、古代狩猟のパノラマ、老犬神社物語のパノラマなど、秋田犬と関係の深い展示物も多数あります。

ふっくら耳と愛らしい顔、くるりと巻いたしっぽ。とっても可愛い秋田犬は、ロシアのフィギュアスケート選手に贈られたことでも近年話題になりました。そんな愛らしい秋田犬を実際に見学できるのも、秋田犬会館の魅力です。
4月下旬~11月中旬は、犬舎に秋田犬が入ります。平日には1階事務所内にも秋田犬がいます。国の天然記念物にも指定される貴重な秋田犬を是非間近でご覧になってください。秋田旅行の良い思い出になることでしょう。

  • 秋田県大館市
  • 入場料/大人200円、小人100円
  • 開館時間/9:00~16:00
  • 定休日/8月13日の午後、年末年始(12月28日~1月3日)
  • アクセス/奥羽線 東大館駅より市役所方面へ徒歩約15分。秋田自動車道大館北ICより約3.7km。 ※敷地内駐車場5台、道路挟んで向かい側に大きな駐車スペース有。
  • 所在地/秋田県大館市三ノ丸13-1

秋田国際ダリア園 (あきたこくさいだりあえん)

およそ700種、7,000株ものダリアが咲き誇る秋田国際ダリア園。日本を代表するダリア育種家の鷲澤氏が育てたダリアを見ることができます。毎年多くの新種も発表され、見頃を迎える9月から10月頃には、色とりどりの豪華な景色が一面に広がります。

  • 秋田県秋田市
  • 入園料/大人400円、中学生以下無料
  • 開園期間・時間/8月中旬~11月上旬 7:00~18:00 ※時期により異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 休園日/期間中無休
  • アクセス/JR秋田駅より車で約30分、秋田空港より車で約10分
  • 所在地/秋田県秋田市雄和妙法字糠塚21
  • お問い合わせ/018-886-2969

秋田市土崎みなと歴史伝承館 (あきたしつちざきみなとれきしでんしょうかん)

土崎港の歴史や祭り、文化について、テーマごとに映像やタッチパネルを使って分かりやすく展示。ユネスコ無形文化遺産に登録された「土崎神明祭の曳山行事」の曳山が高さ約11.5メートルの特大サイズで展示され、迫力を体感できる。
また、北前船寄港地として、その模型の展示や当時のにぎわいを描いた「秋田街道絵巻」も実物大モニターで展示。日本最後の空襲のひとつ、土崎空襲については、被爆した建物の一部を移設展示し、実物資料やジオラマを通して戦争の悲惨さを伝えている。

  • 秋田県秋田市
  • 入館料/無料
  • 開館時間/9:00~17:00
  • 休館日/火曜日(火曜日が祝休日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
  • アクセス/JR土崎駅より徒歩約10分
  • 所在地/秋田県秋田市土崎港西3丁目10-27
  • お問い合わせ/018-838-4244

秋田市新屋ガラス工房 (あきたしあらやがらすこうぼう)

秋田市新屋ガラス工房は、工房所属のガラス作家が秋田で独立をめざし、日々創作をいそしむ場として平成29年7月にオープンしました。館内には県内外の作家の作品を展示・販売しているほか、吹きガラス等の体験をすることができます。また、季節のスイーツや飲み物を楽しめるカフェもあります。詳しくは公式サイトをご覧ください。

  • 秋田県秋田市
  • 入館料/無料 ※吹きガラス制作体験(予約制、中学生以上、中学生は保護者同伴)3,300円、手型・足型サンドキャスト体験:(予約制、未就学児、保護者同伴)2,200円
  • 開館時間/9:00~17:00(カフェは11:30~16:30)
  • 定休日/毎週火曜日(当該日が休日に当たるときはその翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)
  • アクセス/新屋駅より徒歩約12分
  • 所在地/秋田市新屋表町5番2号
  • お問い合わせ/018-853-4201

秋田市雄和高尾山レクリエーション施設 (あきたしゆうわたかおさん れくりえーしょんしせつ)

豊かな自然にふれあえる高尾山レクリエーション施設では、山荘周辺から高尾神社まで一帯が生活環境保全林となっており、散策路が整備されています。また、俳人・正岡子規門下で、子規門四天王と称されたうちの一人、石井露月が特に高尾山からの眺望を愛し、多くの句を残しており、露月が高尾山を読んだ句碑、誰でも俳句を詠んで投入できる投句箱が設置され、俳句スポットとしても親しまれています。風光明媚な高尾山に是非お越しください。

  • 秋田県秋田市
  • 料金/無料
  • 営業期間/5月1日~10月31日
  • 営業時間/9:00-17:00 (宿泊の際は終日) ※要予約
  • 休館日/無休
  • アクセス/JR四ツ小屋駅より秋田市マイタウンバス・南部線で「高尾温泉前」バス停下車、徒歩約35分
  • 所在地/秋田県秋田市雄和女米木字高麓沢76番地1
  • お問い合わせ/018-888-5606(秋田市観光文化スポーツ部観光振興課)

秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~  (あきたしおおもりやまどうぶつえん~あきぎんおもりんのもり~)

「動物と語らう森」をテーマに、動物との距離が近いことが魅力の動物園。約100種600点の動物を展示している。ユキヒョウやアムールトラ、カピバラやレッサーパンダなどが人気。園内には秋田公立美術大学と連携して制作したアートサインなど、フォトジェニックなスポットも多数ある。

  • 秋田県秋田市
  • 料金/大人730円、高校生以下無料
  • 営業時間/通常開園 9:00~16:30(最終入園16:00)、雪の動物園(1月・2月の土日祝日) 10:00~15:00(最終入園14:30分)
  • 休館日/12月~2月の平日
  • アクセス/JR秋田駅西口7番線のりばより秋田中央交通バスで約30分、「大森山動物園」バス停下車すぐ。
  • 所在地/秋田県秋田市浜田字潟端154
  • お問い合わせ/018-828-5508

秋田市立赤れんが郷土館 (あきたしりつあかれんがきょうどかん)

赤れんが郷土館は、国の重要文化財に指定されている旧秋田銀行本店本館(赤れんが館)と新館から構成され、昭和60年に秋田市立赤れんが郷土館として開館いたしました。このうち赤れんが館は2階建てのれんが造りで、明治42年着工し同45年に完成、外観はルネッサンス様式、内部はバロック様式という趣向をこらした華麗で重厚な建物です。木版画家の勝平得之記念館と鍛金家の関谷四郎記念館も併設し、作品を紹介しています。

  • 秋田県秋田市
  • 観覧料/一般210円(民俗芸能伝承館との共通観覧券260円)、高校生以下無料
  • 営業時間/9:30~16:30
  • 定休日/年末年始(12/29~1/3)、展示替期間(不定期)
  • アクセス/JR秋田駅より徒歩約15分
  • 所在地/秋田県秋田市大町三丁目3-21
  • お問い合わせ/018-864-6851

国指定史跡地蔵田遺跡「弥生っこ村」 (くにしていしせきじぞうでんいせき「やよいっこむら」)

地蔵田遺跡は、全国で初めて発見された木柵で囲まれた弥生時代前期の集落跡であり、国の史跡に指定されています。市民の手によって竪穴住居や木柵等が復元されており、弥生時代の集落の様子を体感できます。
地蔵田遺跡出土品展示施設では、地蔵田遺跡で発掘された土器や石器を展示しています。

  • 秋田県秋田市
  • 見学料/無料
  • 営業時間/平日 9:00~17:00、土日祝日 10:00~16:00(11月のみ15:00まで)
  • 定休日/12月1日から翌年3月31日まで
  • アクセス/秋田駅東口よりバス「広面御所野線」で約30分、「イオンモール秋田」バス停で下車、徒歩約5分
  • 所在地/秋田市御所野地蔵田三丁目 御所野総合公園内
  • お問い合わせ/018-888-5607(秋田市観光文化スポーツ部文化振興課)

国指定重要文化財 旧黒澤家住宅  (くにしていじゅうようぶんかざい きゅうくろさわけじゅうたく)

今日、残っている江戸時代の武家住宅の多くは、幕末、明治期に建て替えられていたり、その後の改築が激しかったり、附属建物が失われていたりする例が多く、旧黒澤家住宅のように完全な形で江戸時代の形を伝える武家住宅は全国的にも類例がありません。この貴重な建物群は、平成元年5月19日、国指定重要文化財に指定されています。

  • 秋田県秋田市
  • 観覧料/一般100円、高校生以下無料
  • 観覧時間/9:30~16:30
  • 休邸日/年末年始(12月29日~翌年の1月3日)
  • アクセス/【バス】JR秋田駅東口より広面・御所野線で「大戸入口」バス停下車、徒歩約25分。JR秋田駅東口より桜ヶ丘線で「横森二丁目」バス停下車、徒歩約15分。【自動車】JR秋田駅東口より約15分。秋田自動車道秋田南ICより約10分もしくは秋田中央ICより約15分
  • 所在地/秋田県秋田市楢山字石塚谷地297番地99(一つ森公園地内)
  • お問い合わせ/018-831-0285

秋田市立佐竹史料館 (あきたしりつさたけしりょうかん)

JR秋田駅から徒歩圏内の千秋公園内にある施設。秋田藩主佐竹氏は源氏の流れをくむ名門であり、全国の大名の中でも古い歴史を持つ殿様です。その佐竹氏関連の資料を展示するとともに、秋田の藩政時代を紹介しています。

  • 秋田県秋田市
  • 観覧料/一般100円、高校生以下無料
  • 開館時間/9:00~16:30
  • 休館日/年末年始(12月29日~翌年の1月3日)、展示替期間(不定期)
  • アクセス/JR秋田駅西口より徒歩約15分 千秋公園内
  • 所在地/秋田県秋田市千秋公園1番4号
  • お問い合わせ/018-832-7892

久保田城御隅櫓 (くぼたじょうおすみやぐら)

JR秋田駅から徒歩圏内の千秋公園内にある施設。本丸北西の高台にあり、物見と武器庫の役割を担っていた建物を秋田市制100周年事業として平成元年に建設したもので、展望台からは、市街が一望できます。内部では、佐竹氏の歴史を解説し、パネル展示を行っております。

  • 秋田県秋田市
  • 観覧料/一般100円、高校生以下無料
  • 観覧時間/9:00~16:30
  • 休館日/12月1日~3月31日
  • アクセス/JR秋田駅西口より徒歩約15分 千秋公園内
  • 所在地/秋田県秋田市千秋公園1番39号
  • お問い合わせ/018-832-1298

御物頭御番所 (おものがしらごばんしょ)

JR秋田駅から徒歩圏内の千秋公園内にある施設。久保田城内に唯一現存する藩政時代の役所建物。久保田城内の二ノ門(長坂門)の開閉と城下の警備、火災消火を担当していた物頭(足軽の組頭)の詰所で、秋田市指定文化財です。

  • 秋田県秋田市
  • 観覧料/無料
  • 観覧時間/9:00~16:30
  • 定休日/12月1日~3月31日
  • アクセス/JR秋田駅西口より徒歩約15分(千秋公園内)
  • 所在地/秋田県秋田市千秋公園1番7号
  • お問い合わせ/018-832-7892

国指定名勝 旧秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭)庭園  (くにしていめいしょう きゅうあきたはんしゅさたけしべってい(じょしてい)ていえん)

如斯亭庭園は、元禄年間(1688~1704)にその起源があり、名君として名高い9代藩主佐竹義和によって庭園が整備され、「如斯亭」と名付けられました。後に「東北では無二の名園」と評されました。平成19年に国の名勝に指定され、平成26年から修復整備を行い、往時の姿に蘇った如斯亭庭園は平成29年10月に秋田市の新たな名所として開園しました。

  • 秋田県秋田市
  • 入園料/一般210円、高校生以下無料
  • 開園時間/4月~11月 9:00~16:30、12月~3月 9:30~16:00
  • 休園日/年末年始(12月29日~翌年の1月3日)
  • アクセス/【バス】JR秋田駅西口より「秋田温泉線」もしくは「仁別リゾート公園線」で約10分「からみでん」バス停もしくは「扇田」バス停下車、徒歩約5分。【自動車】秋田自動車道秋田中央ICもしくは秋田北ICから車で約15分。
  • 所在地/秋田市旭川南町2番73号
  • お問い合わせ/018-834-6300

浜田森林総合公園 (はまだしんりんそうごうこうえん)

散策路がもうけられており、山林の植物を間近で観察することのできる公園です。園内には冬至梅、豊後梅など約380本の梅の木が植栽されている「梅林園」や、サクラを中心に12品種約650本がある「花木園」、秋に実をつけるヤマブドウ、クリなどがある「木の実園」があります。

  • 秋田県秋田市
  • 入園料/無料
  • 開園期間/4月~11月
  • 開園時間/9:00~17:00
  • アクセス/【バス】JR新屋駅より徒歩約5分の「西部市民サービスセンター」よりマイタウンバス下浜線(要予約)で「梅林園入り口」バス停下車、徒歩約15分。【車】秋田道秋田南ICより国道13号経由約30分。
  • 所在地/秋田県秋田市浜田字稲見沢地内
  • お問い合わせ/018-888-5741(秋田市役所 産業振興部 農地森林整備課)

秋田市民俗芸能伝承館 (あきたしみんぞくげいのうでんしょうかん)

竿燈をはじめとする秋田市の伝統行事や芸能を紹介。実物大の竿燈が展示されており、13:30からは竿燈演技の実演も行われ、高さ約12mまであがる竿燈は必見です。

  • 新型コロナウイルス感染症対策のため、竿燈演技の実演・体験を休止しております。詳細につきましては公式サイトをご確認ください。(2020年9月15日現在の情報です)
  • 秋田県秋田市
  • 入館金/100円(高校生以下無料) ※赤れんが郷土館との共通観覧券260円
  • 開館時間/9:30~16:30
  • 休館日/年末年始(12/29~1/3)
  • アクセス/JR秋田駅より徒歩約15分。JR秋田駅より秋田中央交通バスで「通町」バス停または「ねぶり流し館前」バス停下車、徒歩約1分。
  • 所在地/秋田県秋田市大町一丁目3番30号
  • お問い合わせ/018-866-7091

道の駅あきた港ポートタワーセリオン (みちのえきあきたこうぽーとたわーせりおん)

100mの高さから秋田を一望できる展望台は年中無料です。テレビでも紹介された「うどんそば自販機」では昔懐かしの味を楽しむことができます。秋田のお土産や地元野菜もあり、子供から大人までお楽しみいただけます。

  • 秋田県秋田市
  • 料金/展望料無料
  • 営業時間/9:00~21:00(施設により異なります)
  • 定休日/無休
  • アクセス/秋田自動車道 秋田北ICより車で約15分。JR秋田駅西口よりバス(セリオン線)で約25分「セリオン」バス停下車。JR土崎駅から徒歩で約20分。
  • 所在地/秋田県秋田市土崎港西1丁目9-1
  • お問い合わせ/018-857-3381

道の駅てんのう 天王グリーンランド (みちのえきてんのう てんのうぐりーんらんど)

秋田県潟上市にある天王グリーンランド「道の駅てんのう」は、シンボルタワーの「天王スカイタワー」をはじめ、農産物直売所「食菜館くらら」や天然温泉を併設しております。
広い敷地内には広々とした駐車場やトイレ、グルメスポットも充実し、ご家族みんなで楽しめるエリアとなっております。

  • 秋田県潟上市
  • 料金/入園自由
  • 営業時間/施設により異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 定休日/天王温泉くらら:第2月曜日(祝日の場合は翌日) ※施設により異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/JR上二田駅より徒歩約15分
  • 所在地/秋田県潟上市天王字江川上谷地109-2
  • お問い合わせ/018-878-6588

なまはげ館 (なまはげかん)

男鹿市内各地で実際に使われていた多種多様なナマハゲ面が並びます。

  • 秋田県男鹿市
  • 入館料/一般540(486)円/小中高生270(216)円 ※()は15人以上の団体料金(2019年8月21日現在の情報です)
  • 開館時間/8:30~17:00※年中無休
  • アクセス/秋田駅-(JR男鹿線/55分)-羽立駅-(タクシー約15分)-なまはげ館
  • 所在地/秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢
  • お問い合わせ/0185-22-5050

男鹿水族館GAO (おがすいぞくかんがお)

男鹿の海を中心に国内外の代表的な生き物たち400種1万点と出会うことができます。

  • 秋田県男鹿市
  • 料金/大人1,100円/小・中学生400円(2019年8月21日現在の情報です)
  • 営業時間/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/秋田県男鹿市戸賀塩浜
  • お問い合わせ/0185-32-2221

小坂鉄道レールパーク (こさかてつどうれーるぱーく)

廃線となった鉄道の線路や車両を利用した複合施設。レールバイクや機関車運転体験(別料金・要予約)、貴重な鉄道車両の見学やブルートレインあけぼのに宿泊ができます。

  • 秋田県鹿角郡小坂町
  • 料金/入園料と施設見学(駅舎・車両展示場・機関車庫)大人 高校生以上500円、小人 小・中学生250円(2019年11月26日現在の情報です)
  • 営業時間/9時~17時(最終入場16時30分)
  • 定休日/毎週火・水曜日
  • アクセス/JR盛岡駅前〜【高速バス「あすなろ号」青森行き】〜小坂高校前停留所(約90分)〜【徒歩】~小坂鉄道レールパーク、JR盛岡駅前〜【高速バス「みちのく号」大館行き】〜鹿角花輪駅(約90分)〜【秋北バス 小坂行き】〜小坂小学校前停留所(約45分)〜【徒歩】~小坂鉄道レールパーク(約2分)
  • 所在地/秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古川20-9
  • お問い合わせ/0186-29-3908(小坂町 観光産業課)

康楽館と小坂鉱山事務所 (こうらくかんとこさかこうざんじむしょ)

香川県の旧金毘羅大芝居、兵庫県の永楽館とともに、日本最古級の劇場として知られる康楽館。一度は廃館同様となったものの、昭和61年に無事修復・復活し、今もなお現役の芝居小屋として常打芝居や、絢爛豪華な舞踊ショーが上演されています。外観はモダンな洋風で、下見板張りの白塗り、上げ下げ式窓と鋸歯状の軒飾りが並びますが、中に入ると純和風。桟敷、花道、切穴(すっぽん)、回り舞台などが備えられた、珍しい和洋折衷の芝居小屋です。

特別な公演がある日と休館日以外は施設内の見学も可能。一世紀を超えても現役で活躍する日本最大級の回り舞台や、奈落(舞台床下)、役者をせり上げるために人力で操作するエコな切穴(すっぽん)などを、黒子のガイドで楽しむことができます。楽屋にはあの役者さんの落書きも…!?

「康楽館」は元々、「小坂鉱山」の厚生施設として作られました。時は明治、国をあげての富国強兵・殖産興業政策に貢献した小坂鉱山。明治期から大正期にかけての鉱産額は日本一を誇ります。その繁栄を映すかのように、明治38年(1905)に巨費を投じて建設されたのが、豪壮華麗な「小坂鉱山事務所」です。

木造3階建て、飾り窓が華麗なルネッサンス風の外観。バルコニーの透かし彫りの中には、社名が密かにデザインしてあります。細部にまで気を配った見事な意匠に、当時の小坂鉱山の順風満帆さがうかがえます。玄関ホールを入ると、一本の秋田杉を中心に、「らせん階段」が1階から3階まで。緩やかな曲線の美しさは、一見の価値ありです。

  • 秋田県鹿角郡小坂町
  • 入館料/【康楽館】常打芝居公演と施設見学(ガイド付き):大人(高校生以上)2,200円、小人(小・中学生)1,100円 【小坂鉱山事務所】一般・高校生330円、小・中学生170円 ※見学のみ・2館共通券など、詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 営業時間/9:00~17:00
  • 定休日/年末年始
  • アクセス/JR盛岡駅前より高速バス「あすなろ号」青森行きで約90分「小坂高校前」バス停下車、タクシーで約3分 ※詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/【康楽館】秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2番地 【小坂鉱山事務所】秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2

田沢湖ハーブガーデン ハートハーブ

四季折々のお花やハーブが楽しめるガーデン、田沢湖を一望できるレストランで味わえる地元食材を使った料理やハーブティーが人気。

角館 (かくのだて)

重厚な構えの武家屋敷が建ち並ぶ角館。城下町の面影を残す町の歴史散策が楽しめます。季節ごとに美しい景色が広がり、春には桜並木が満開に咲き誇ります。武家屋敷通りは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、黒板塀が続く通り沿いに咲くシダレザクラが印象的です。

  • 秋田県仙北市
  • アクセス/JR角館駅下車、徒歩約20分
  • 所在地/角館町表町上丁〜東勝楽丁
  • お問い合わせ/0187-54-2700(仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」)

自然

秋田国際ダリア園 (あきたこくさいだりあえん)

およそ700種、7,000株ものダリアが咲き誇る秋田国際ダリア園。日本を代表するダリア育種家の鷲澤氏が育てたダリアを見ることができます。毎年多くの新種も発表され、見頃を迎える9月から10月頃には、色とりどりの豪華な景色が一面に広がります。

  • 秋田県秋田市
  • 入園料/大人400円、中学生以下無料
  • 開園期間・時間/8月中旬~11月上旬 7:00~18:00 ※時期により異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 休園日/期間中無休
  • アクセス/JR秋田駅より車で約30分、秋田空港より車で約10分
  • 所在地/秋田県秋田市雄和妙法字糠塚21
  • お問い合わせ/018-886-2969

森吉山 (もりよしざん)

花の百名山として知られる森吉山。初夏から秋にかけては雪田や湿原に高山植物が咲き誇り、秋にはスキー場周辺のブナ林が黄金に輝きます。ゴンドラを利用すると気軽に登山することができるのでオススメです。冬に見られるアオモリトドマツの樹氷は日本三大樹氷に数えられており、一周約30分の樹氷鑑賞コースもあります。

  • 秋田県北秋田市 
  • ゴンドラ料金(往復)/大人1,800円、小学生800円
  • ゴンドラ運行日時/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • ゴンドラ運休日/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/秋田内陸線 阿仁合駅より森吉山周遊乗合タクシーで約20分
  • 所在地/秋田県北秋田市(森吉山阿仁スキー場:秋田県北秋田市阿仁鍵ノ滝79-5)
  • お問い合わせ/0186-82-3311(森吉山阿仁スキー場)
  • ガイドツアーお問い合わせ先/ふるさと阿仁案内人の会:0186-67-7030、冒険の鍵クーン(0186-72-3168)、森吉山ガイドクラブ(090-6781-3024)、森吉山ネイチャー協会(0186-73-2510)

秋田駒ヶ岳 (あきたこまがたけ)

抜群の眺望と北日本一といわれる高山植物の宝庫。バスで八合目まで行けば、山頂まで約90分程のお手軽な登山コースがあります。

  • 秋田県仙北市
  • アクセス/JR田沢湖駅より羽後交通バス「駒ヶ岳線」を利用、駒ヶ岳八合目にて下車、八合目より「あみだ池」まで徒歩約60分(所要時間約120分)
  • 所在地/秋田県仙北市田沢湖生保内駒ケ岳
  • お問い合わせ/0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

田沢湖 (たざわこ)

日本一の深さを誇る湖。日本百景のひとつで、瑠璃色の鏡のような湖面が神秘的な雰囲気を漂わせています。新緑や紅葉時期は湖面に木々の影を映し、さらに表情豊かになります。伝説の美少女「たつこ姫」の金色に輝くブロンズ像は田沢湖を代表するシンボルです。

  • 秋田県仙北市
  • アクセス/JR田沢湖駅前より路線バス「乳頭線」等を利用して、田沢湖畔で下車。所要時間約15分
  • 所在地/田沢湖潟字搓湖
  • お問い合わせ/0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク)

抱返り渓谷 (だきがえりけいこく)

道がせまく、すれ違うときにお互い抱きかかえるようにすれ違ったというのが名前の由来。青い渓流がとても美しく吊り橋をたどりながらの散策はおすすめです。

  • 秋田県仙北市
  • アクセス/JR神代駅より車で約5分、またはJR角館駅より車で約15分JR田沢湖駅より車で約20分
  • 所在地/秋田県仙北市田沢湖卒田
  • お問い合わせ/0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

刺巻湿原 (さしまきしつげん)

4月上旬から4月下旬は、湿地帯一面にミズバショウが咲き、「刺巻水ばしょう祭り」が開催されます。期間中はお食事・特産品コーナーが設けられ、郷土芸能も行われます。

  • 秋田県仙北市
  • アクセス/JR田沢湖線利用で「刺巻駅」下車、徒歩約15分。JR田沢湖駅または角館駅より羽後交通バス「角館・田沢湖線」利用で「刺巻駅前」下車、徒歩約15分。
  • 所在地/秋田県仙北市田沢湖刺巻
  • お問い合わせ/0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

グルメ

農家レストラン ゆう菜家 (のうかれすとらん ゆうなや)

「自分の手で作ったものを自分のできる範囲で提供することで、いろんな人たちと触れ合いたい」そんな思いから始めたのが「農家レストラン ゆう菜家」です。オーナー自ら農薬不使用でていねいに自家栽培したこだわりのモロヘイヤを練り込んだ麺や、地元秋田で採れる食材や旬の味覚を取り入れた創造的なメニューで季節のおいしさを提供いたします。

  • 秋田県秋田市
  • 営業時間/11:00~15:00(LO 14:30) ※1月・2月冬期休業
  • 定休日/木曜日
  • アクセス/秋田自動車道協和ICより車で約30分
  • 所在地/秋田県秋田市雄和向野字前開45
  • お問い合わせ/018-887-2866

バター餅 (ばたーもち)

北秋田のソウルお菓子といえば「バター餅」。つきたてのお餅にバターや砂糖、卵黄などを練り込んで作られるこの郷土菓子は、数年前にメディアで紹介されたことをきっかけに一気に全国区となりました。バターの豊かな香りとコク、やさしい甘さで子どもから大人まで広く親しまれています。バターを練りこむことで、添加物など入れなくても硬くならず、やわらかな食感が保てるうえに、栄養もたっぷり。昔は冬に猟をするマタギたちの保存食として用いられていたのだとか。一口かじるとふわっと広がるバターの香りに、洋菓子を食べているような錯覚に陥りますが、もちもち食感はやっぱりお餅。一度食べたらやみつきの美味しさです。

みうら庵の「もちもち三角」は第3回日本全国ご当地おやつランキングで4位を獲得。北秋田市の「推奨認定特産品」としての認定を受け、「バター餅といえばみうら庵」と言われるほどの人気です。創業したのは10年ほど前。三浦さんの作るバター餅が近所で美味しいと評判となり、周りから勧められてイベントで販売したことがきっかけでした。直営店舗こそありませんが、内陸線の駅をはじめ、空港、秋田県内のお土産屋さんやアンテナショップなど至る所で販売されています。信頼できる農家さんのもち米しか使わない、品種は混ぜない、もち米をつく時間は長すぎても短すぎてもダメ…。試行錯誤の末完成したレシピで、毎回忠実に作ることが、美味しいバター餅をつくる秘訣なのだそう。「やっぱりこのバター餅でねば、って言われた時は嬉しいよ」と、ひとつひとつ手作りする三浦さんの想いが、やわらかな味わいを生み出しています。

  • 秋田県北秋田市
  • 料金/430円
  • 営業時間/駅窓口営業時間内
  • 定休日/年中無休
  • アクセス/阿仁合駅舎内(秋田新幹線角館駅より徒歩約1分乗換、秋田内陸線角館駅より各駅停車約90分)
  • 所在地/秋田県北秋田市阿仁銀山字下新町119
  • その他販売場所/阿仁合駅窓口及び売店で販売、他鷹巣駅、角館駅、急行列車内、秋田空港売店等で販売中

その他

芸術の里かわべゆうわ (げいじゅつのさとかわべゆうわ)

秋田市河辺・雄和地域には、和紙創作家、陶芸家、画家、彫刻家などがアトリエを構え、芸術活動を行っています。河辺雄和商工会では、“アートの魅力でまちづくり”をテーマに、当地域への移住促進、アーティストの情報発信や交流人口拡大を図る「芸術の里かわべゆうわ」プロジェクトを通じて、アーティストや作品と触れ合える里づくりを行っています。都会には無い自然の豊かさと、人情あふれる地域コミュニケーションのなか、日夜芸術活動に奮闘する「芸術の里かわべゆうわ」で、さまざまな芸術体験をしてみませんか?見学は随時受付、体験は事前予約で承ります。

  • 秋田県秋田市
  • 料金/見学は無料。体験教室等の参加費はアトリエごとに異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 営業時間/アトリエにより異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 定休日/アトリエにより異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/JR和田駅よりタクシーで約15分(アトリエにより異なります。)
  • 所在地/秋田県秋田市河辺・雄和地域 ※アトリエ所在地は公式サイトをご確認ください。
  • お問い合わせ/018-882-3523(河辺雄和商工会 平日8:30~17:15)