岐阜

岐阜

施設・史跡

馬籠宿 (まごめじゅく)

木曽11宿の南玄関、馬籠は文豪・島崎藤村の生まれ故郷。石畳の坂道の両側には木造の民家や千本格子の風情ある家などが連なり、当時の面影をいまに伝えています。

  • 岐阜県中津川市
  • 料金/施設により異なります。※詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 通行時間/情報提供をお願いします。
  • 定休日/施設により異なります。※詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/岐阜県中津川市馬籠
  • お問い合わせ/0573-69-2336(馬籠観光協会)

だち窯やめぐり (だちかまやめぐり)

山と渓流に囲まれた室町時代からの伝統ある美濃焼産地の土岐市駄知(だち)町の窯元を巡り、各窯元ではそれぞれの持ち味を活かした陶器の製造現場を見学でき、価値ある品にふれ、美濃焼を存分に味わえます。

  • 岐阜県土岐市
  • 料金/無料 (2019年11月25日現在の情報です)
  • 営業時間/10時~16時
  • 定休日/事務局に要お問い合わせ
  • アクセス/東海環状道・土岐南多治見インター(土岐プレミアムアウトレット)より車で約15分
  • 所在地/岐阜県土岐市駄知町2321-148
  • お問い合わせ/0572-59-4188(だち窯やネット事務局)

美濃焼伝統産業会館 (みのやきでんとうさんぎょうかいかん)

当館は伝統的文化遺産の継承・保護・育成を図り、美濃焼陶磁器産業全般のさらなる発展に寄与することを目的として作られた施設です。美濃陶芸村が隣接しており美濃焼の伝統を受け継ぐ陶芸家が入村し、作陶に活動を行っております。作陶コーナーでは、ろくろ・絵付けなど、どなたでも作陶体験ができます。

  • 岐阜県土岐市
  • 料金/無料
  • 営業時間/9時〜16時30分
  • 定休日/月曜日(祝日の時は翌日)、年末年始、その他 ※日曜日が祝日の場合は月・火曜日、月曜日が祝日の場合は火・水曜日
  • アクセス/車:東海環状自動車道「五斗蒔スマートインター」より約2分 電車:JR「土岐市駅」より市民バスで約20分
  • 所在地/岐阜県土岐市泉町久尻1429-8
  • お問い合わせ/0572-55-5527(美濃焼伝統産業会館)

岐阜県現代陶芸美術館 (ぎふけんげんだいとうげいびじゅつかん)

国内有数の陶磁器産地にある、近現代の国内外の陶芸・陶磁器作品を専門とする美術館。実用的な器からアート・ピースとしての陶芸作品まで幅広く収集し、陶芸・陶磁器の多彩な魅力を展覧会やイベントを通じて紹介しています。休日を中心に子どもも楽しめる体験型のワークショップや鑑賞会を多数開催しており、手軽に作陶を体験できる作陶施設も併設されています。

  • 岐阜県多治見市
  • 料金/コレクション展一般 340円、特別展展覧会ごとに異なる (2019年11月25日現在の情報です)
  • 営業時間/10時~18時 入館は17時30分まで
  • 定休日/月曜日 ※月曜日が祝日の場合は翌平日、年末年始
  • アクセス/JR多治見駅から多治見市コミュニティーバス(ききょうバス)に乗車しオリベ観光ルート「セラミックパークMINO」にて下車(土・日・祝日のみ運行)。東鉄バスから多治見駅前南口東鉄バス3番乗り場より「妻木線」または「瑞浪=駄知=多治見線に乗車、『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車、徒歩約10分。
  • 所在地/岐阜県多治見市東町4-2-5
  • お問い合わせ/0572-28-3100(岐阜県現代陶芸美術館)

瑞浪市陶磁資料館 (みずなみしとうじしりょうかん)

1300年の歴史を誇る美濃焼や人間国宝の作品が見られる資料館。屋外には、実際に作品の焼成が可能な登り窯や水車などが展示されています。年に数回の企画展・特別展を開催しているほか、絵付けや作陶体験教室なども随時開催しています。(要問合せ)

  • 岐阜県瑞浪市
  • 料金/大人(高校生以下は無料)200円 (2019年11月25日現在の情報です)
  • 営業時間/9時~17時 入館は16時30分まで
  • 定休日/毎週月曜、他 臨時休館あり
  • アクセス/JR中央線瑞浪駅下車徒歩約30分
  • 所在地/岐阜県瑞浪市明世町山野内1-6
  • お問い合わせ/0572-67-2506(瑞浪市陶磁資料館)

荒川豊蔵資料館 (あらかわとよぞうしりょうかん)

志野・瀬戸黒で国の重要無形文化財保持者に認定された陶芸家、故・荒川豊蔵の作品やコレクションを公開し、美濃桃山陶の魅力を後世に伝えたいという思いから創設されました。また、旧荒川豊蔵邸の敷地内では、居宅や陶房、豊蔵が建立した石碑などをご覧いただけます。

  • 岐阜県可児市
  • 料金/一般210円、高校生以下無料(2019年11月25日現在の情報です)
  • 営業時間/9時30分~16時 入館は15時30分まで
  • 定休日/毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)
  • アクセス/JR中央本線『多治見駅』下車。JR太多線『可児駅』下車しタクシーで約15分、名鉄広見線『新可児駅』下車しタクシーで約15分
  • 所在地/岐阜県可児市久々利柿下入会352
  • お問い合わせ/0574-64-1461(荒川豊蔵資料館)

金神社 (こがねじんじゃ)

岐阜市にある「金(こがね)神社」は、地元の人々からは「こがねさん」と呼ばれ、古くから金運招福・商売繁盛の神社として崇敬されてきました。
歴史はかなり古く、神社縁起によれば135年にはお祀りされていたとされ、主祭神は渟熨斗姫命(ぬのしひめのみこと)という女神で、陰謀により殺害された夫の死を悼みつつ、私財を使ってこの地域の産業や農業に尽力したことから祀られたそうです。
本殿は朱塗りで、女神らしく華やかで荘厳な造りです。

JR岐阜駅から10分ほど歩くと赤い塀に囲まれた境内が見えてきます。参道入口に建つのは神社のシンボルでもある高さ8mの「こがね大鳥居」。2015年に塗り替えられたもので、金色にまばゆく輝いています。写真映えするとあって、SNSなどでも人気ですよ。

金神社の御朱印も人気が高いです。特に毎月最後の金曜日は「Premium 金 Day(プレミアム こがね デー)」。いつもは墨文字ですが、この日だけは金文字の御朱印を特別に授与しています。御朱印帳も金色で、テンションもご利益もアップしそうですね。

「Premium 金 Day」には、その日しか授与していない「こがね守」もお受けすることができます。
「こがね大鳥居」が描かれていて、デザインは2種類あります。願い札が付いていて、そこに自分で願いごとを書いて、お守りの後ろに納めて身につけることができます。

金神社の「しあわせ絵馬」は、いっぷう変わった四つ葉のクローバーの形をしています。この形には金の四つ葉がみんなの幸せを叶えてくれますように…との願いを込められているんですね。たくさんのクローバー形絵馬が奉納されている様子もとてもかわいらしいです。

  • 岐阜県岐阜市
  • 料金/参拝無料
  • 参拝時間/常時
  • 定休日/なし
  • アクセス/JR岐阜駅または名鉄岐阜駅より徒歩約15分
  • 所在地/岐阜県岐阜市金町5-3

古い町並 (ふるいまちなみ)

美しい出格子の町家が立ち並び、人力車が通りを走る上三之町界隈。高山の情緒を味わいながら工芸品を見たり、酒蔵や味噌蔵を訪ねてみたりと、散策に最適。

  • 岐阜県高山市
  • アクセス/JR高山駅より徒歩12分
  • お問い合わせ/0577-32-3333(高山市役所観光課)

日下部民藝館 (くさかべみんげいかん)

天領時代に代官所の御用商人として栄えた日下部家。当時の建物は焼失したものの、明治12年に江戸時代そのままに再建。豪壮に梁を組んだ造りが特徴で、国の重要文化財に指定。

  • 岐阜県高山市
  • 入館料/大人・高校生:500円(30名以上の団体は450円)/小・中学生:300円(30名以上の団体は250円)/幼児:無料 (※2019年7月12日現在の情報です)
  • 営業時間・休館日/3~11月⇒9:00~16:30 ※無休/ 12~2月⇒9:00~16:00 ※毎週火曜日休館/ ※12月29日~1月3日⇒9:00~15:00/ 1月4日~1月6日は臨時休館します。
  • アクセス/JR高山駅より徒歩17分
  • 所在地/岐阜県高山市大新町1-52
  • お問い合わせ/0577-32-0072

高山陣屋 (たかやまじんや)

高山城主金森氏の下屋敷のひとつとして建てられ、徳川幕府の直轄地となってからは郡代や代官がこの場所で治政を行いました。江戸時代の御門や吟味所などが当時の姿で残っています。

  • 岐阜県高山市
  • 入館料/個人料金:大人430円、高校生以下無料/ 団体料金(30人以上):大人380円 (※2019年7月12日現在の情報です)
  • 営業時間・定休日/3月~10月:午前8時45分~午後5時/ 11月~2月:午前8時45分~午後4時30分/ 8月:午前8時45分~午後6時/ 休日:12月29日・12月31日・1月1日
  • アクセス/高山駅から徒歩10分
  • 所在地/岐阜県高山市八軒町1-5
  • お問い合わせ/0577-32-0643

宮川朝市 (みやがわあさいち)

旬の野菜や果物、手作りの漬物や味噌、工芸品などのテントが並びます。美味しい食べ方など気軽にお店の人に尋ねてみてください。

  • 岐阜県高山市
  • 入場料/無料
  • 開催時間/午前7時~12時※毎日開催(冬期間12月~3月⇒午前8時~12時)
  • アクセス/JR高山駅より徒歩10分
  • 所在地/岐阜県高山市下三之町
  • お問い合わせ/080-8262-2185(飛騨高山宮川朝市協同組合)

陣屋前朝市 (じんやまえあさいち)

高山陣屋前の広場に手作りの漬物や新鮮な農作物などのお店が並びます。

  • 岐阜県高山市
  • 入場料/無料
  • 営業時間・定休日/4月~10月:午前7時から正午、11月~3月:午前8時~正午
  • アクセス/JR高山駅より徒歩10分
  • 所在地/岐阜県高山市八軒町1-5
  • お問い合わせ/0577-32-3333(高山市役所観光課)

高山祭屋台会館 (たかやままつりやたいかいかん)

高山祭で実際に曳き出される屋台を交替で常設展示。高山祭の雰囲気と飛騨の匠の技を堪能することができます。屋台の入替は3月下旬、7月下旬、11月中旬の年3回の予定。

  • 岐阜県高山市
  • 入場料/大人:900円(1,000円)、高校生:550円(600円)、小・中学生:450円(500円)/団体(20名様以上):800円(880円)、小・中学生(20名様以上):400円(450円) ※( )内の料金は10月1日以降の料金となります。
  • 開館時間/通期⇒3月~11月:9時~17時/ 冬季⇒12月、1月、2月:9時~16時30分 ※年中無休
  • アクセス/JR高山駅より徒歩約20分
  • 所在地/岐阜県高山市桜町178
  • お問い合わせ/0577-32-5100

飛騨高山まつりの森 (ひだたかやままつりのもり)

山をくり抜いて作られた地中ドームの中に、絢爛豪華な高山祭の屋台が並びます。祭り囃子に合わせて動くからくり人形の実演が見事。「世界の昆虫館、リスとうさぎと遊べる森」も人気です。

  • 岐阜県高山市
  • 入場料/【高山祭りミュージアム】個人料金:大人1,000円、小人600円/団体料金:大人900円、小人500円 【世界の昆虫館】個人料金:大人700円、小人450円/団体料金:大人600円、小人350円 【両館セット】個人料金:大人1,500円、小人900円/団体料金:大人1,300円、小人700円 (※2019年7月12日現在の情報です)
  • 営業時間/午前9時~午後5時
  • 定休日/まつりの森 ※年中無休/ 世界の昆虫館 ※11月中旬~3月中旬 休館
  • アクセス/JR高山駅よりバス15分
  • 所在地/岐阜県高山市千島町1111
  • お問い合わせ/0577-37-1000

瀬戸川と白壁土蔵

瀬戸川沿いに白壁土蔵が続き、色とりどりの鯉が泳ぐ様子は飛騨古川を象徴する光景のひとつ。四季それぞれに美しい情景を見せてくれるまちなみです。※鯉は11月下旬から4月上旬まで越冬のため、引越しをしています。

渡辺酒造店

代表銘柄「蓬莱」で知られる名門蔵。純米大吟醸や限定品、にごり酒など種類豊富なお酒の他、大吟醸のフルーティーな香りとしっとりとした生地が魅力の「禁断の大吟醸ケーキ」も人気です。

飛騨大鍾乳洞&大橋コレクション館 (ひだだいしょうにゅうどうあんどおおはしこれくしょんかん)

観光鍾乳洞としては日本一高い場所に位置し、様々な光景を楽しむことができます。神秘的で美しい世界は「恋人の聖地」に認定。

奥飛騨クマ牧場 (おくひだくまぼくじょう)

ツキノワグマなど100頭余りの熊たちを飼育。可愛らしい仕草で餌をねだる姿は猛獣だということを忘れてしまいます。

  • 岐阜県高山市
  • 入場料/大人(中学生以上):1,100円/小人(3才~1年生):600円/団体(25名様以上)1割引き (※2019年7月22日現在の情報です)
  • 営業時間/8:00~17:00 ※冬季は16:30閉園 ※年中無休
  • アクセス/JR高山駅前の高山バスセンターから濃飛バス新穂高温泉行き1時間20分、クマ牧場前下車、徒歩5分
  • 所在地/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2535番地
  • お問い合わせ/0578-89-2761

温泉寺 (おんせんじ)

薬師如来の化身といわれる白鷺が舞い降り、新しい源泉を村人に知らせたという言い伝えが残る名刹。境内からは下呂のまち並みを一望できます。

  • 岐阜県下呂市
  • 拝観料/無料
  • 拝観時間/日没まで拝観自由
  • 定休日/なし
  • アクセス/JR下呂駅より徒歩約15分
  • 所在地/岐阜県下呂市湯之島680
  • お問い合わせ/0576-25-2465

下呂温泉合掌村 (げろおんせんがっしょうむら)

白川郷などから移築した10棟の合掌家屋が佇み、村内では様々な体験ができる他、人形歌舞伎「竹原文楽」に関する資料の展示や足湯などもあります。

  • 岐阜県下呂市
  • 料金/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 営業時間/8:30~17:00
  • 定休日/年中無休
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/岐阜県下呂市森2369
  • お問い合わせ/0576-25-2239

郡上八幡城 (ぐじょうはちまんじょう)

郡上八幡の城下町を一望できる絶景の山城。現在の天守は昭和8年に再建された日本最古の木造再建城。もみじの名城としても知られ、初夏の新緑・秋の紅葉は格別の美しさを誇ります。

  • 岐阜県郡上市
  • 料金/大人(高校生以上)320円、小人(小・中学生)150円 (2019年11月13日現在の情報です)
  • 営業時間/3~5月、9~10月 9:00~17:00、6~8月 8:00~18:00、11~2月 9:00~16:30 ※季節により開館時間が異なります。 ※入城は閉館時間の15分前まで
  • 定休日/12月20日~1月10日 ※左記期間以外でも天候等の状況により、臨時休館とする場合あり
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/岐阜県郡上市八幡町柳町一の平
  • お問い合わせ/郡上八幡産業振興公社(0575-67-1819)

郡上八幡博覧館 (ぐじょうはちまんはくらんかん)

レトロな建物の中では郡上八幡の歴史や文化を分かりやすく紹介。おどり実演を毎日開催しています。

  • 岐阜県郡上市
  • 料金/大人(高校生以上)540円、小人(小・中学生)320円、小学生未満無料(2019年11月13日現在の情報です)
  • 営業時間/9:00-17:00 ※郡上おどり開催日は18:00まで開館
  • 定休日/12月24日~1月2日
  • アクセス/東海北陸自動車道:郡上八幡インターチェンジから約8分、岐阜バス高速八幡線:城下町プラザ下車 徒歩約3分、長良川鉄道:郡上八幡駅下車徒歩約25分またはまめバスで約20分
  • 所在地/岐阜県郡上市八幡町殿町
  • お問い合わせ/0575-67-0002(郡上八幡観光協会)

さんぷる工房 本館 (さんぷるこうぼう ほんかん)

全国の食品サンプルの大半はここ郡上八幡から。その本場で食品サンプル作りを体験してみませんか。販売コーナーにはお土産にしたい商品が並びます。

  • 岐阜県郡上市
  • 料金/ 無料(サンプル体験は有料) (2019年11月13日現在の情報です)
  • 営業時間/平日AM9:30~PM5:00、土日祝日
  • 定休日/無休(年末年始休業あり)
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/岐阜県郡上市八幡町橋本町
  • お問い合わせ/0575-67-1870((有)さんぷる工房)

大滝鍾乳洞 (おおたきしょうにゅうどう)

総延長が約2kmと、東海地方でも最大級の石灰洞窟。公開されている約700mの通路では、色も形も異なる様々な鍾乳石が見られます。

  • 岐阜県郡上市
  • 料金/大人1,000円、中人800円、小人500円 (2019年11月13日現在の情報です)
  • 営業時間/8:30~17:00
  • 定休日/年末年始、1月2月の平日
  • アクセス/長良川鉄道郡上八幡駅から車で約15分、郡上八幡ICから約15分
  • 所在地/岐阜県郡上市八幡町安久田
  • お問い合わせ/0575-67-1331(大滝鍾乳洞)

長良川うかいミュージアム (ながらがわうかいみゅーじあむ)

ジオラマや映像などで、年間を通じ鵜飼の魅力に触れられます。

  • 岐阜県岐阜市
  • 観覧料/一般:大人(15歳以上(中学生を除く))500円、小人(4歳以上15歳未満)250円、乳幼児(4歳未満)無料 / 団体(20名以上):大人400円、小人200円(2019年9月6日現在の情報です)
  • 開館時間/10月16日~4月30日9:00~17:00(入館締切16:30)、5月1日~10月15日9:00~19:00(入館締切18:30)
  • 休館日/10月16日~4月30日毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)、12月29日~1月3日(年末年始)、5月1日~10月15日休館日なし(一部指定日除く)
  • アクセス/JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から、岐阜バスN系統路線もしくは市内ループ線「鵜飼屋」下車(所要時間15分)。バス停「鵜飼屋」より徒歩約6分
  • 所在地/岐阜県岐阜市長良51番地2
  • お問い合わせ/058-210-1555

岐阜大仏 正法寺 (ぎふだいぶつしょうぼうじ)

大銀杏を直柱にした高さ13.7mの大仏は、乾漆仏としては日本最大。38年を費し、天保3(1832)年に完成しました。

  • 岐阜県岐阜市
  • 拝観料/大人200円、小人100円、団体割引(30名以上)大人150円、小人50円(2019年9月6日現在の情報です)
  • 開館時間/9:00〜17:00
  • 休館日/無休
  • アクセス/JR岐阜駅(11・12・13番乗り場)または名鉄岐阜駅(4番乗り場)からN系統(長良橋方面)及び市内ループ左回りバス乗車。「岐阜公園・歴史博物館前」下車 徒歩約3分
  • 所在地/岐阜県岐阜市大仏町8
  • お問い合わせ/058-264-2760

岐阜城 (ぎふじょう)

信長が安土へ拠点を移すまでの10年間ここを本拠とし、天下統一を推し進めました。GWや夏休み期間中はパノラマ夜景も開催しています。

  • 岐阜県岐阜市
  • 入場料/(岐阜城資料館と共通)個人:大人(16歳以上)200円、小人(4歳以上16歳未満)100円、団体(30人以上):大人160円、小人80円(2019年9月6日現在の情報です)
  • 開館時間/3月16日~5月11日:午前9時30分~午後5時30分、5月12日~10月16日:午前8時30分~午後5時30分、10月17日~3月15日:午前9時30分~午後4時30分※元旦のみ午前6時30分~午後4時30分
  • 定休日/年中無休
  • アクセス/JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バス「N80」高富行きなど長良橋方面行きまたは「市内ループ線左回り」で15分。「岐阜公園・歴史博物館前」バス停下車、徒歩約3分の岐阜公園内から金華山ロープウェー4分、金華山ロープウェー山頂駅から徒歩約8分。
  • 所在地/岐阜県岐阜市金華山天守閣18
  • お問い合わせ/058-263-4853

黄金の織田信長公像 (おうごんのおだのぶながこうぞう)

岐阜市制120周年を記念してJR岐阜駅前に建てられた金箔3層張りの信長像。その姿は、新しいもの好きの信長を象徴しています。

  • 岐阜県岐阜市
  • 料金/無料
  • 観覧時間/常時
  • アクセス/JR岐阜駅北口から徒歩すぐ
  • 所在地/JR岐阜駅前
  • お問い合わせ/058-214-4684(岐阜市駅周辺事業推進課)

岐阜市歴史博物館 (ぎふしれきしはくぶつかん)

岐阜城のある金華山麓の岐阜公園内にある博物館。岐阜市の歴史と文化を紹介しています。
なお、2019年9月24日(火)から2021年にかけ、当館の運営は下記のとおりとなります。
①2019年9月24日(火)~2019年12月16日(月)全館休館
②2019年12月17日(火)以降 1階展示室にて特別展や企画展を開催し、優れた美術品や文化財を紹介します。※2階展示室は2020年1月10日(金)まで休室
《参考》2020年1月11日(土)から2021年1月11日(月・祝)まで、2階展示室は「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」となります。大河ドラマ館については、大河ドラマ「麒麟がくる」岐阜実行委員会へお問い合わせください。

  • 岐阜県岐阜市
  • 観覧料/高校生以上310(250)円、小・中学生150(90)円※()は20名以上の団体料金(2019年10月1日現在の情報です)
  • 開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日/毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、国民の祝日の翌日及び年末年始。その他展示替に伴い臨時休館することがあります。※ただし、2019年9月24日(火)~2019年12月16日(月)は全館休館、大河ドラマ館開設期間中は年中無休となります(展示替による休室日あり)
  • アクセス/JR岐阜駅・名鉄岐阜駅のどちらからも、岐阜バスの長良方面行きに乗車、「岐阜公園歴史博物館前」下車。(駅前バス停から約15分)
  • 所在地/岐阜県岐阜市大宮町2丁目18-1(岐阜公園内)
  • お問い合わせ/058-265-0010

岐阜公園 (ぎふこうえん)

現在の岐阜公園はかつての信長公居館跡です。巨大な岩盤を背景にした庭園も見つかっています。岐阜城へはここからロープウェーに乗って金華山頂へ。

  • 岐阜県岐阜市
  • 入園料/無料
  • 開園時間/常時入場自由
  • 休園日/無休
  • アクセス/JR岐阜駅(11・12・13番乗り場)または名鉄岐阜駅(4番乗り場)からN系統(長良橋方面)及び市内ループ左回りバス乗車。「岐阜公園・歴史博物館前」下車 徒歩約3分
  • 所在地/岐阜県岐阜市大宮町
  • お問い合わせ/058-264-4865(岐阜公園総合案内所 3月~11月は9:00~18:00。12月~2月は9:00~17:00)

関ケ原古戦場 (せきがはらこせんじょう)

東軍・西軍の武将陣地跡や合戦地跡が点在。歴史民俗資料館では、武具や屛風画などが見学できます。

  • 岐阜県不破郡関ヶ原町
  • 料金/無料
  • 営業時間/常時
  • アクセス/JR関ケ原駅から徒歩約20分
  • 所在地/岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原894-29
  • お問い合わせ/0584-43-2665(関ヶ原町歴史民俗資料館)

土岐プレミアム・アウトレット (ときぷれみあむあうとれっと)

米国コロラドの美しい街並みをイメージした施設。約180ものショップでお買い物がおトクに楽しめます。

  • 岐阜県土岐市
  • 料金/入場無料
  • 営業時間/10:00~20:00
  • 休業日/年1回(2月第3木曜日)※年末年始、その他季節によって変動あり。
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2
  • お問い合わせ/0572-53-3160

杉原千畝記念館

第二次大戦中に約6000人もの難民の命を救った日本のシンドラー・杉原千畝の遺徳を偲ぶ記念館。「命のビザ」のレプリカが展示されています。

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ (せかいたんすいぎょえんすいぞくかんあくあととぎふ)

世界最大級の淡水魚水族館。生き物のガイドやふれあい体験の他、アシカのショーなどが充実。アマゾンの巨大魚ピラルクーは必見です。

  • 岐阜県各務原市
  • 入館料/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 開館時間/平日:9:30~17:00(最終入館は16:00)、土日祝日:9:30~18:00(最終入館は17:00)
  • 休館日/年中無休※臨時休館の場合あり、河川環境楽園が休みの場合、水族館も休館。
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/岐阜県各務原市川島笠田町1453
  • お問い合わせ/0586-89-8200

美濃和紙の里会館 (みのわしのさとかいかん)

美濃和紙の歴史や製造工程などの展示のほか、徳川家康が関ヶ原の合戦で使ったと言われる美濃紙で作られた采配(レプリカ)などを展示。本格的な紙すき体験も好評です。

  • 岐阜県美濃市
  • 入館料/個人:大人500円、小・中学生250円、団体(20名以上):大人450円、小・中学生200円【3館セット券】(美濃和紙あかりアート館、旧今井家住宅・美濃史料館、美濃和紙の里会館)大人(高校生以上)800円、紙すき体験料:一回500円(2020年2月19日現在の情報です)
  • 開館時間/AM9:00~PM5:00 ※入館は、閉館時間の30分前までです。
  • 休館日/火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)。祝日の翌日
  • アクセス/東海北陸自動車道「美濃インター」から国道156号及び県道81号経由で約12Km
  • 所在地/岐阜県美濃市蕨生1851番地3
  • お問い合わせ/0575-34-8111

ストーンミュージアム博石館 (すとーんみゅーじあむはくせきかん)

世界各地の貴重な鉱物や石を展示。実物の10分の1の大きさのピラミッド地下は巨大迷路です。

  • 岐阜県中津川市
  • 料金/大人中学生以上800円(2020年4月より1000円に改定)、小人小学生500円、幼児無料
  • 営業時間/博石館:9時~17時(入館は16時30分まで)※冬期は営業時間の変更あり、宝石探し体験ストーンパーク:9時30分~16時30分(受付終了時間が早まる場合ああり)
  • 定休日/12/29~1/1
  • アクセス/バスの場合 JR恵那駅から東鉄バス蛭川・和田線「博石館前」下車 約25分、車の場合 中央自動車道 恵那IC下車約15分
  • 所在地/岐阜県中津川市蛭川5263-7
  • お問い合わせ/0573-45-2110(ストーンミュージアム博石館)

クアリゾート湯舟沢

中津川温泉の和風リゾートホテルに隣接のクアハウス。温泉やスパ、プールでたっぷり遊べます。

岩村城下町 (いわむらじょうかまち)

本丸などの石垣を残す岩村城の城下町で、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。数多くの旧跡も残り風情たっぷり。

  • 岐阜県恵那市岩村町
  • 料金/常時(2020年1月7日現在の情報です)
  • 営業時間/常時
  • 定休日/常時
  • アクセス/電車:明知鉄道岩村駅から徒歩、車:中央自動車道恵那IC下車約20分
  • 所在地/岐阜県恵那市岩村町
  • お問い合わせ/0573-43-3231(岩村町観光協会)

自然

青だるライトアップ (あおだるらいとあっぷ)

福地山奥の福地壁に染み出た水が凍ってできる青い氷の柱・青だるを再現。厳しい冬が創り出す芸術作品です。

  • 岐阜県高山市
  • 期間/12月下旬~3月下旬
  • 場所/福地温泉「福地温泉」バス停付近
  • お問い合わせ/0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)

平湯大滝 (ひらゆおおたき)

四季折々の情景が美しい、「日本の滝百選」にも選定されている名瀑。厳冬の訪れと共に結氷した冬の滝は特に幻想的な光景です。

  • 岐阜県高山市
  • 所在地/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
  • お問い合わせ/0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)

金山巨石群(岩屋岩蔭遺跡) (かなやまきょせきぐん(いわやいわかげいせき))

巨石が立ち並ぶ神秘的なパワースポット。差し込む太陽の光によって春分・秋分・夏至・冬至などを読みとることができます。

  • 岐阜県下呂市
  • アクセス/飛騨金山駅よりタクシーで約27分
  • 所在地/岐阜県下呂市金山町岩瀬高平
  • お問い合わせ/080-3637-2201(金山町観光協会)

小坂の滝めぐり (おさかのたきめぐり)

日本一滝の多い町・下呂市小坂町には落差5m以上の滝が216もあります。「小坂の滝めぐり」のツアーでは気軽に楽しめるものから本格的なコースまで、数多くのツアーをご用意。

  • 岐阜県下呂市
  • 料金/コース・参加人数により変動。※要問い合わせ。※ツアー代金とは別に環境維持協力金300円をお願いします。
  • 営業時間/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 定休日/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • アクセス/JR高山線飛騨小坂駅からタクシー約15分
  • 所在地/岐阜県下呂市小坂町
  • お問い合わせ/0576-62-2215(NPO法人 飛騨小坂200滝)

グルメ

フルージック

温泉熱を利用した温室で栽培されているトロピカルフルーツの中でも、ドラゴンフルーツは色も形も豊富。食べ比べて好みの味を見つけてみてください。※ドラゴンフルーツの食べ比べシーズンは7月頃から11月頃まで。

  • 岐阜県高山市
  • 入場料/昼間:200円/夜間(6月から10月までの開花シーズン):400円 (※2019年7月22日現在の情報です)
  • 営業時間/9:00~16:00/夜の花見見学(要予約):20:00~22:00 ※木曜定休(臨時休業あり)
  • アクセス/JR高山駅から濃飛バス76分
  • 所在地/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾952
  • お問い合わせ/0574-25-7183(フルージック美濃加茂営業所)

下呂温泉 素肌美人スイーツ (げろおんせんすはだびじんすいーつ)

地元シェフやパティシエが作り上げたフォトジェニックなスイーツの数々。地元産甘酒や温泉たまご、味噌などを使った「新感覚スイーツ」をお試しください!(画像はスイーツの一例です。)

その他

新穂高ロープウェイ (しんほたかろーぷうぇい)

奥飛騨温泉郷新穂高温泉に位置しており、山麓標高1117mの新穂高温泉駅から標高2156mの終点西穂高口駅までを第1・第2と2つのロープウェイで結ぶ日本有数の山岳ロープウェイ。第2ロープウェイのゴンドラは日本唯一の2階建てゴンドラとなっている。西穂高口駅屋上展望台からは四季折々に雄大な北アルプスの景観を楽しむことが出来る。

  • 岐阜県高山市
  • 料金/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 営業時間/詳しくは公式サイトをご確認ください。 ※混雑時には臨時便があります。
  • 定休日/無休 ※天候不良・定期点検の場合、運休することがあります。
  • アクセス/詳しくは公式サイトをご確認ください。
  • 所在地/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂710-79
  • お問い合わせ/0578-89-2252

恵那峡遊覧船

恵那峡をとりまく奇岩群は、自然が創り出した造形美。高速ジェット船で楽しめます。

高山祭 (たかやままつり)

動く陽明門と呼ばれる豪華絢爛な屋台(山車)が特徴。獅子舞、闘鶏楽、精巧に動くからくり人形など見どころもいっぱい。この高山祭は春の山王祭、秋の八幡祭の年2回開催されます。

  • 岐阜県高山市
  • 料金/無料
  • 開催期間/春の高山祭:毎年4月14日・15日/ 秋の高山祭:毎年10月9日・10日
  • 開催場所/春の高山祭:日枝神社周辺 / 秋の高山祭:櫻山八幡宮周辺
  • お問い合わせ/0577-32-3333(高山市役所観光課)

古川祭

さらし姿の男たちが太鼓を打ち鳴らしながら進む『起し太鼓』と、絢爛豪華な屋台が巡行する『屋台曳行』が繰り広げられる伝統的神事。開催日:4月19・20日

三寺まいり

高さ2mを超す雪像大ろうそくが目抜き通りに並び、瀬戸川沿いには多くのろうそくが灯されます。開催日:1月15日

平湯大滝 結氷まつり (ひらゆおおたきけっぴょうまつり)

巨大な氷柱となった滝をライトアップ。厳しい寒さが作りだす自然の造形に魅了されます。まつりの期間中は温かい飲み物のふるまいも。※イベントの内容は変更になる場合がございます。

  • 岐阜県高山市
  • 入場料/無料
  • 開催期間/2月15日~2月25日 18:00~21:00
  • アクセス/JR高山駅から濃飛バス新穂高行き「大滝口・キャンプ場前」下車、徒歩25分
  • 開催場所/平湯温泉 平湯大滝及び平湯温泉地内
  • お問い合わせ/0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)

タルマかねこおり ライトアップ

氷結した滝や氷のオブジェを幻想的な明かりで照らし出します。奥飛騨温泉郷のライトアップの中でも特に美しいと評判です。

  • 岐阜県高山市
  • 入場料/無料
  • 開催期間/12月下旬~2月末日(※開催期間は天候等で前後する場合があります) 17:00~21:30
  • アクセス/JR高山駅から濃飛バス新穂高行き「新平湯温泉」下車、徒歩7分
  • 開催場所/新平湯温泉 タルマの滝・親水公園一帯
  • お問い合わせ/0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)

下呂温泉まつり (げろおんせんまつり)

5頭の龍と椀みこしが街を練り歩く「龍神火まつり」、飛び入り参加OKの「下呂おどり」、花火と音楽の大競演「下呂温泉花火ミュージカル夏公演」など、多彩な催しで盛り上がります。

  • 岐阜県下呂市
  • 料金/観覧無料
  • 開催日/8月1日〜4日
  • アクセス/JR高山本線下呂駅下車徒歩約5分
  • 会場/下呂温泉街 白鷺橋を中心に
  • お問い合わせ/0576-25-4711(下呂市総合観光案内所)

下呂温泉花火ミュージカル 夏公演/冬公演 (げろおんせんはなびみゅーじかる なつこうえん/ふゆこうえん)

様々な音楽に合わせて特殊花火が打ち上げられる、見応えたっぷりの花火大会。8月の「下呂温泉まつり」に夏公演が、12月に冬公演が開催されます。

  • 岐阜県下呂市
  • 料金/無料
  • 開催日/夏公演:8月3日 / 冬公演:12月の土曜日複数回
  • アクセス/JR下呂駅から徒歩約3分
  • 場所/下呂大橋上流飛騨川河畔
  • お問い合わせ/0576-25-4711(下呂市総合観光案内所)

下呂温泉 足湯めぐり (げろおんせんあしゆめぐり)

温泉街には足湯が9ヶ所あり、散策の途中で足を休ませることができます。24時間利用可能の足湯も4ヶ所あり、時間を気にせず利用できるのが魅力です。

  • 岐阜県下呂市
  • 料金/無料 ※但し、施設内にある場合は別途入場料要
  • 営業時間/詳しくは下記サイトをご確認ください。
  • 定休日/詳しくは下記サイトをご確認ください。
  • アクセス/詳しくは下記サイトをご確認ください。
  • 所在地/下呂温泉周辺
  • お問い合わせ/0576-25-4711(下呂市総合観光案内所)

郡上おどり (ぐじょうおどり)

お囃子と下駄の音が響く夏の風物詩。お囃子の屋形を中心に、地元の人も観光客もひとつの輪になって踊ります。7月中旬〜9月上旬の間で30数夜に渡り開催され、お盆の8月13日~16日の4日間には、翌朝まで夜を徹しておどり明かす、徹夜おどりが行われます。

  • 岐阜県郡上市
  • 料金/無料 (2019年11月13日現在の情報です)
  • 時間/平日、日曜 午後8時〜午後10時30分、土曜 午後8時〜午後11時
  • アクセス/車:東海北陸自動車道郡上八幡ICより約5分、鉄道:長良川鉄道郡上八幡駅より「まめバス」で約10分ほど(徒歩約20分)
  • 所在地/岐阜県郡上市八幡町 ※日ごとに会場が異なります
  • お問い合わせ/0575-67-0002(郡上八幡観光協会)

ひだ荘川温泉 桜香の湯 (ひだしょうかわおんせん おうかのゆ)

ドライブ途中の休憩にも便利な道の駅「桜の郷荘川」に隣接。新たに高濃度炭酸泉を導入。湯量豊富な高温・自噴の天然温泉で、疲れた身体を癒しませんか。

  • 岐阜県高山市
  • 料金/大人730円、子供310円(4才~小学生)、幼児無料(2019年11月13日現在の情報です)
  • 営業時間/午前10時から午後8時30分(受付は午後8時まで)※季節により変更あり
  • 定休日/毎週木曜日(祝日の場合、要確認)、※臨時休館あり
  • アクセス/名古屋より:バス(高速バス)~道の駅桜の郷荘川バス停。JR名古屋駅~新岐阜駅~岐阜バス(路線バス)~郡上八幡~荘川 約3時間、美濃白川より:岐阜バス(桜の郷荘川行)~道の駅桜の郷荘川バス停約50分、高山より:濃飛バス~牧戸バス停約1時間
  • 所在地/岐阜県高山市荘川町猿丸
  • お問い合わせ/05769-2-2044(一般社団法人 荘川観光振興公社)

ぎふ長良川の鵜飼 (ぎふながらがわのうかい)

1300年以上の歴史を持つ岐阜名物。2015年には国の重要無形民俗文化財に指定されました。かがり火の下で、鵜匠と鵜が一体となり鮎を捕らえる様子はまさに息を呑む光景です。

  • 岐阜県岐阜市
  • 開催期間/5月11日~10月15日※鵜飼休み及び増水等で鵜飼ができない日は中止。
  • 鵜飼時間/19:45頃(時季やイベントにより変動があります)
  • 出船時間・料金/【18:15】大人3,400円、小人1,700円【18:45、19:15】平日:大人3,100円、小人1,700円、土日祝日:大人3,400円、小人1,700円【貸切船】17:30から19:15までのご希望の時間に出船いたします。50人乗り136,000円、40人乗り108,800円、30人乗り81,600円、20人乗り54,400円、15人乗り40,800円(2019年9月6日現在の情報です)
  • アクセス/JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バス「高富行き」「市内ループ線左回り」など長良橋経由路線で20分。バス停「長良橋」下車、徒歩約1分。
  • 開催場所/長良川
  • お問い合わせ/058-262-0104(岐阜市鵜飼観覧船事務所)